ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

高い壁を越えてくる人2013

4


そういえば元旦に初詣に行った時の事。




今年はオットの実家に帰らなかったので、
のんびりとしたお正月を過ごしていましたが、
いつもなら帰省先の有名な神社に初詣に行くのが恒例行事でした。



せっかく地元で過ごすお正月なので、
時折お参りしている神社に行ってみることに。



すると・・・ビックリ!!



いつも参拝客なんて一人もいないのに、
この日は参道にお参りをする人の長蛇の列が!!



うわ~、元旦ってこういう状態になってるのね^^;
なんだか・・・新鮮w



そんなことを楽しく話しながら列に並び、
そうたいした時間もかからずにお参りを済ませることができました。


お守りも買い、さて帰ろうかと思った時、
うしろから呼び止められました。


振り返ると、ゲンと幼稚園が一緒だった親子が。
小学校は違いますが、ママとはたまに街ですれ違ってあいさつをするという程度の距離感を保つ中。



幼稚園の時のママの印象は
「悪い人ではないな」
という感じ。


悪い人ではないのだけど・・・
遠慮がないというか、怖いもの知らずというか^^;



お参りをするために列に並んでいるその家族。
あいさつだけして通り過ぎようとしたところ・・・




「水谷さんっ! ゲンくん、〇〇中学は受験するんでしょ!?」




またまぁ、デカい声で^^;
こんなに大勢の人の前で^^;
そういうデリケートな話を、仲良くもないのに(怒



軽く呆れたので、
「どうかな~?」
と笑って通り過ぎましたが。




この人って以前、こんなことがありました。


幼稚園時代、私とこの人に共通のママ友がいたのですが、
そのママ友のだんなさんがオークションで買ったグッチのベルトを、
ママ友のサイズに合わないからコトリさんにあげると言われたことが。



いくらママ友とはいえ、そういうものをもらう筋合いはないし、
オークションで買ったのなら、今度は売ればいいじゃない? 安いものじゃないんだし、
と言って丁重にお返ししました。

が、その数日後、
そのベルトは先ほどの「悪い人ではない人」の腰に輝いていました。




「あげるよ」「うん、もらう!」
そういうのって私は苦手としているので慣れていません。
もともと他人との間に高い壁を築いているタイプだし。

もちろん、お互いが納得してやりとりしているのだから私が口をはさむことでもないですが。



くれるというのだから、値段がどうのと考えずに素直にもらう。
受験をするのかどうか知りたいから、人の前だろうがなんだろうが率直に聞く。



に・が・て♪



ちなみに私はその人が受験をするという情報を知っています。
しかも、周りに流されて
「一緒に受けようよ~」
と誘われ、まるでセールにでも行くように受験を決めたということも。



でも・・・言わないよね。
だって受験するっていうことは落ちることもあるんだもの。
そのことを考えたら、気軽に「受けるんでしょ?」なんて聞けません。




は~、それにしてもここ半年、
小学校に行けばすぐに
「ゲンちゃんは受験するんでしょ~?」
と聞いてくる人がなんて多かったことか。



一体聞いてどうするんだろ。
で、そういう人に限って、
「うちは公立の中学いいと思ってるの。無理に受験させたくないし」
と必ず言います。



だったらうちが受験しようがしまいが関係ないじゃ~ん。
ライバルになるわけでもないし。



いずれにせよ、私の中ではもう道筋が決まっているので、
あとは流れに沿って行くだけ。
こういう面倒な問答もしなくて済みます。


その時が今から待ち遠しい!



スポンサーリンク

4 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.01.07 22:41 | | # [edit]
haruurara says...""
明けましておめでとうございます!

ゲンくん応援してます☆

うちの長男は来月から塾も新四年ゼミ開始でお弁当もちですσ(^_^;)

四年から週3…

やらせすぎになるのかどうか悩みましたが、自力でする子ではないですし…
受験は親が敷いたレールです。
夫婦で地元の中学にいかせる気がない。
本人も地元の公立の中学生に良い印象がないので違う中学に行きたいなとは思ってるそうですが、まだまだ幼いですからね。
親のエゴもなきにしもあらずです。
ほぼエゴ(笑)

ゲン君は自主的なのでうちとは違いますね!

ヅケヅケ親しくないのにくる人は私もニガテ♪

人にたやすくものをもらうのも気が引けます…
其れ相応のお礼を考えるのが億劫なのでもらいたくない(笑)
2013.01.08 07:33 | URL | #- [edit]
★鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、ありがとうございます!
おかげでスッキリしましたよ~^^
私の「悪魔のしっぽ」、肯定してもらえたような気がして嬉しいw

いますよねぇ、他人の受験が気になって気になって気になって気になって、
仕方がない人って。
私の場合、何かと理由をつけて受験をしない言い訳をする人ばかりですが、
そういう人の言い分を聞いていると、なんだか受験させるこっちが悪い親のような気になってきます。

それにしても最後の部分、悲しいですねぇ。
やっぱり子供が絡むと変わってしまうのでしょうか?
2013.01.08 10:42 | URL | #- [edit]
★haruurara様 says...""
haruuraraさん、今年もよろしくお願いします♪

私は親が敷いたレールでいいと思っている派です。
その子にもよるでしょうが、まだまだ世の中のことがわかっていない子の場合、
ある程度親がレールを敷いてあげた方がいい場合もあると思うんです。

タクがまさにそれで、今の学校に入学できたことを誇りに思っているし、
それを見てきたゲンは自分なりに考えて決断する子になったし。

兄弟でもこれだけ違うのだから、親が見極めてあげればいいのかな~と思うんです。
エゴではなく、「親心」ってことでw


づけづけタイプ、苦手です・・・^^;
仲良くしている友達にはそういう人はいませんが、
距離を置いている人に限って踏み込んできますよね^^;
「立ち入り禁止」って書いてあるのになぁ(笑
2013.01.08 10:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。