ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ベートーベン バイオリンソナタ 春

2



「膨らまないスポンジ」
と表現された演奏をするタク。


あいかわらず膨らまないままです(悲



いつになったら膨らむのか、それともこのまま膨らまないで終わるのか。
楽しみです。
真美子の言動が。


そんなスポンジをよそに、着々と上達していくゲン。
アッコーライのヴァイオリン協奏曲を終了し、
ベートーベン バイオリンソナタ「春」に入りました。




有名な曲なので、クラッシックファンならずとも 耳なじみのある曲だと思います。
のだめカンタービレで、峰が弾いていた曲でもありますね。


動画を聞いてもお分かりの通り、ヴァイオリンとピアノが見事に絡み合う曲。
ピアノだけでも成り立たないし、ヴァイオリンだけでも成り立ちません。

家に曲の音源はありますが、カラオケはないので(もちろん私がピアノも弾けないので)、
私の口伴奏で練習させています。


こういう時、ピアノが弾ける人が本当にうらやましい・・・


まだ曲に入ったばかりで譜読み段階ですが、
レッスンが始まったら、真美子のピアノ伴奏で弾けるわけで。


これ・・・すごいことだと思うのですよ。


なかなか伴奏相手って見つからないと思うのだけど・・・どうなんだろ?
真美子はヴァイオリンのプロだし、ピアノも大層うまく、思わず聞き入っちゃうほど。

しかもヴァイオリン奏者の気持ちは十分わかっていながら伴奏をするわけだから、
そりゃもうスンバらしい演奏になるわけです。


タクやゲンの演奏がどんなにひどかろうと、真美子の伴奏があるだけで100%になってしまうという・・・
まさに真美子マジック。


発表会は真美子の伴奏に助けられてます。
膨らまないスポンジだって、無理矢理膨らませてもらえます(笑




ちなみに・・・

ゲンが練習するバイオリンソナタをそばで聞いていたタク、
バイオリン心を刺激されたのか、耳コピで弾きはじめましたが・・・



悲しいかな、峰が弾くそれとソックリ(泣



「春」じゃなくて、「光る青春の喜びと稲妻妻」・・・?



聞いていて疲れるバイオリンソナタです^^;



スポンサーリンク

2 Comments

silver says...""
良いですねぇ、春♪
ウチはまだやったことないですけど、万一やることになったら先生に言われることが目に浮かぶ・・・「春じゃなくて、嵐ね」 とても怖くて、やりたいとはいえません^^;
2012.05.06 09:46 | URL | #6WGsYMSc [edit]
★silver様 says...""
「春じゃなく、嵐ね」、
それ、まさにタクの演奏~!(苦笑
ぶつけて弾くから、聞いていて心休まらないのよ・・・

タクみたいな子がこういう曲を表現できるようになるのは、
きっとまだまだ先なんだろうなぁ。
2012.05.07 08:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。