ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

鶴のひとこえ

2


やっと持ってきました。
Z会のテスト。



もちろん9月分ですが。



「今日中に出さなかったらZ会をやめさせる」
と脅したのがよかったのか?



いやいや、違います。

もうタクもゲンも、私がちょっと脅したくらいじゃ言うことなんて聞きません。
こっちもカーッとなるし、あちらもふて腐れるわで散々な結果になります。

それでも言わなきゃならないから辛いですよね。


今回、こんなに早くタクからテストがきたのは
オットが口を出したから。


というか、私がこっそりオットに頼んでおいたのですが。



家庭内の役目として、
「子育ては私が全部、オットはお金を出すだけ」
という形になりつつあります。


というのも、以前はオットも積極的に参加してくれていたのですが、
仕事が忙しくて家にいる時間がどんどん短くなり、
たまにオットが口をはさんでも それはとっくに解決していることだったりと、
結構ちぐはぐになってしまっていたのです。



それまではタクの愚痴などもオットに言っていたのですが、
最近では以前ほど愚痴ることも少なくなってきたので、
オットには仕事に専念してもらい、家庭内のややこしいことは全部私が引き受け、
重要事項のみオットに伝える・・・という方式をとったらとてもスムーズになることがわかり。


昔は
私が子供たちを怒る役、オットがそれを「まぁまぁ」ととりなす役だったのですが、
私が起こっている時にオットはいないのだから、それも成り立たなくなったのです。



今回久しぶりにタクのZ会に関してオットに愚痴ると、
次の日すぐにタクに言っていました。


それも冷静に。



ここが重要ですよね~^^;
私ではどうしてもそうれができない。
冷静に話そうとしても、相手がタクだから、
話せば話すほどヒートアップしてしまうという。


オットが言ったのはこう。
「お母さんから聞いたけど、Z会が滞ってるんだって?
だったら辞めたらいいよ。無理して続けることはない。
いつも言ってるだろ? 生活のペースを守れないようなやつは ろくな人間にならないって」


たったこれだけ。
正直、たいしたこと言ってません(笑


なのにその日の夜にはテーブルの上に終わったテストが乗ってました。



う~ん、なんか悔しいなぁ^^;
なにその鶴のひとこえ。



あ、オットの場合、鶴みたいにシュッとしていないので
「ハムチュターのひとこえ」ですが。
(頬袋が膨らんでるみたいに顔がむくむくしてるので)



まぁそれでも提出ができたからいいんですけどね。
それにしても母親って損な役回りだなぁ。



スポンサーリンク

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.10.10 10:33 | | # [edit]
★鍵コメ様 says...""
本当に、正直育ててるのはほぼ私なのに、
その私の言うことを聞かずに父親の言うことを聞くとは・・・
まぁ、それがまるく収まる秘訣なのでしょうが^^;


うんうん、最終的にどこの学校に行くかは別として、
とりあえず「それに向けての努力」はして欲しいよね。

努力はしません、今の学力で入れるところ・・・というのは虫がよすぎる^^;
逆に言えば、努力さえすれば親はなんとしてでも希望に沿うよう頑張るわよ!
と思うのですよ。


だからうちも、とりあえずゲンに猛烈に努力させている最中です。
泣きそうです、毎日。でもやらせてます。
きっとその先に見えてくる何かがあるでしょう!!・・・多分^^;


えっ! Pちゃんも見てるの?
いやん、恥ずかしい(照
(Pちゃん、元気~?)
2012.10.10 15:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。