ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

不愉快な店員

13


久しぶりに不愉快な店員に出くわしました。
最近こういうことがなかったので油断していましたが
(会う人会う人、いい人ばかりだったので)、
久々に考えさせられたのでグチらせてください。



最近、「EM菌」 に凝っています。

EM菌とは有用微生物群のことで、
希釈して使うことにより、家庭排水を浄化したり、
植木や花にまくことで、農薬を使わずにきれいに花を咲かせることなどができる、
これからの地球環境に必要なもの。


私は地球環境のことまで考えてはいませんが、
庭木が生き生きしたり、土がふかふかになったり、排水パイプがきれいになったりするために
積極的に使いたいと思っています。



もともとは、ゲンの小学校のエコロジー教育の一環で作ったEM菌。
茶色い液体のもの。

これをプールの浄化に使ったのですが、
希望者に分けてくれたので一本いただいてきたのです。



この「素」 を培養すれば培養液が作れるし、
希釈すれば希釈液が作れるのですが、素はいずれなくなります。
培養液からもできるのだろうけれど、多分菌の力が弱くなっていくんじゃないかなぁ?


母も欲しいと言っていたこともあり調べてみると、
ネット通販もあるけれど、大手のホームセンターにだったら売っているとのこと。
そこで、車で40分、このへんで一番大きなホームセンターに行ってきました。


このホームセンターの大きな特徴は、
「農業を仕事としている人たちも来る」
こと。

それほど本格的なものまで取り扱っているのがウリ。


一般人から見ても使い道がわからないようなものを、
広大な敷地面積をさいて売っているのだから、きっとEM菌もあるだろうと。


もちろん、もしなかったらネット通販するだけのこと。
どうせなら近場で売っているのかどうか確認したかっただけ。


あっちこっち探し、何度も何度も棚を確認し、
見つからなかったので店員さんに確認。

せっかく来たのだから、ないならないとはっきりしたかったので。


ちょうど花の種の袋を並べていた男性がいたので聞いてみました。
「お仕事中すいません。 EM菌っておいてますか? 液状のものなんですが」


しゃがみこんで並べていた店員にそう話しかけると、
こちらも見ずに黙って手を動かし続けています。


すぐそばに立って話しかけたのに聞こえなかったのか?
そう思ってもう一度言おうとすると
「EM菌・・・?」
手を止めるでもなく、こちらを見るでもなく、立ち上がるでもなく、
独り言のように言う店員。


この時点で
「店員チョイス、失敗」
と思ったのですが、後の祭り。


「液状って・・・そんなのないよ」
そういいながら、携帯電話を取り出し確認しだしました。

多分、「EMぼかし」 と勘違いしているのだと思われます。
あちらは粉だからね。


「EM菌の液って言うんだけどさぁ。 ねぇよな? そんなの。
え? そう、液状だってさ。 聞いたことねぇよなぁ?」



そりゃあなたは気心知れた同僚と いつもの口調で話しているのかもしれません。
でもすぐそばで「そんなの」を必要として40分かけてやってきたお客が 一部始終を聞いてるんですけど。


第一、ないないってそちらのちっぽけな知識の中でのみないと決めつけているようだけど、
こちらは実際に使っているんだけどなぁ。




同僚に確認し、「やっぱりない」と自分に自信をつけたらしい店員、
電話を切った後、
「今確認しましたところ、やはり液状のものはないらしいのですが・・・」
だって。


今さら丁寧に言われても(苦笑



なんだろ、この店員。
お客に敵意を見せてどうする?

それよりも
「これだけの大型店舗に、お客様の希望の品が置いていないことへの恥」
みたいなものはないんだろうか?


くだらない負けん気を持つなら、そういうプライドを持った方がよっぽどいいと思うのだけど。


こっちだって、
「なんだよ、ないのかよ、けっ」
なんて言う気はさらさらないし、確認までに聞いてみただけ。


「申し訳ありません。取り扱いはないようですが・・・」
でいいじゃない。簡単なことじゃない。



こういう時、つくづく
「プロ意識がないよなぁ」
と思います。


別に、特別な免許を持っているからプロ意識が生まれるんじゃない。
店員だって売り場のプロ、接待のプロ。
そういう意識を持っている人って、本当に減ってきたなぁと思う今日この頃。



いつも行っている酒屋の中年女性は、
レジに持って行ったパスタの袋をレジ打ちしようとした時に、
「こちらは それぞれのゆで時間が違うタイプみたいですけど、大丈夫ですか?」
と手を止めて聞いてくれました。


そう、袋が同じだったので、4分の茹で上がりのものと8分のものを持って行ってしまっていたのです。
「あ! 気づきませんでした。ありがとうございます」
と言うと、売り場からパスタをさっと取ってきて
「似てるから間違いやすいですよね~」
と にこやかに処理をしてくれました。


こういうの、本当にプロだなぁと感心させられます。
パートの方だけど、それだってこうしてちゃんと仕事をしてくれている、
これこそがプロの仕事。


同じ商品を買うのなら、この店にまた来たいと思わせてくれますよね。




先ほどのホームセンターの店員さん。
こんなこと言っちゃなんだけど、頭頂部がだいぶ涼しそうになっている、そういう年代でした。


その年齢で、あんなに楽しくなさそうに仕事をして、お客にそれを振りまいて。
そんな人生、私はイヤだなぁ・・・と、そんなことまで考えさせられたのでした。


当然のことながらそれはタクとゲンの人生を照らし合わせて考えてしまうわけで、
やりがいのある仕事につけるよう、全力でサポートしなくちゃなぁ・・・と思ったのでした。



ということで、EM菌はさっくりとネット通販で♪
これが一番だわぁ~w

小売店(ここは大型店だったけど)の経営者の皆さん、
少しは危機感を持った方がいいと思われますよ。



スポンサーリンク

13 Comments

Haruurara says..."そうですね。"
私は今のところ不快な店員にあってないけど、イヤイヤ仕事してる雰囲気があればこちらが不愉快ですね。
自分が就いてる仕事なんだから責任もってしてほしいですね。

うちも将来息子たちにはやりがいのある仕事に就いて欲しいです!
2012.08.07 07:15 | URL | #- [edit]
★haruurara様 says...""
どんな仕事であれ、自分が選んだ職業なら、
立ち位置を考えないといけないと思うんです。
プロ意識って本当に大事ですよね。

私もいろいろな職業を経験してきて、
子供が本当にやりがいのある仕事を見つけられるよう、フォローしていきたいと思っています。
2012.08.07 19:11 | URL | #- [edit]
★接客業15年の通りすがり さん says...""
> 私の友人にもいますけど、自分が接客業ができない人に限って
> 従業員に対し、至れり尽くせりの「気分のよい買い物」を求められるものです。
> 「これだけの大型店舗に、お客様の希望の品が置いていないことへの恥」
> 何様かと言いたい!
> ことりさん、リアルな人間も読んでいるのですよ。


うわ~・・・
反論したいことがありすぎてもう・・・(失笑

あの~、ブログの記事を よーく、よーーーくよーーーくよーーーーく読んでくださいました?
読んでくださってからの、このコメントですかね??

だとしたら・・・
あなたの勤めてらっしゃるところには行きたくないなぁ(苦笑


15年接客してきて、何が見えたんですかね?
いや、見えてないからこういうことを書いてくるんですよね?


この文章のどこに「何様か」な態度が出てましたかね?
私はそんなことを書いていないし、これっぽっちも思っていないですよ?


接客業15年の通りすがりさんがいるようなお店(?)、行きたくないなぁ^^;
感じ悪そう(ぶるるっ)


サービス業なんでしょ?
接待業なんでしょ?
その仕事を好きで選んだんでしょ?


ちなみに私はいろいろな接待業を経験してきて、
自分には接待業は向いていない(自分が納得できない)から
接待業という職種は選んでいないだけですけど。


職業選択の自由~あはは~ん♪ですよ、それこそ。



何様かって(苦笑


接客業15年の通りすがりさん、プロ意識、持ってます?
2012.08.07 20:44 | URL | #- [edit]
すずらん says...""
実家が自営なので、母が接客態度にはとても厳しい人です。
子どもの時は、買い物にいった時に母が態度がなってない店員に文句をいうのがすごく恥ずかしかったけど、最近は私も気になることが多いですね。
私はあなたのお友達じゃないんですけど?ってコトもよくありますよ。
kotoriさんの体験とは全然違いますが、柳原加奈子ちゃんばりの
「いらっしゃいまっせぇ~どうぞごらんくださいまっせぇ」はどうもいただけません
よく行くお店のおねえさんは「どうぞごらんくらさいまっせぇ~」と聞こえていつもイライラします(余計なお世話)
2012.08.07 20:47 | URL | #- [edit]
ちえ says..."世の中にはいろんな人がいますね…"
車で40分も移動したホームセンターで
希望の品が見つからなかっただけでなく、
なんとなく後味の悪い結果となってしまい残念でしたね;

kotoriさんは、常々多少割引率は落ちても、
場所が不便でも、買う客の立場に立って接客してくれるお店を
贔屓にしていますものね。
(半紙を扱う文房具屋さんとか)

多分上記の通りすがりさんは、
早とちりして職業の貴賎と取り違えたのではないでしょうか?

kotoriさんが息子さん達には、
ホームセンターの店員とは違う職業に就いて欲しい、
と受け取ったのかもしれませんね;

なんて横から口を挟んで炎上してしまったら申し訳ありません;

例えばクリーニング店のシミ落とし技術のレベルの高さ、とか
常に同じ味のお豆腐やパンを焼き続ける職人技、等
ブルーカラーの匠の技が尊敬に値するって、
少なくとも私はそう思いますが、
たまに卑屈になる方もいらっしゃるのでしょうね;
2012.08.07 23:16 | URL | #- [edit]
★すずらん様 says...""
自分が年をとってきたせいか、
若い方の接客態度がどうしても気になってしまいます。

外食をした際などは サービスも料金のうちと考えているので、
うちが外食をしなくなった理由のひとつでもあります。


サービスと言ったって、求めているのはごく当たり前のサービス。
何も特別なことを求めているわけではないのですが、
接客業15年の通りがかりさんのように、何か勘違いしている方もいるみたいです。

若い人だったら友達のような接客が嬉しいのかもしれませんが、
相手の年齢によって使い分けるというのもプロの仕事ですよね。
誰もがそういう接客を望んでいるわけではありませんものね。

そういうものも含めて「プロ意識を持って」と言っているわけです。
2012.08.08 11:57 | URL | #- [edit]
★ちえ様 says...""
ちえさん、お目汚ししてしまってごめんなさいね。
いつもならさくっと無視するだけなのですが、
内容の意味も考えようともせず、ただ非難だけする人を見過ごせなかったのです。

非難するなら、よく読んでくださいよと。
そこまでするのが嫌なら、相手を不愉快にさせるコメントは避けるべきかと。

私の考え方が理解できないなら、「二度とここには来ない」という選択肢だってあるわけですしね。


私はサービス業を軽視しているわけではないし、
サービスという技を提供できる人はむしろすごいと思うのです。
私はできないから。
そこに自信を持ってほしいと思うんです。

通りすがりさんの言い分は、
ただ単に自分の中途半端な仕事の言い訳に聞こえてしまいます。



・・・と、またまた熱くなりました^^;
後味が悪いのでこの話はこのへんで。

ちえさん、ごめんなさいね!


2012.08.08 14:22 | URL | #- [edit]
きっと says...""
わたし、次男のランドセル購入後に小さいことが気になって問い合わせたことがあります。長男と同じものを気に入って購入したので、クレームつけるためではなく、ちょっとした確認のつもりで。

そうしたら担当者が、「うん、うん」「そうなんだ」「ああ、それはねえ」という話し方をしたので我慢できなくなり、「私はあなたの友達ではないのでその話し方は不愉快です」って言っちゃいました。体が震えました。

電話番号や住所が相手に分かっているのでいやだなあとは思いましたが、やはりおかしいですよね。客だから偉いと思っているわけではなく、社会人としてどうなのよ。

一度しか買わないランドセルを売るお仕事についている方とは思えませんでした。ああ、残念。

終わりにしたいお話を蒸し返してすみません・・・
お返事コメント、必要ないですよおおお。
2012.08.08 20:42 | URL | #- [edit]
ミントティ says..."大ファンです"
kotoriさん、初めまして。いつも読み逃げしていてすみません。
毎回楽しくブログを拝見させていただいてます。今日旅行から帰って来て、kotoriさんのブログを何日かぶんまとめて読ませていただいたのですが、強烈なコメントがあったんですね(苦笑)。

私は、kotoriさん以外の方のブログも何人かファンで読ませていただいているのですが、最近思うことは、ブログの内容の意味を取り違えてひどいコメントをする人が結構いるなぁ・・・ということです。どう読んだらそこまでの考えに行き着くのかかなり驚く時があります。

いや~kotoriさんのブログは本当に内容といい、表現力といい、文章力といい、間のとり方といい・・・すごく魅力的で大・大・大好きです☆(偉そうにすみません)これからも応援していまぁ~す!
2012.08.09 13:04 | URL | #a4q4tFDA [edit]
★きっと様 says...""
きっとさん、優しいお気遣い、ありがとうございます。

不特定多数の方が読むのだから、
多少のいじわるコメントは目をつぶっていますが、
あまりにも ちゃんと読んでいないでああいうことを書かれるのは不愉快で、
ついつい見過ごせませんでした。
ごめんなさいね。


そう、客だから偉いなんてこれっぽっちも思ってないです。
思ってもいないのに、そんな風に受信するなんて、
私からは
「自分の仕事をよっぽどやっつけでやってるのね」
としか思えないです(苦笑

どうやら山口県の人らしいので(そういう情報、いろいろわかるんですよね)
うっかり入ったお店で出会うことはなさそうですが(ホッ)


終わりにするつもりでしたが、
今見たらまた性懲りもなくいやがらせコメントを入れてきたので(苦笑
よっぽど暇なんですねぇw


店員にとってはたくさんの客の一人かもしれませんが、
ランドセルという大切なものは 買う側としたらそうそう何度もあることではありませんよね。

物には魂が宿ると思うんです。
そういう人から買ったもの、なんだか悲しくなりますね。

おっと、きっとさんごめんなさいね。
また気軽に遊びに来てくださいねw
2012.08.09 17:12 | URL | #- [edit]
★ミントティ様 says...""
ミントティさん、いつも読んでくださってありがとうございますw
そして、初コメントをこんなことで書かせてしまって申し訳ありません!!

旅行はいかがでした~?


このブログは本当にいい方ばかりが読んでくれているので、
普段は楽しくやっているのですが・・・

たま~にああいう方が迷い道に迷いこんでくるんですよね^^

普段は相手にしないのですが、
あまりにもこちらのことを知らない「通りがかり」と言っている方が、
文章の一部だけを切り取って自分の都合のいいように解釈して、
それで「もうここには来ないわ」 ならまだしも、
わざわざきて 人を嫌な気持ちにしていくというのがね^^;
それで接客業を15年もやっているとは・・・

アクセス解析を見ると今日も何度も来ているみたいだし、
嫌なら来なきゃいいのに・・・と思いますが。

山口県にお住まいの方のようなので、
うっかり接客されることはないので一安心ですが。


>どう読んだらそこまでの考えに行きつくのか
本当にそう思います。

いえ、読んでくれてそう思うのならまだいいと思うんです。
大して読んでもいないのに、わざわざそれを書いてくるのがね、驚きです^^;


今日の非公開コメントにも
「どっちもどっち」
と書いてあったので、どうやら歩み寄れる部分はなさそうです。
あ、歩み寄るつもりもありませんが。


・・・って、ミントティさん、すいません!
せっかくの初コメント、もっと楽しく気分よくお返ししたかったです、すいません^^;

もうこの方はこれきりですので(笑
今度は楽しくお話ししましょうね~w
2012.08.09 17:28 | URL | #- [edit]
ミントティ says..."よろしくお願いします!"
kotoriさん、お返事ありがとうございます!!感激です!!これから楽しくお話ししていただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

P.Sうちも次女が私立中高一貫校(中3)、長女が私立高校(高3)で、なかなか経済的に大変で、家族旅行もオープンスクールを兼ねて近県に行って来ました^^;一応楽しかったです。
2012.08.09 21:19 | URL | #- [edit]
★ミントティ様 says...""
こちらこそよろしくです~^^


おぉぉ・・・経済的にかなり大変そうですねぇ・・・
この後大学も含め、ここから数年が親の正念場ですね。

考えるとドキドキしてきますが、
振り返った時に「やれるだけやった」と思えるよう、
後悔しないようにしたいと思っていますw
2012.08.12 18:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。