ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

早くも決まりそうな年末発表会の曲

6


ぷりちぃな真美子率いるヴァイオリンチーム(大袈裟)。
毎年恒例・年末発表会の日にちが決定したのだそうで。


いやはや、またしてもあの辛い日々が始まるわけで^^;
実際に発表会に向けてのレッスンが始まるのは夏休み前後になりそうですが。



やる気(やらせる気)満々の母、やる気のない息子たち、
二つは毎年空回りのまま・・・


でも、あの感動を味わいたいから、どんなに大変でも泣きたくなっても(実際泣くし)悔しくてバイオリンを叩き割ってやりたくなっても!!
奥歯をぐっと噛んでこらえるのですよ・・・(T^T)



さて、きになる演奏曲ですが・・・


先日から始めたバイオリンソナタ が仕上がってきたところで、
真美子から
「この曲が仕上がったら次は教本に戻ってヘンデルのソナタをやったら、いよいよ発表会の練習にはいりましょう~」
とのお言葉。



ヘンデルのソナタ。
好きじゃない曲だなぁ^^;

それとも、以前タクが弾いていたのを聞いてたから好きじゃないだけか?(ひどい)


とっとと終わらせて、発表会の練習したいな。
で、で、どんな曲を考えてくれちゃってるの? 真美子、ねぇ真美子~!


「次の曲はね、どっちにしようか迷ってるのよゲンくぅ~ん・・・
ローデのコンチェルト か、 べリオのコンチェルト なんだけど・・・」



えぇぇぇっ!?





・・・って、全然知らない「えぇぇっ」 ですが。
本当に・・・何年経っても素人のままの母です。



ローデはたぶんこれ。



こっ・・・腰が引けますな^^;
こんな表現がゲンにできるのか・・・?


もう一つのべリオは、有名どころとしては9番みたいだけど、
真美子は2番って言ってたような気がするんだけど・・・う~む。


真美子曰く、
「せっかくいいバイオリンになったのだから、それに合わせた曲を弾きましょう」
とのこと。


ありがたや、ありがたや。



そしてタク。
未だにモーツァルトを行ったり来たり、いやイメージとしては、戻って戻ってっていう感じだけど、
真美子的には
「モーツァルトをやって、その次にバッハをやって(確かバッハだったかと)、
それが終わったら発表会には メンデルスゾーンをと思ってるのよ~」




メンデルスゾーン バイオリン協奏曲




ぐはっ(吐血)!!

いやいやいや、吐血までいかなくても、鼻血は出そうです・・・
そう、あの有名な曲です・・・




ありがたいというか・・・
ありがたいというか・・・




荷が重いというか!?





というか、今の心配としては、
今現在練習中のモーツァルトが弾き終わるのか!?  



そこかっ。



スポンサーリンク

6 Comments

かっちゅー says...""
すごいすごーい!!
今年も見に行きたいです!

自分でメンコン弾けたら
死んでもいいです。。。

2012.06.08 12:55 | URL | #- [edit]
★かっちゅー様 says...""
来て来て~♪
そしてまた、笑いをかみ殺して 共に肩を震わせましょう!

メンコン、まだどうなるかわかりませんが・・・
楽器の力に期待します~w
2012.06.08 17:18 | URL | #- [edit]
かっちゅー says...""
いやいやいや!!
それはダメっす!
そう考えたら行くのが怖くなるではないですか!
ほんとに爆死しそうだったんですから。。。
耐えるために毛穴から何か出そうだっだし・・・
2012.06.08 19:58 | URL | #- [edit]
★かっちゅー様 says...""
むしろ私は、毛穴から何か出すかっちゅーさんを見てみたいですw
爆死するかもw
2012.06.12 09:55 | URL | #- [edit]
says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2012.06.24 14:07 | | # [edit]
★メアリー様 says...""
メアリーさん、コメントをありがとうございます。


メアリーさんを誤解させるようなやりとりをして申し訳ありません。
たいしたアクセスもないブログですので、内輪で盛り上がってしまったのですが、不愉快な思いをさせてしまったようですね。

ただ、誤解だけは解かせて欲しいと思います。


私はろくでもない人間だし、それは自分がよくわかっていますが、
人の演奏を笑うなんて、そんなことありえないです。

だって、うちはあの程度の演奏ですよ?


夏休みから半年間、必死に発表会に向けて練習してきたのはみな同じです。
お稽古に付き合ってきた親の気持ちだって痛いほどわかります。
それをどうして笑えるのでしょう?



私は自分の子供たちを演奏を メアリーさんがおっしゃるように思ったこともありません。
「ブラボーがもらえないけど立派な演奏」
なんて・・・思うわけがありません。
今まで一度も立派な演奏だなんて思ったことないのですから。


かっちゅーさんだってそうです。
メアリーさんが想像したような楽器の売り方なんてするわけがありません。
その人がその時の技術に合い、予算にあった上での楽器を選んでくれます。

「この程度の演奏でこのバイオリンを欲しがる?」
なんて・・・逆にそんな事を思う楽器屋さんているのでしょうか・・・?
もしいたとしても、むしろ少ないと思います。
皆さんもっと楽器を心から好きで、大切にしている人ばかりです。
売れれば何でもいいと思っている楽器屋さんはごくわずかなのではないでしょうか。

あの日もわざわざ仕事を休んで来てくださり、一人一人の演奏をしっかり聞いて、感動されて帰ったほどです。
うちの演奏を聞きに来たのではなく、みんなの演奏を聞きに来たんですよ。


かっちゅーさんが笑ったというのは、演奏や個人がどうのではない、
全く別の話です。
それを全く違うように解釈されてしまい、私もショックです。


ただ、私の書き方も悪かったのでしょうから、以後誤解を受けないように細心の注意を払っていきたいと思います。


不愉快な思いをさせてしまって申し訳ありませんでした。
ただ、メアリーさんが思ってらっしゃることは 全くもって誤解だということを
わかっていただきたいです。


今回の件を受け、これ以上不愉快な思いをさせてしまっては申し訳ありませんので、
以後バイオリンの話はしないことにしますね。


でもコメントをいただけてよかったです。
誤解が解けたかどうかはわかりませんが、少なくとも「そういう思いをなさった方がいる」というのがわかっただけでもありがたいです。
メアリーさんもおっしゃりづらかったでしょうに、勇気をもって声を上げてくださってありがとうございます。

これからもお互いにお稽古に精を出し、発表会に向けて頑張って練習して行きましょう。
2012.06.24 18:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。