ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

「行ってらっしゃい」を何度も言えるのは幸せ(と思おう)

2



取り立てて言うことでもないとは思うのですが、
朝、オットや子供たちを家から送り出すときには必ず
「行ってらっしゃい」
と声掛けをします。



わざわざこうして書くほど、必ず、そう声をかけて送り出しています。



忙しい時、朝から機嫌が悪い時など、
特にタクは忘れて出かけて行きますが、
自転車にかばんをくくりつけたりして出かけるまでに手間取るので、
窓を開けて
「行ってらっしゃ~い」
と声をかけます。



そして、帰宅して機嫌の良い時などに、
「玄関を開ける時に『行ってきます』ってちゃんと言ってくれなきゃ、
お母さん、さみしいじゃな~い」
と、おふざけを入れつつ、お願いしています。



どうしてここまでこだわるのかと言えば、
「行ってらっしゃいという言葉は、子供(オット)を守る呪文だと思っているから」
です。



おっと、引かないで下さいよ~^^;




呪文なんていうから途端に胡散臭くなるわけですが、
結構マジで思っております。


まだゲンが幼稚園の頃ですが、
幼稚園が大嫌いだったゲンは、毎朝泣くようになりました。



困っていたある時、幼稚園から帰ってきたゲンに、
「ゲンちゃん、今日は先生に褒められたでしょう?」
と言うと、ビックリしたゲン、
「お母さん、どうして知ってるの!? 見てたの?」
とたいそう驚きました。



もちろん見てたわけではなく、
お利口さんのゲンなら、ちょっとしたことでも先生から褒められるだろうなぁと踏んでのこと。


そこですかさず、
「お母さんね、おうちで『ゲンチャンネル』を見てるから知ってるんだよ」
と。


「『ゲンチャンネル』?」
「そう、うちのテレビね、ゲンだけを映してるチャンネルがあるの。
だからお母さんはおうちでゲンちゃんの幼稚園の様子をいっつも見てるんだよ」


ちょっと考えればわかる矛盾を聞き返してこないのが園児のいいところw
以来、幼稚園から帰ってくると
「今日はゲンチャンネル見てた?」
と聞いてくるようになりました。



実はこれ、小学校の低学年の頃まで信じてたのです。
小学校に行くのも嫌がった時期があったので、
「チャンネルの周波数を小学校に合わせておいたからね」
と言ったらすぐに信じてくれました。


それから、
朝起きてきて、台所仕事をしている私に無言で抱きつき、
さめざめと声を押し殺して泣くゲンを見て、
とっさに戸棚に隠してあったチョコ(ダーツ)を一粒取り出し、
「これはね、魔法のチョコなんだよ。これを食べると心が元気になるよ。
でも誰にも言っちゃだめだよ。魔法が効かなくなっちゃうから」
とあげたことも。


うんとうなづいた目から涙がポロリと落ちたゲンは可愛かったなぁ(遠い目)。



朝からチョコを食べさせたなんて絶対言えないし、
タクが知ったら
「なんでゲンだけ!?」 もしくは
「そんなのウソに決まってんじゃ~ん!」と言われるしね^^;



話しがそれましたが、「行ってらっしゃい」というのもそれと同じなんです、
私の中で。



行ってらっしゃいという言葉に、
「必ず無事に帰ってきてね」
という願いを込めて言っています。


その母親の(恐ろしいほどの)念がこもった言葉をまとって出かけたなら、
大切は人たちは必ず無事に戻ってきてくれるかなと。


だから、「呪文」なんて恐ろしい言葉を使ったのです^^;



タクにもそれは伝えたことがあって、
「ばからしい」
とは言われましたが、それ以来、忘れずに言う努力はしてくれています。


本当に些細なことなのですが、
こんな言葉一つで子供を守れるなら・・・と信じているのです。




ただ・・・ね。



タクの場合、朝の「行ってきます」が一度じゃ済まないのですよ^^;
「行ってきます」
と出て行ったらすぐにまた戻ってきて机をごそごそして、
再び「行ってきます」と行って出て行ったと思ったら、
またまた戻ってきて戸棚をごそごそ。


2回も3回も私の「呪文」に守られているので、
毎日無事に家に帰ってきてくれています(と信じてます)。



できれば、出かける前にキチンと準備をして出かけて欲しいですが^^;



スポンサーリンク

2 Comments

hanako says...""
こんにちは~

”いってらっしゃい”って、とても大切だと私も思っています。

呪文をかけているから、息子は無事に家に帰って来られるんだ!!とkotoriさんの記事を読んで、ミョォ~に納得してしまいました(笑

そんな母の想いは、きっと息子には伝わっていないんでしょうけれど、それでも、言わずにはいられませんよね。

明日からも、なるべく笑顔で、送り出したいと思います~
2012.10.17 12:36 | URL | #- [edit]
★hanako様 says...""
行ってらっしゃいという言葉といい、
痛いところに手を当てて治す「手当」といい、
母親って本当に魔法使いだと思います。
それもこれも、わが子を守りたい・治したい一心ですよねw


朝、お互いに気持ちよく出したいものです^^;
2012.10.17 16:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。