ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

案外頼りになったりするのよね

2


私は粗忽者なので、
普段からあっちこっちにぶつかったり、けつまづいたりしています。


ありがたいことにこれまで大きなケガはありませんが、
小さなケガならしょっちゅう。



一番多いのが、肘をぶつけること。


ま、ケガとは言いませんが^^;



とにかくまぁ、肘をコツンコツンぶつけます。
リビングの椅子にコツン、キッチンカウンターの角にコツン。


ご存じのとおり、肘のある一か所をぶつけると、ジーンとしびれます。
その、ある一か所にまぁこれが、高確率で当たるのです。


コツン、ジーン、涙。
コツン、ジーン、涙。


こんなことばっかりやってます。


あと多いのが、
「アウト・イン・アウトのラインどりをしてぶつかる」
というパターン。


最短距離を通ろうとするものだから、
曲がり角で腕を思い切りぶつけます。

これもかなりの確率でぶつけてます。
結構痛くて、コツン・ジーンとはまた違う痛みにうめき声をあげるハメになるのです。




もっと注意深く生活すればいいものを、
これも性格ですね、治ることはありません。



で、先日のこと。
棚の高いところにしまってあるものを取り出そうとして、
横着して背伸びしながらとったところ、
手からつるりと滑って顔面直撃。


そんなに重いものではありませんが、
これまた運悪く角が目にあたり、
文字通り、「目から星が出た」ほど。


それから痛みよりもなによりも、衝撃。


不意に襲った激しい衝撃に、心も折られました。


声も出せずにうずくまり、自分のバカさ加減に涙。
そのあと、傷みによる涙がポロリ。



力なくリビングに向かい、テレビを見ていたタクに、
「痛い・・・上から・・・落ちた」
と泣きながら言うと、普段ならそんなことに一切の感情を揺さぶられないタクが、
事情を察したのか、
「あぁ・・痛いね。それは痛いよね。辛いよね。わかるよ」
と優しい一言。


私と同じように粗忽者のタク。
この人もよくまぁ小ケガをしてます。


だからこそわかる、この痛み・衝撃・みじめな気持ち。



これがさぁ、オットだったらなんていうかというと、
「病院行けば」
だもの。


そんなこと、百も承知だって。
目がおかしかったら眼科に行くし。
言われなくたってわかてるし。



だけどこういう時に欲しいのは心のケア。
優しい言葉なんだよなぁ。



ま、理系のオットには一生わからないだろうし、
もう求めてないけど。



よかった、タクが粗忽者で(え)。
痛みがわかってくれてよかった。



そして息子から優しい言葉をかけられてとても嬉しい(でれ~っw)。



タク、案外頼りになってくれたりなんかします。



スポンサーリンク

2 Comments

suzu says...""
男の子って 普段はそっけなかったりするけど 基本優しいと思います。

その点、女の子(うちの娘)なんて 普段は楽しくおしゃべりするけど いざとなるとそっけないっていうか・・・冷静っていうか・・・。

男の子ってかわいい(*´`) ですよね(は~と


2012.11.29 23:30 | URL | #- [edit]
★suzu様 says...""
suzuさん、お返事が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。


男の子と女の子の違い、面白いですね~w
うちは男の子しかいませんが、
私が女姉妹だったのでなんとな~くわかるようなw

小学6年生の息子だけでなく、
うっすらひげが生えた息子ですら
「可愛い❤」
と思えちゃうバカ親です・・・^^;
2012.12.04 10:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。