ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

それ、よくあるぅ~!!

2



先日の 「お弁当箱、洗わせてます?」の続編(?)。



タクが通う学校には、
幼稚園が一緒だった子が数人います。


中等部に入ってからのクラスメートはあまり知りませんが、
幼稚園の3年間一緒だった子たちに関しては、
「あの〇〇君が・・・」
と、親戚のおばちゃんの感覚で目を細めることも多し。


だからタクの口から幼稚園時代の同級生の話題がたま~に出てくるとつい、
「うんうん、それで?」
と、文字通り身を乗り出して聞いてしまいます。




ところで、先日のお弁当箱を洗わせているかどうかというブログを書いた矢先、
すっかり夕飯の片づけも終わり、その日はオットも飲み会で不在、
子供たちに食べさせた食器を片づければ、その日の家事は全て終了~!! という嬉しい日のこと。



なのにタク、夕食が終わってもお弁当箱を出しません。
これはいつも通り。


なのであえて知らんぷりを決め込みました。

オットもいない気楽な夜、こたつに入ってテレビを見ながら赤ワインを飲んでいると、
こそこそっとお弁当箱を台所に運ぶタクの姿が。


その姿を目の端でとらえた私、
怒らず・騒がず・穏やかに言いました。



「もう洗い物は全部終わったから、自分で洗ってね。洗わなかったら明日のお弁当は作らないからね」


自分でもビックリするほど柔らかい口調で言えました。
だからこそ、めずらしくタクの心に届いたようで^^;


いつもの怒り口調で言ったら絶対に言い返してきたでしょう。



とはいえ、その場ですぐ洗おうとしないのがタククオリティ。
多分、
「洗ったら負け」
くらいに思ってるハズ。


ただ文句は言わずに様子を伺っているのは感じました。
そしてヤツが打ってきた手が、やっと冒頭の話と繋がるわけです(長かった)。




「そういえばね、〇〇ちゃんがさ・・・」
とタク。


〇〇ちゃんとは、幼稚園が一緒だった子。
タクと〇〇ちゃんがどうのというよりも、私がその子のママと仲が良かったため、
つい、
「うんうん、〇〇ちゃんがどうかした?」
と、聞く姿勢もいつもよりも積極的になります。


するとすかさずタク、
「この先を聞きたければ、お弁当箱洗ってくれる?」





策士かっ。






この、ある分野においての非凡なる才能、
なんとかいかせないものなのか?



・・・と、感心している場合じゃないので、
さっくり切り捨てます。


「じゃぁ別にいいや」

無念そうなタク。
まぁ、本人もこの手で私が折れるとも思ってなかっただろうけど。


結局、私が起きている間には洗わず、
次の日、起きてきたらお弁当箱も水筒もきれいに洗ってありました。


珍しく早く起きてきたオットが、
「昨日タクは自分でお弁当箱洗っとったで。 『ボクはいい子だから~』とか言って」
なんて、我が子の成長に目を細めながら言うので、それは大きな誤解だと訂正しておきましたが。




さて初戦に敗れたタク、すぐに次の手を打ってきました。


最近、学校の楽しい話をあまりしてくれないタク。
私の気分も良かったので、別に特に聞きたいわけでもないけれど
「最近、どうよ~? 学校で何か面白い事あった?」
と聞いたところ・・・



「あぁっ!! すっごく面白い話があるんだよ~!! お母さんに話したかったんだ!」


おぉ。
そんな風に思ってくれてたのか。
お母さん冥利につきるではないか。


「へぇ~、なになに?」
「うーーーーん、言いたいなぁ・・・でもどうしようかなぁ・・・うーーーん・・・



続きはウェブで  」





もったいぶってます。
お弁当箱の事、えらく引きずってます。
笑えるほどに。




だからこう言いました。




「それ、よくあるぅ~」








しっかし、よっぽど悔しかったんでしょうね、お弁当箱を洗わされたことが。
だったら帰ってきてすぐに洗えばいいのに、それもできないくせにプライドばっかり高くて。



そのプライド、もっと違う方向に活かすことを希望。



スポンサーリンク

2 Comments

pooh says...""
読んでいてとってもほんわかしてしまいました。
いいなぁ♪
中2の娘にあまりにムカついて悲しみさえ覚えるとき?
「心が壊れるからやめろ」を時々読み返させて
もらっています。
今日のkotori*さんみたいに、ゆとりを持って子どもに
向き合える日が私にも訪れますように。
いつも素敵なお話をありがとうございます。
2013.02.04 18:51 | URL | #- [edit]
★pooh様 says...""
ありがとうございます^^;
タクを相手にしていると、体当たりするのは無駄だという事がわかったので、
スルリスルリくぐり抜けていくことにしています。
こう、体を斜めにしていく感じ!?

ゆとりは・・・あるのかないのか^^;
ゆとりというより、諦めが近いかも(苦笑

中2の頃は私も「まだなんとかなる!」と一生懸命だった気がします。
今は・・・「もう無駄」、みたいな^^;
2013.02.05 14:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。