ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

夏季合宿

0



お友達さんのブログを読んでいると、
「夏季合宿」
というキーワードがちらほらしてきました。



はい、夏休みのサマーセミナーですね。



これまで校内セミナーばかりでしたが、
とうとう今年は合宿が入ってきました。


すでに大学受験を見据えてますねぇ@学校。



思えば私も高校の時、合宿がありましたっけ。
出発前、担任に
「バスで連れて行かれて、逃げ出したくても とてもじゃないけど逃げ出せないような場所」
と散々脅かされ、ビビりながらバスに乗り込みました。


でもそれだって高校3年生の時。
高校1年生の夏なんて 遊びほうけてましたもん。
ありがたいです、この環境。


高っい費用はもう払込み済み。
だから 「しっかり身に付けてこ~い」 という気持ちでいられます。

そうじゃないと困るし。
家族で一泊旅行いけるような金額を払ったんだからさ(怒




いつも思うのだけど、タクは小学生の頃に比べると、
本当に勉強によく取り組むようになったと思います。


小学校の時がやらな過ぎたともいえるけど、
やはり 今の環境がタクをそうさせているのは見ていてよくわかります。



それは 「入学した条件が他の子とは違うから」 に他ならないかと。



うちくらいの私立の中高一貫学校だと、
「何が何でもそこに入りたい」
という生徒よりも
「私立に行っとく?」
的なご家庭が多いように思えます。


もちろん大半はきちんとした考えをもっての入学だと思いますが、
少なくともいうちみたいに生活にきゅうきゅうしているようなご家庭の子供は一人もいません。


だから意気込みが違います。
というか、そうでもしないと私にうるさく言われるのはわかっているので、
やらざるを得ません。


そういう意味で、学校との相性は良かったのだと思われます。

でも、これだけたくさんのテストやセミナーがあると、
たいしてやる気がなかった生徒にとっては苦痛のみなわけで。


ある時期から、だいぶ差がついてきたような気がします。


この場合の差とは、「意識の差」 です。



タクは頑張ってはいるけれど結果はついてきていない、
それはイコール 「やる気だけはある」 と言えますが、
もうやる気を失っている子もいる様子。


幸いにもタクの周りはみな優秀な子たちばかりなので、
タクの意識が上がることはあっても下がることはないです。


クラスメイトに恵まれた感もあります。



そして、入学したころ、義母に
「タクにお金のことだけは言ったらあかんで」
と念を押されました^^;


がしかし、もうすでに散々言ったあとのこと。
もう後には戻れません。


だからことあるごとに
「なんのためにわざわざ私立に入れたのか考えてみろ」
と言ってきました。


その時は可愛そうだなぁとも思いましたが、
今思えばそれらはタクにとって、いいモチベーションの上げ方だったようにも思えます。


まぁ、自分の子供にあう方法ならなんでもあり!?



うちにはうちにあった、それぞれの方法で、
夏を乗り切りま~す!



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。