ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

タク、風邪をひく

6
数日前から喉が痛いと言っていたタク。彼は私と同じで喉から風邪をひくタイプなので、喉の痛い時点で手を打てばなんとかなるのよね。だからこの季節、この アズレン配合の喉スプレー を愛用。私も毎年お世話になってるスプレーなんだけど、今年はなぜか、朝起きて喉の痛みを感じて「これはヤバいかも」と思っても、そのまま痛みは引いてしまうという。これはきっと、 例のアレ のおかげだと信じてますが・・・どうなのかね?タ...

数学検定 3級の過去問題集を買ってみた

10
タクの中学校は、漢字検定と英語検定は学校で受けさせられる。これはダラ息子を持つ母としては非常にありがたいこと。もし学校で受けさせてくれなかったら個人で受けることになるし、「受けろ」といえば、「受けない」という。こだまでしょうか?そして、そうなると親が無理矢理申し込みをして、会場まで連れて行って・・・となるわけだけど、それを面倒くさがる母。まんまと受験しないで済む状況になるわけだ。だからうちみたいな...

今回の定期テストのおしおき

6
さて、定期テストが迫ってきています。毎日頑張って 玄関勉強をしたり、夜遅くまで、家族が寝静まった時間にこたつで勉強するという日々。・・・というと、あれ?私、出来る子の親?と勘違いしちゃいそうですが。いつも言ってるけれど、勉強しているのは認めるけど、毎回結果が出ないので なかなか誉められないという。今回こそは そろそろ誉めさせてくれ。がしかし、そううまくいかないのがタク。玄関の寒い場所で長時間過ごし...

トキメキ祭り、開催中

0
「片づけのカリスマ」って、その時代その時代に出てくるなぁと感心する。一昔前なら近藤典子さんだっただろうに。(それも古過ぎ?)そして今なら多分、人生がときめく片づけの魔法「コンマリ」こと 近藤麻理恵さんだろうと思われ。私くらいの年齢的な事もあって、彼女の事は もにょることがたくさんあるんだけど、こと洋服だけに関しての線引きだけはいいなと思う。洋服を処分する線引き、それは「その服を見て ときめくか、と...

冷えとり健康法で靴下に穴が開いた!

6
ここ一ヶ月、「冷えとり健康法」 というのを実践中。冷えとり健康法とは、体の冷えをとることによって、体調を整えるというもの。具体的には、・靴下の重ね履きをする・半身浴をする・体を温める食べ物をとるなどなど。これが私には合っていたようで、毎日飽きることなく半身浴をし、せっせと靴下を重ね履きしています。この冷えとり健康法の中で特殊と思われるのが、靴下を重ね履きするということ。しかも、絹の五本指靴下の上に...

心を正す

2
タクの机の上(カオス)に、見慣れないものが。それは「スノードーム」と呼ばれる置物。逆さまにして元に戻すと、ハラハラと雪が舞っているような幻想的な雰囲気になる、アレ。すっごく可愛いけれど、はて、なぜにタクがこれを?「塾でもらった」。聞けば、英語塾で一緒の女の子数人で、誕生日プレゼントとしてもらったのだとか。確かに。誕生日だったもんね。それを聞いて、胸がキューッとなる。なぜなら、タクはいろいろなものを...

とんだ勘違いをされたもの

6
この間、思わず吹き出してしまったこと。え~と、どこから話せばいいものか。とりあえず、Aさんという人がいます。このブログ、よく「Aさん」が出てきますが、便宜的に「A」としてるだけで、毎回人物は違います。このAさんちに兄弟とうちの兄弟は年齢が同じ。上の子から4年あいて産まれた下の子。だいたい兄弟の年齢の開き具合って、1年とか2年、それか3年開いているという人が周りには多くて、うちみたいに4年開いている...

くらもちふさこ三昧

8
最近オットと共によくブックオフに行っている。目的は、ゴルゴ13と恐怖新聞を探すため。最近はここにも加わってしまい大変。私はゴルゴ13にはこれっぽっちも興味がないし(絵がもうダメ)、恐怖新聞もうしろの百太郎も昔読んだ事があるから興味ないし。オットが探している間、私は何をしているかといえば、本棚をツラツラと見て気になったものを手にとってパラパラ読んだり。それか最近映画化・ドラマ化されたものの原作漫画を...

玄関勉強

4
「玄関勉強」の季節がやってきた。ところで「玄関勉強法」とはなんぞや。以前にも少し書いたかもしれないけれど、文字通り、「玄関で勉強する」という、タクがあみだした勉強法の事。タクは小学生の頃からずっと、陰山英男先生が推奨する「リビング勉強」というのをしてきた。リビングで宿題をすれば、子供はわからない問題をすぐに親に聞くことができるし、子供も一人きりではないという安心感から集中できるのだという。ただ、う...

コイバナ

4
先日、タクの暗黒を掃除していた時のこと。あ、暗黒とは「散らかった机」のことです。とにかく、机の上はぐちゃぐちゃなのはもはや当たり前、それプラス、床に物を直置きするから、まずそれをどかさないことには掃除機もかけられない。私の機嫌が悪い時なら それらを一切がっさいゴミ袋に入れてやるとこだけど、幸いその時は割と気分がいい時だったから、文句をいいつつも床に置いてあるものを高い場所に移動させていた。いつもの...

真実の鏡

6
最近、れんげ化粧水というのを使いだしたと書いた。ちょっと特殊(?)な化粧水だけに、賛否両論はあるようだけど、幸い私の「いろんな意味での鉄面皮」には合っていたようで、日に日に変わっていく肌を楽しんでおります。普段、毎日のスキンケアを洗面所の鏡でやってるのだけど、北側で薄暗く、今の季節は電気をつけなければ化粧もできない。誰に見せる必要もないメイクした顔、ここ数年は、「世の中の皆様に迷惑をかけない」ため...

どこに着地したいんだ?

2
小学校のちょっとしたイベントで、「ひまわりをバイオリンで弾いてくれないかな」と頼まれたゲン。ひまわりとは、NHK朝の連続ドラマ「てっぱん」のオープニング曲。葉加瀬太郎さんのバイオリンで有名ですね。この動画は違うけど、一応参考までにw朝のドラマ程度の長さでということなので、さほど難しくはないと思われる。それにこのドラマがオンエアされていた時、楽譜もなしに真似して弾いてたしね。ただ問題は、何に対しても...

短期留学⑬ ホストファミリー

2
前回、ホストファミリー夫婦の温度差 にちょっと触れたけど、そのお話。タクはいつも書いているとおり、「他人を気にする」ということがまずない。シャツから下着がぺロッと出ていようと気にしないし、それを他人にどう見られるかなんて 全く気にしない。どう思われようとお好きにどうぞ、で、思うままに生きている。この辺りはうらやましいとすら感じるほど。いつも他人の目を気にしてびくびくしながら暮らしているような私には...

タク流、「女性の転がし方」

4
よそのお子さんを見ていると、「この子、顔が好みだわぁ」と思うことがよくある。特に中学も3年になると、もう立派な「男」として見られる子なんかもいて、学校の行事があると それをニヤニヤ眺めるのはとても楽しい。...

謝らない人

6
世の中には、結構「謝らない人」というのがいると知ったのは子供をもってしばらくたってからのこと。当時、タクのことで何か言われたらどうしようと、強迫観念に似た思いを抱えて暮らしていたので、何かあったら謝ろうというスタンスはできていた。私がタクを心配するほどの「謝らなければならない出来事」というのはそうそうあるわけじゃぁなかったけれど、タクの突飛な行動にはいつもヒヤヒヤさせられていた。ある時、幼稚園でタ...
該当の記事は見つかりませんでした。