ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

プライドが邪魔をする

10



昨日いただいたコメントに、ピンとくることがあったので今日はその話題。


反応したのはこの一節。

私の反省点は、友達や先生に教えて貰うには無駄にプライドがあった事でしょうか。



ちえさん、ありがとうございますw
タクが数学が苦手だという件に関して、自身の経験談も含めてコメントをしていただいたのですが、
その中のこの言葉に 思わず膝を打ちました(イメージですが)。


これまでタクと話している時に、
「○○君はどうなの?」
「○○君はなんて言ってる?」
「○○君はどこの塾に行ってるの?」
「せっかく○○君と仲良いなら、わからないところを教えてもらえばいいのに」
「担任が数学の先生なんだから、先生に聞けば?」

この言葉を今まで何度言ってきたことか。


毎日のように、どれかしら出てきます、私の会話に。
でもタクの答えはいつも決まっていて、

「うん・・・」
「今度聞いてみる・・・」
「そうだね・・・」


ばかり。
それでも私は、それらは前向きな言葉として受け取ってきました。


でも、ちえさんのこの言葉を聞いて、
「そっか、タクは人に聞くのが嫌なんだ」
と、霧がスーッと晴れた気持ちになったんです。



タクという人は、ツッコミどころが多い子。
よく、子供ながらにオーラをまとった子っているじゃないですか?
この子に対しては突っ込めないな~^^; みたいな。


小学生の朝の登校班でも、突っ込みやすい子とそうでない子がいて、
突っ込みやすいというと語弊があるけど、要は私からしたら 「かまい甲斐のある可愛い子」 って言うことなんですが。

そういう子って、こちらが言ったことに対しての反応も良くて、
「ゲンちゃんちのお母さ~ん」
と慕ってきてくれてすっごく嬉しい。


でも、オーラをまとった子って、人に隙を与えないというか、
とてもじゃないけど突っ込むなんてできないし、わりと気を使って話しかけたりしてしまうんです。


いい大人が、子供に(苦笑



タクは前者。
オーラなんてナッシング。 全方位から突っ込まれます。

それは、良くも悪くも。


私のような愛あるツッコミをしてくれる人もたくさんいるけれど、
小学校の高学年の頃には、マセくさったガキどもの標的にされていたこともありました。

そういう意味では、
「タクにも人を寄せ付けないオーラがあったら・・・」
と思ったことはあります。


前置きが長くなりましたが、
そんなタクだからこそ、人にものを聞くのを恥ずかしいとか、そういうプライドなんて皆無だと思っていました。


ただ確かに、タクを見ていると
「コイツ・・・無駄にプライドが高いなぁ」
と思うことがたびたびあり。

案外、見かけのおちゃらけた感じとは違う部分も持ち合わせているんだなぁと思っていました。
ただ、そのプライドの方向性がいつも間違っているなぁとも思っていましたが^^;


今回の件だって、プライドの使い方が間違っているかと。
そこはプライドも何もかなぐり捨てて、聞こうよ素直に。


大体、数学なんて変なプライドを持ったところで自己解決できないのだから、
わからない事はとっとと聞いて先に進めばいいのに。



その心境は、タクの言ったこんな言葉の中に隠されているのかなと。

「ボクはね、数学が苦手じゃないんだ。大好きなんだよ。 数学の勉強をするのは苦じゃないし、むしろ積極的にやりたいんだよ」



だけど結果がついてこないと^^;



その言葉から察するに、タクはきっと自己解決したい、それどころか自己解決できると思ってるんだろうなぁ。
そして、この発言はまさに先日の
「Z会のコースは スタンダードじゃなくてハイレベルがいい」
っていうことに繋がるのではないかと。


とりあえす、数学に対しての苦手意識は持っていないっていうことがわかってよかったかな。
好きこそものの・・・だもんね。


今はタクを信じてみるしかないか・・・
(でもいつも信じて裏切られて悔し涙をながしてるけどね)



スポンサーリンク

10 Comments

すずらん says...""
う~ん、わかります。
うちの娘も人に物を聞くのが苦手なタイプかも。
でも理由はちょっとタク君とは違うんです。
なんというかタイムラグがあるんですね。学校から家に帰ってから「あれ?あれってどういうことなんだろう?」って考えるタイプ。
なんで、聞けばいいのに「今更聞くのが恥ずかしい」という事に。
でもそれだけでなくて突っ込まれるのがイヤみたいです。
「なんでこんな事もわからないの?」と言われたく(思われたく)ないみたい。
「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」って言ってるんですがねぇ。
でも、すぐ人に聞いてわかった気になっちゃうより、最初は自分でじっくり考えたほうがいいのかな、とも思います。
それから頭のいい人が教えてくれると陥りがちなのが、「わからないことが理解できない」って事。よく主人がやってます。子どもが理解できてない所がわからないんです、頭良すぎて。まさに「上から教えてる」んです。
「どこがわからないか、いってごらん」って言うんだけど、わからないとこがわからないから困ってることがあるって事、主人にはわからないようです。
2012.06.19 17:48 | URL | #- [edit]
いとまみわ says...""
こんばんは。息子は「探究科学科」の第1期生なんですが、入試の点数が普通科より5教科200点満点で5,6点高い。それだけプライドの変に高い子が集まってるわけで。英語が苦手で今年の担任の先生が英語で私が元英語教師なのですが、「教えて」とくることはめったにありません。

プライドが高いのは私に似たのかなあ。
毎週水曜日に公民館でお茶を習っているんですが、気の強いおばあさまがたにお点前をあれこれ言われると、できないくせに、ホント、泣きそうになります。
明日はお茶だあ。

ところで、タクくんの学校は男子校ですか?田舎の公立高校は男女共学がほとんどだけど、都会の私立は男女別学が普通だと聞いたもので。
2012.06.19 20:11 | URL | #- [edit]
ちえ says...""
うわぁ、自分が毎日読んでるブログに自分の名前が出てくるとは!?
感激ですぅ(T T)
私なんかのコメントがお役に立てれば光栄ですが、
何も解決してないですね(^ ^;)

ふふふ、タク君はですね、性格からして自分とそっくりなんですよ;
もし私がまだ女子大生だったら、家庭教師してあげたい位(笑)
つまずきポイントが痛いほど分かります(@ @;)

私も根は勉強好きなので、一生懸命勉強するんだけど、
結構思い込みが激しくて、自分が間違えている事に気付かないで
ズンズン突き進んじゃうんです。でもって、あれ!?おかしいぞ???
と気付いた頃にはテストで言えば時間切れ・・・

例えば実力テストみたいな範囲の無いテストでは以下が重要。
特に数学のテスト

 ・ケアレスミスを減らして惜しい減点を無くす
 ・単純計算を正確に早くこなす
 ・要所要所で見直して、小まめに点数を稼ぐ

今回の人に聞くのが嫌なのは、もうちょっと考えれば実は自力で正解に
辿り着けるのではないか?というある意味自信過剰な思考がある訳で・・・

若気の至り、というかやってみたい誘惑に負けちゃうんですよね(- -;)
私も何か面白そう!!と自分の好きな事のみに突っ走る毎日です。

我が家の子供達は完全にママに振り回されていますが、
タク君とゲン君は子供主体で育てて貰って幸せですね。

なんか取り止めのないコメント失礼しました。

あと、更に追加で・・・
「大数」があまりに懐かしくて旺文社のラジオ講座もお薦めしようと思ったら、
今はやってないんですね・・・哀しい~

秋山先生の数学とかハチャメチャで好きでした(T T)
2012.06.19 22:41 | URL | #- [edit]
★すずらん様 says...""
なるほどね~、タイムラグが聞けない理由ですかぁ・・・
それもあるのかもしれないなぁ、タクも。
ツーといえばカー、なタイプじゃないですもんね。
あれとこれが繋がるには、少々時間がかかるのかも。


うちのオットも同じタイプですよ~。
上から教えるもんだから、子供たちは聞きたがらないです。
あれで昔家庭教師のアルバイトをしてたっていうのだから、生徒さんが不憫でなりません。
2012.06.21 10:16 | URL | #- [edit]
★いとまみわ様 says...""
プライドが高いっていうのは ある意味必要だとは思うんです。
ただタクの場合、方向性が違うというか(笑

確かに私も習い事は苦手だなぁ。
いや、習うのは好きなんだけど、指摘されるとものすごくへこむんです。
私も変なプライドが高いのかも。


タクの学校は共学です。田舎の学校だけど^^;
2012.06.21 10:19 | URL | #- [edit]
★ちえ様 says...""
ちえさん、勝手に紹介しちゃってごめんなさいね!
普段ぬぼ~っと生きているので、コメントでいろいろ考えられて助かるんですw


似てますか!
ってことはきっと私とも気が合う!?

女子大生じゃなくてもぜひ家庭教師してもらいたいわ~!!
つまずきポイントの指摘、まさにタクはそれを待っていると思います。


ラジオ講座なんてあったんですか~。
この間、テレビの「高校数学講座を見たら?」と言ったけど
「いや、いい」
で終了~。
なぜそんなに嫌なのか、よくわからん!!


ブログに遊びに行かせていただきました。
スズキメソードと合同合奏会(うちの方は合同練習と言いましたが)、懐かしい~!!
でもあれがあったから、ある程度上達したし、今もバイオリンを続けていられるのだと思ってますw
2012.06.21 10:23 | URL | #- [edit]
ちえ says...""
プログ見て頂いてありがとうございます。
まだまだ私が悟れてないもので、
息子は毎日泣きながら練習しています;

最初はアメブロのVnブログがきっかけで、
こちらのブログを拝見するようになりました。

まみこさん、良いキャラしてますね。
姫語録楽しみにしています♪


さてさて、私は第二外国語マニア
(英語が出来ないから中国語→西語→仏語と旅行の度に手を伸ばしていった)
なので、NHKラジオ講座のヘビーユーザーでした。

チャロも大好きで、でもやっぱり毎日・毎月聞くのは面倒で、結構途中が抜けたので、
チャロ1はCDとまとめの本を買いました。
ストーリーが面白くて好きだったんです。

でも、内容的に女の子向けかもしれませんね。
タク君は「スーパープレゼーテーション」を楽しく見ている位なので、これを録画して音声は英語で日本語字幕にして見るのはどうでしょう?

ちなみにTVの数学講座は公立高校の授業、
らじおたんぱの大学受験ラジオ講座は、
予備校の授業という感じです。

私、結構マニアなので、高3の塾のテキストや
浪人時代の予備校のテキストとノートを
未だに一部取ってあるので、
今ラジオ講座の別冊を探してみましたが、
ちょっと見当たりませんでした;

寺田の鉄則シリーズの寺田先生の生の声
(正確には録画ですが;)が聴けて、
孤独な受験生の強い見方でした。

タク君は数学で90点取れてるので、
当時の私なんかよりよっぽど勉強出来ると思いますよ。


多分今までにも散々言われたと思いますが、
残りの10点を埋めるのはテスト後の見直し勉強が肝要です。

テストが終わったら、
どこを間違えていたのかは確認していますか?

どこで間違えて、どう直せば正解になったのか
丁寧に答え合わせと見直しをしていますか?

1週間後に解いて、最初の半分の時間で正解する事が出来ていますか?

一月後に解いて忘れていませんか?

確か個人数学塾の先生のノートに書いてある事だと思うのですが、高1の今のレベルでも鉄則です。

まぁ、玄関前のスペースが集中出来て気に入ってる
という事は初心は忘れていなさそうですね。

皆さんが誉めてらっしゃるように、
タク君はしっかり努力して偉いと思いますよ。
中高生で親に感謝の気持ちを持ててるのも

お友達に教えて貰うのが嫌なのも、
仲が良いからこそ、肩を並べたいんでしょうね。
2012.06.23 11:14 | URL | #- [edit]
★ちえ様 says...""
バイオリンは、出会えた先生のおかげでここまで続けてこられたと思っています。
将来、バイオリンで食べて行こうなんていうレベルでは到底ないので、
「長く続けていく先に何が見えてくるか」
ということを教えるつもりで続けてきました。


・・・見えてくるかな・・・^^;




勉強のコツ、たくさん書いてくださってありがとうございます~!!
確かにテストは 「終わったら安心してしまう」ところが大いに見受けられますねぇ・・・
性格的に慎重さに欠ける人間なので、テスト勉強がすべて、結果は運を天に任せる! 的なんだと思われます。


>仲がいいからこそ肩を並べたい
ナルホド・・・!!
なんか納得いきます、そう考えるとw

私はバリバリ受け身で捨て身な人間なので
「なぜ聞かぬ?」
と思っちゃうのですが、彼は肩を並べたいのかもしれませんねw


それにしても本当によくタクをわかってらっしゃる(笑
私は近すぎる分、どうしても見えない部分が出てきてしまいます・・・
2012.06.24 17:46 | URL | #- [edit]
ちえ says...""
バイオリン、例えレッスン前にしか弾く事がなくても、
「辞めたくない」と言ってくれるだけ嬉しいですよね♪

ちゃんとタク君の中で根付いてる証拠だと思います。

暫く寝かせると、ずっと練習し続けるよりも
サクッと難所を乗り越える、というエピソードには
目から鱗でした。

なんか芸術のなんたるかを垣間見た思いです。

>それにしても本当によくタクをわかってらっしゃる(笑

ははは、2008.7分から4年分、
全部読みましたので:-P)

とは言っても、kotoriさんが母親の愛情を籠めつつも、
客観的につづった記録があってこそです (^ ^)



>テストは 「終わったら安心してしまう」
何事も楽しめちゃうタク君のことだから、
数学の問題を解く時の七転八倒も苦しんだ分だけ
の満足感は得ているのではないでしょうか?

切り替えが早いので、テスト後は見直しに興味が湧かない気持ちも分からないではないけど、

詰めが甘いと、私みたいな二流で終わっちゃうんですよねぇ・・・

特に独学でやってると、自分がいい線いってるのか、
見当違いな事やってるのかの判断が難しい時があります。


数学は、正解に辿り着く迄に色んなアプローチが
存在する科目です。

恐らく、タク君の解法でも正答になるはず。
どこで掛け違えたかを、先生に相談する、
という方法なら、少しは興味を持てるのではないでしょうか?

人の解法をただ聞くだけ、に魅力を感じない場合は、
オリジナルの解答を作れば良いのです(^ ^)


でもまぁ、得てして数学も模倣の教科。
良問を沢山解く事で、ベースが出来、
エクセレントな解法を沢山見る事でセンスを磨く。


なんか又長くなってすみません。
つらつら書いてしまいましたが、
タク君に使えそうなとこだけ拾って下さいませ。
駄文失礼しましたm(_ _)m
2012.06.25 00:36 | URL | #- [edit]
★ちえ様 says...""
少し前の事ですが、本当に丸々一週間、一度も練習しないでお稽古に行ったことがあるんです。
お稽古toお稽古ですよ。

もうね、こってり叱られろと内心ニヤニヤしていたら、ナント
「タクく~ん!! すごいじゃないの! すごく上手になってるわぁw」
と言われたので腰抜かしました^^;

でも、私も「とりあえず今日は練習を辞めて寝ろ」で成果が出るタイプなので、
まんざら先生の耳が間違っていたとは思わないんです。

なにより、
「合格もらえたらオールOK!!」
ですもんね~w


そう考えると、毎日必死にやっている数学も、
少し距離を置いたら案外見えてくるものがあるかも!?


いやいやいや・・・それよりも私の精神状態が不安定になるからやめてほしいなぁ^^;


昨日のコメントをタクに伝えたところ、
「OKi-234
とのことでした。

伝わったんだかどうなんだか・・・
でもね、家族でも身内でもない方にこうして親切にアドバイスをいただいていること、
本人はありがたく感じているようですよw

っていうか、感じてなかったらフルボッコですが。


ちえさん、ありがとう~♪
2012.06.25 16:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。