ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

こういう店員さんがいると何度も通いたくなる

10


私は常に、
「その分野のプロ」
がステキだなぁと思っています。



それは何も難しい資格のいるようなプロだけでなく、
自分がこれと思ってやっていることにおいてのプロ意識のこと。



先日、スーパーでこんなことがありました。



いつもなら日中に行けるのにその日は行けず、
夕方の忙しい時間に慌てて駆け込みました。


想像通り、仕事から帰った途中に寄る人も多いのでしょう、
スーパーの中はごったがえしていました。


メモしたものだけを素早くカゴに入れ、
レジに並ぼうとすると、これまた長蛇の列。


いくつかのレジの中から、いつも素早い対応の店員さんを見つけたので、
迷わずその方のレジに。


すると、あと3人で私の番・・・という時に、
一人の男性のお客さんがクレームを言い出し、完全にレジがストップしてしまいました。


よく聞いてみると、
どうやらお客さんがチラシを見て安売りになっていたのでカゴに入れたものが、
レジを通した時に値段が違っていたらしい。


まぁ当然といえば当然のクレームなのですが、
よく見てるなぁ^^;
私だったら全然気づかないよ、主婦なのに(反省)。


レジの方は
「大変失礼いたしました」
と言って、お客さんの言う値段に打ち直したのですが、
お客さんはお客さんでそれではちょっと気が済まなかったよう。

走って売り場に戻り、ナント値段のポップを取り外して持ってきた!


どうやら、ポップの値段はチラシ通りだったのに、
商品のバーコードがその値段に変更してなかった様子。



お客さんの立場からしたら当然のことだと思うし、
バーコードを代えていなかったのはお店のミス。


でも、やっぱりクレームってその場が凍るんですよね^^;

その時も、お客さんの言い方がきつかったわけでも何でもなかったのですが、
スーパー全体が忙しく動いている中で、
ピタッと静止したレジの異質さに、周りの人がみな気づき、
ほんの一瞬ですが、全てが止まったのでした。(あードキドキ)



無事そのお客さんのレジが済み、私の番に。
するとそのレジの店員さん、
「大変お待たせしてしまってすいませんでした。申し訳ありませんでしたね」
とひと声。


いえいえ、とんでもない。
全部見ていましたが、素晴らしい対応でしたね。


あくまでも心の中で言っただけですが^^;


そういえば以前も、たまたま雨の降る夕方に行った時にこのレジの方に
「雨の中来ていただいてありがとうございます」
と行ってもらいましたっけ。


昼間は見ない方なので、この時間帯に働いている人のよう。


こういう言葉って、
きっとこのレジの方がそう思って言っているだけなのだろうけど、
個人商店でも何でもないのだから、こちらとしてはちょっと嬉しい。


レジが済み、おつりのやり取りをしていると、
「いつも来ていただいてありがとうございます」
とまで言ってくれました。


このレジの方と2回くらいしか会っていないのに、
覚えていてくれているとは・・・感動。


こういう人に、プロだなぁと感じるのです。
スーパーのレジのプロ。接客のプロ。
カッコいいです、気持ちいいです。


私はこういうプロにはなれないので、
お客さんのプロに徹しようと思っています。


クレームは言いません。
心の中で思っているだけ。

その代り、そこにはもう二度と行かない(笑
お客のプロというよりは、むしろ一番イヤな客?


そのレジの方のおかげで、すがすがしい気持ちで買い物ができました。
こういうやりとりって、人と人が出会ってナンボなもの。

通販がこれだけ当たり前になり、
丁寧な包装や心温まる一言を添えて送ってきてくれても、
こういう 面と向かっての嬉しい一言とは比べものになりません。


こんな店員さんがいる限り、このスーパーは安心して通うことができます!
私もお行儀がいいお客さんに徹しますw



スポンサーリンク

10 Comments

かっちゅう says...""
>個人商店でも何でもないのだから、こちらとしてはちょっと嬉しい。

ほんとにそう思います!
自分が個人商店をやってみて、
組織に属していても、自分が経営しているかのように
お客様を大事にしている人、またはその逆が
すごくよくわかるようになりました。

昔、自分が会社勤めをしていたときは
電話応対で「お世話になります」っていうのを
意味もわからぬ呪文のように繰り返すだけで
気持ちなんてこめてなかったです・・・。
ほんとにアホな若い私・・・情けない。

今は心をこめずに言うことは皆無になりましたが。。。
もう一度きちんとやり直したいと思うことあります。
2012.11.12 19:35 | URL | #- [edit]
★かっちゅう様 says...""
これぞプロ!と思いますよね。
多分、貢献しているからと時給が上がるわけではないだろうし、
私のような微々たる売り上げだけど、この方のおかげということは上層部にはわからないことだし。
だから本当にこういう方を尊敬します。


私もね、会社員の頃は判で押したような言葉しか言わなかったけど、
今ならもっとちゃんとしたことが言えると思うのです。
いろいろなことを経験してきたオバチャンって、職場において力を発揮してくれると思うのよね。

オットの会社でも若い派遣社員がすぐやめてしまうそうで、
だったら私みたいな年齢の、子育ても一段落して、子供の熱やけがで急に休まなくて済むような
年代の人を雇ったらと何度も言っているのですが・・・

会社はこの年齢層をとらないのだそう。
即戦力なのにね。生活かかってるんだもん!
2012.11.14 10:46 | URL | #- [edit]
かっちゅう says...""
ほんとですね。
辛酸なめてきた世代のほうが、何倍も力を発揮できるはず!
そういえば、うちの近くのモスバーガーって、結構年齢層高いです。
いい会社だなと思いますw

2012.11.14 13:09 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.11.14 13:16 | | # [edit]
★かっちゅう様 says...""
あ!それ私も思いました!
モスバーガー、どうみても定年退職した年齢のお父さんが働いていることがありますよね?
私もそういうの、大好きです。
自分が何をすべきかよくわかってらっしゃるという感じがいいですよね。
思わずニコニコしちゃいますw

今の60代のお父さん方はみな元気なのだから、
高い時給を求めるよりも、社会に出ることを望んでいると思うのですよね。

だからスーパーのカート集めなんかだけではなく、
どんどん接客をしてもらいたいなぁと思いますw
2012.11.14 16:25 | URL | #- [edit]
★鍵コメ様 says...""
コメントを読んでいて、その方のイメージがもう最初から
「野田さん」
でした!!

知ってます?「野田ともうします」っていう漫画&ドラマw
知らなかったらぜひ見て欲しい!
そしてその方と似ているかどうか教えて(笑

私も心が洗われたくなったらそこに伺います^^
2012.11.14 16:27 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.11.14 18:37 | | # [edit]
★鍵コメ様 says...""
公家顔のヒロインだよ~んw
きっと好きなハズ^^
2012.11.15 10:13 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.11.15 13:27 | | # [edit]
★鍵コメ様 says...""
え~、違うのですね!
う~ん、なんか頭の中で野田さんが固定されてたから
想像がつかないなぁ。

イメージ的に、その人の周りの空気が冷たいような感じが^^;
その空気で汚れた心が洗浄されるのかしら。

プラズマクラスターのような方ですねw
2012.11.16 09:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。