ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ぼってらぼってら

2


先日は帰省をかねて旅行に行ってきたわけですが、
いろいろ見学し、たくさんの思い出ができましたw


現存天守のお城は見たし、世界遺産も見たし。
天気も良く、夏の空に映える素晴らしい景色は今でも目に焼き付いています。



そんな素敵なものを見てきたっていうのに・・・
フト思い出して旅行の話になると、
「熊、すごかったね~!!」
という話題に。




そう!!
この旅行中、私たち一家はナント! クマに遭遇したのです!!
もちろん動物園で、なんてオチじゃないですよ!?

まぁ、可愛い小熊ちゃんでしたが^^;



それは、宿泊した宿から白川郷に抜ける道でのこと。
宿の方に、
「ここから白川郷に行くには3時間かかるから、ちょっと大変だけど峠を越えて行った方がいい」
とのアドバイスをいただき。

なんでも峠を越えると1時間で着けるのだとか。


ナビもあることだし、そうしようということで峠越えをしたのですが・・・
いやはや、何ともすごい道^^;


もちろん舗装はしてあるし、なによりちゃんとした国道でもあるのですが、
くねくねだし急カーブだし、対向車は来るし・・・
もうドキドキハラハラの連続でした^^;


やっと頂上を超え、あとは下っていくだけと一安心。
しばらくすると集落も遠くに見え始め、
「よかったね~、もう山道も終わるね」
なんてオットと話していると・・・



左前方がガサガサッ揺れたかと思うと、
丸々と太ったむっちりとした小熊が、
私たちの車の前を通り過ぎるではありませんか!!!



いやね、この山道に入る前も、
「動物に注意」
の看板が出ていたんです。


そういうの、オットは大好きなので
「サルが出るかなぁ? もしかしたら鹿かもしれんなぁ」
と楽しみにしていたのですが・・・



そんな「大物」に出会うとは^^;



思わず、
「熊ーーーーーっ!!! 熊ーーーーーーーーっ!!!!」
と叫び、寝ている子供たちを起こしました。


母親のあまりの騒ぎに驚いた息子たち、飛び起きて
「うわぁ!! 熊だ!!」
とビックリしていました。



あっという間に横切り、
右手の山に入って行ってしまいましたが・・・・


しばしボーゼン。

そして少しあとから襲ってきた恐怖。
だってだって、小熊のそばには必ず親熊がいるんですよね!?


そう思うと本当に恐ろしくなりました。



その後も、
「いや~、えらいもん見たね」
と話していたのですが、なんといっても小熊の重量感に大注目。


「みっちりしてたよね~」
「ぼってりじゃない?」
「むっくむくだったよ」


感じ方は様々だけど、丸々と肥えていたのは全員一致意見。
その重量で全力で道を横切って行ったさまが・・・
もう忘れられません。


そしてそれは私だけではなかったようで、
ゲンがこんな絵を走り書きしてくれました。


ぼってらぼってら



ぼってらぼってら(笑
まさしく、そんな感じw


でも今気づいたけど、画には「ボッテラボテッラ」と書いてありますね^^;
イタリア語か!?



いや~、夏の楽しい観光地の思い出を
全部かっさらってしまうような 強烈な出来事でした。



というか地元の皆様、クマにお気を付けくださいね~!!(心配)



スポンサーリンク

2 Comments

ginironosora says..."すばらしい"
いや~!ナイスな表現です。
オノマトペの世界。
宮沢賢治的ですね。
息子さん、すばらしい。
個人的に、宮沢賢治ファンなので・・・。
2012.08.25 23:37 | URL | #- [edit]
★ginironosora様 says...""
ginironosoraさん、嬉しいお言葉ありがとうございます^^

ゲン「オノマトペって何?」
タク「それはね・・・」

と、ゲンさん、一つおりこうさんにもなれましたw

宮沢賢治ワールド、私も好きです。
文を読んでいると、風景が見えてきますね。
2012.08.29 09:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。