ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

上を向いて歩こう

4

先日、心がブレブレの状態が続いたことがあり
(って、しょっちゅう言っている気がしますが^^;)
フト気を抜くと涙がこぼれる・・・という困った事態に。



一人でいる時ならまだしも、
だいたい、子供を心配させないように強がっている時に、
じっわ~と涙が浮かんでくるわけで。



いかんいかん、と慌てて二階に何かを取りに行くふりをしたり、
お風呂場の掃除なんかをしたりして、涙の波が治まるまで待つという、
そんなことの繰り返し。


私の場合、今までの経験上、
「泣く」
ということで心のもやもやを出すという傾向にあるのはわかっているので、
一度どかーーーんと泣かなきゃならないのはわかっているのですが・・・


なかなかね、一人でいる時に
「よーし、泣くぞっ!!」
と思ったところで泣けるほど女優じゃないし。


しかもこの泣きポイント、絶対に泣きたくないって時にやってくるから困ります。


この間も、スーパーで買い物をしている時に、
うっかりやってきました。
もうっ。



やばいやばいやばい・・・と慌てて店を出て車に向かったのですが、
なぜかふいに頭に浮かんだのが・・・
そう、タイトルにある通り、「上を向いて歩こう」。



もう、今まで何度となく聞いてきた歌だし、
正直、あまりに聞きすぎて、心に届くことなんてこれまでなかった歌。


この間も「梅ちゃん先生」の総集編で、
お父さんが歌う「上を向いて歩こう」に、家族みんなで合唱するシーンがありましたが、
へそ曲がりの私はそれを見て、
「へっ。今さら?」
と思っておりました(バチ当たりです、はい)。



それが・・・なぜか浮かんだこの歌詞。

上を向いて歩こう 涙がこぼれないように



この時に限ってなぜかスーッと胸の隙間に入ってきて、
単純ですが、
「あ、そうか。上を向いていれば涙がこぼれないんだ」
と思ったのでした。


まぁ、実際の詩の意味は、「前向きに生きていこう」的な意味合いだとは思うのですが、
歌詞のストレートさに、素直に感動しました。


心が弱っている時って、人は素直になれるんですねぇ(しみじみ)。



小出しのデトックスのおかげか、
徐々に回復しつつあり、楽しいことに目が行くようにもなったこの頃。



当たり前だと思っていたことが、奇跡に近いことなんだなぁと
感謝できるようにもなりました。



ま、いつまで続くかですが(笑




スポンサーリンク

4 Comments

naomama says...""
ええ~!!kotoriさんもですか?!
私も泣きたくなること結構あって、ヤバイと思っていたところだったので、
私の憧れのkotoriさまもそんなことがあるなんて~と少し心が軽くなりました。
なんなんでしょうかねぇ~(T_T)
ネガティブでどおしようもないのです。。。

そんな私の心のオアシスはこちらのブログです。
いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします!!
2013.01.25 12:46 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.01.26 12:44 | | # [edit]
★naomama様 says...""
ヘタレですよ~、私^^;
普段から弱みを見せまいとしている分、とってももろいです。
前からの風には強くても、横からの風で撃沈! みたいな^^;


子供たちの前では明るく、悩みなんて一つもないお母さんを演じているので、
それが崩れた時にはもう・・・ボロボロです。

でも、そんな子供たちも大きくなり、親の涙に考えさせられるものもあるようで・・・
たくましいなぁと思うこともしばしばです。


オアシスだなんて・・・嬉しいです!
心が揺れまくりな情けないオバチャンですが、
これからもよかったら仲良くしてください!!
2013.01.28 14:56 | URL | #- [edit]
★鍵コメ様 says...""
鍵コメさ~ん!!
そんな、謝るなんて!そんな~!!
何一つ気になさることなんてないですよ~!
その逆で、私は本当に勇気をもらえましたし、ありがたかったし、
心が温かくなったのですから・・・

私は弱い人間なので、
「もっとちゃんとしないと」的なダメ出しにかなり凹みます。
そりゃもう、どーーんと沈みます。

だから鍵コメさんのように共感していただけるのが私にとっての救いなんです。
みなさんからの優しい言葉で、少しずつ前に進めているんですよ。
本当に感謝しています。


こうしてコメントを書いていただけることがどんなに時間を取らせているかも十分わかっているつもりです。
そういうこともすべて含めて、感謝です。

これからもずっと見守ってください!
そしていつでも鍵コメさんの気持ちをかきこんでいただけると嬉しいですw
2013.01.28 15:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。