ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

マイコプラズマ肺炎にご注意を!!

0



昨日のヤフーニュースに
「マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども」
とありました。

⇒【マイコプラズマ肺炎が大流行 過去最高、8割は子ども】


なんでも現時点ですでに、大流行だった昨年の患者数を超えているそうな。


このマイコプラズマ肺炎、近年ではその変わった病名が認知されてきましたが、
数年前までは病院に行ってもお医者さんですら気づかなかったこともありました。



というのもタクが小学6年生の卒業間近の頃、
同級生の女の子のママが、
「風邪が長引いてるのよ・・・」
と言っていた時、実はそれがマイコプラズマ肺炎だったことが。


今から4年前なんて、そんな病名知りもしませんでしたし、
そのママも全くノーマークだったそうで。



なんでもお正月に遠くに住む親せきの女の子が感染していたらしく、
医者に行っても「風邪ですね」としか言われなかったのだとか。


いつまでも続く熱に、病院を転々として、
何件目かでやっと、
「もしかしたら・・・?」
と疑ったお医者さんが検査したところ、バッチリ反応したそう。


結局、その女の子は二ヵ月近く原因がわからないままだったとかで、
当然のごとく妹さんも検査してみたところ感染していたそうな。



どうやらマイコプラズマ肺炎の検査は料金の関係で、
先生も最初からは検査をしないそうで、それでわかるまで時間がかかりがちだったらしく、
女の子のママも
「卒業式に間に合ってよかったわぁ」
とホッと胸をなでおろしてましたっけ。


そのマイコプラズマ肺炎がひしひしと押し寄せているそうで・・・
ううむ、コワイ。


受験生を持つ親御さんは・・・って、うちじゃん!!




感染経路はインフルエンザと同じなので、うがい・手洗いで予防できるそうですが、
子供ってマスクが嫌いですよねぇ^^;


うちの次男も神経質さんだからマスクが濡れるのが大嫌いなので、
布のマスクを愛用しています。



毎年今くらいの季節になると、
「そろそろインフルエンザに気をつけないとなぁ」
と思いますが、インフルエンザよりも早い時期にこんなもんが流行すると、
これから半年近く気を付け続けなきゃならなくなりますやん!!


受験を控えた子供ばかりが心配ではありません。
年老いた親だって、年々体が弱っていくのだから、毎年インフルエンザや肺炎が心配・・・



なんだかいろんな心配を背負いこんだもんだわ・・・(苦笑



ということで、お子さんのしつこい熱や咳が続いたときは、
マイコプラズマ肺炎を疑ってくださいね!
心配な方は是非お医者さんに検査の相談を!!



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。