ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

「私をスキーに連れてって」で大盛り上がり中

6

先週からずっと、一人で盛り上がってます♪
何に盛り上がってるって・・・
「私をスキーに連れてって」で、です。



私と同じ世代の方なら、見た方も多いですよねきっと。
スキーが好きじゃなくても楽しめる映画です。

かくいう私も、それまで過去のトラウマからかたくなにスキーを拒否していたのですが、
この映画を見てから、
「そうだ、スキーに行こう」
と憑りつかれたようにスキーに行きましたっけ。



当時はどのシーンもカッコよくて、
名シーンを真似したりしましたよね~^^



スキー場に行って凍ってる路面を触って、
「うん、凍ってるね」
と言ったり、
「女26、いろいろあるわ」
とか、言いませんでしたか? 


言ったよね? 言ったよね~!?



結局、いてもたってもいられずに映画を見直したのですが、
あれから25年経つともう突っ込みどころ満載です。

でもいい意味でのツッコミですよ。
本当に、愛おしい映画です。



三上博史さんは最近では「トトリ」でいい演技を見せてらっしゃいましたが、
この映画の時は文句なしに「いい男♪」ですね(うっとりw)


ただ、あの頃は気づきませんでしたが、
三上さん演じる「矢野」の女心のわかってなさ、女性の扱いの悪さにはビックリです。


そういう役どころだってことは差し引いても、正直ひどい男だなぁ^^;



まず、知世ちゃん演じる優に最初にかける言葉が
「内足のクセ、直した方がいい」
だもの^^;

知世ちゃんだけでなく、私だってドン引きです。


その後もやっと射止めた知世ちゃんに対しひどい仕打ちの連続。
あれ、優ちゃんだから我慢しただろうけど、普通通用しませんよ。



そしてツアーコースを一人で滑って行った知世ちゃんを追いかけ、
かけた言葉がコレ。



「内足のクセ、直せっていっただろ



ひど~い!
ひどいよ、矢野っ!!

どうして転んでる知世ちゃんにかける言葉がそれなんだ!?



知世ちゃん、いっそこんな男と別れた方がいいって。
オバチャンからのアドバイスだよ。




・・・とまぁいろいろありますが、
最後に万座に着くころには、異常なまでに矢野がこだわっていた
「知世ちゃんの内足のクセ」
が直っているというオチまでついて、チャンチャン♪みたいな^^;



どんなハウツービデオじゃっ。




ここまでいろいろとツッコんできましたが、
いやはや、本当に面白い映画でした♪(え)

本当に、嫌味や冗談ではなく、
なんというか、心から楽しくなってくる映画でした。


あの時はわからなかったけれど、
本当にいい時代でしたね。


バブルの恩恵にはちっともあずかりませんでしたが、
それでもあの時代の高揚感があふれる中、若い時代を過ごせたのは幸せだったなぁと。


ああぁっ、一緒にスキーに行ってた友達と見て盛り上がりたい~!!!



これはぜひ、同世代と一緒に大人数で見たいです。
女子会や何かでみんなで見ることをおススメしたい!!


見終わった後には必ず、
「♪自然は雪や太陽連れて~レビューを見せにくる~」
と鼻歌を歌ってること、間違いないですよ★



スポンサーリンク

6 Comments

ベス says...""
もう!早くいってよ!!kotoriさん!!

ここに居るわよ!”私をスキーに連れてって”好きが!!

スキーシーズン始まりは、アレ見てから、気分を盛り上げていたものよ!!

あの頃、女子は皆”白い”ウェアーだったわね。髪の毛もおろしてね。
ガビガビになるのに・・・
それに、白いウェアーはリフトのオイルとか落ちてくると最悪なのにね・・・

道が凍ってなくても『凍ってるね』と言い、
キャリアに、板の上にブーツつけたまま走っている車を何台も見かけたわ!
(雪や雨ふったらどうする気だったのかしら・・・)

スキー場では『とりあえず!!』が口癖!(ヒロ君もういないけど・・・)
”バーン!!”って何回”撃った”かしら・・・私って、”またぎ”?ってくらい・・・

皆で”むかで”やってるグループがあっちこっち・・・・ほとんどが失敗してたけど・・・。

もう、何度見ても楽しくて、ホントいい意味で突っ込みどころ満載!

今年、久しぶりに見たくなり、レンタルショップに行ったら、レンタル中だったの・・・
近年再来のスキーブームは、バブル、スキー時代が親になったからなんでしょ?借りていったのはキット、私達世代のはず!

そうなのそうなの、矢野君の”気の効かなさ”っぷりがね・・・、
”自分不器用ですから・・・by高倉健じゃないんだから・・・”不器用にもほどがあるでしょ!!

そうそう!!”内足ひきつけちゃうくせ”ね・・・。
知世ちゃん役のスキーヤー。下手そうに滑っているけど、基本上手い人がすべっているから、ヤッパリ、はしばしに”上手さ”垣間見れちゃうの!でも、そんなところはいくらでも目をつぶるわよ~。

そして・・・今になってあの2人の”お姉さま”本当にイイオンナよね~。
イイオンナっぷり再認識!!(一体なんのお仕事してるのか不思議だったけど・・・)
原田喜和子なんて、矢野くんの事、実は好きだったりしてるのにね~。

ウチの”ア〇”旦那は、若かりし頃、新人などの後輩が参加する飲み会の席で必ず、

『あの映画にオレ、スキーの吹き替えで出てるんだよね・・・観てみてエンドロールで名前でてるから・・・』
(セットで『俺のじいちゃんは、スウェーデン人、おれ、クウォーターなんだよね・・・』もあり。
 注:両親はバリバリの日本人!)

何度も聞かされてる私は、
『ア~、また始まったよ!!まじめにとって、レンタルビデオ(ビデオだったよね~)とか借りて観たりするのは、お金と時間と労力の無駄だからね。』

中には本気にして観ちゃう人いるからね(実は私。まだあの頃は初々しかったわ・・・。)

旦那ね、地元(東京だけど)のスキークラブに入っていて、”スキーが上手いらしい”って社内でも有名だったのよ。(指導員資格めざしてたしね)だから、チョイエキストラ位ならありそうな・・・、雰囲気だしてたの・・・。(あくまで雰囲気ね)勿論、”チョイ”でさえ無かったけどね。

kotoriさんも「私をスキーに連れてって」で大盛り上がりだなんて、
そのことで、私、大盛り上がりよ~!!
本当に一緒にみたいな~!!
タク部長、ゲン君も一緒にいかが?えっ?遠慮しておくって?







2013.02.25 11:01 | URL | #- [edit]
りん says...""
kotoriさん、物凄くお久しぶりにコメントさせていただきます。 なかなかブログを覗けなくて、ちょこちょこ覗きつつも コメントまで出来ず。 どんどん成長するタク君、ゲン君に 「おお・・」と感激したり。 

我が息子(中3)も、なんとか高校受験が終わり ただいま結果待ちという宙ぶらりん状態です。 落ち着かないけど、試験前に比べたら雲泥の差の気持ちですね。 息子も人生初の受験で 前日は超興奮状態(不安で)、大変でした。 合格発表も喉カラカラでしょうね。

2人ともヴァイオリン頑張ってますね。 タク君のメンコンには感動しました。 その後色々と葛藤があった様子ですが、素敵な先生との出会いで浄化された・・のかな。 マミコ先生、なんだかイイですね! 

娘も、まだヴァイオリン頑張っています。 明日、録音なんです。 遂にバッハの協奏曲まできました。 こんな曲弾けないっしょ!と毎回思うのですが、弾ける様になる子供には 本当に脱帽です。 「私はピアノをこんなに頑張ってなかったな」と恥ずかしくなります。 

kotoriさん同様、私もヴァイオリンが好き。 ヴァイオリンを弾いている娘も好き。親ばかだけど 娘の奏でる音も好き。 だから この音が家で聴けなくなるのは考えられないほどの月日が流れました。 
友人の息子はサッカーをずっとしていて、色々あるけど続けられるのは「私もサッカーが好きだから」と話していました。 野球少年の母もそうです。 子供の意思もあるけれど、そのバックに立つ親の「好き」という気持ちも かなり影響を及ぼすんだなと 感じる今日この頃です。 タク君ののびやかなヴァイオリンの音色が2年間続きますように。 ゲン君も頑張れ~。
2013.02.25 17:12 | URL | #- [edit]
★ベス様 says...""
ベスちゃん・・・
熱い気持ちは十分伝わったわ(笑
もうさ、むしろ一緒に見ようよって感じ?
多分ツッコむところそっくり同じだわよw

オットと一緒に見てて、スキー気分が盛り上がっちゃって、
とうとうスキーに行こうということに^^;

でもうち、車を変えちゃったからスタッドレスがないの。
そしたらオット、
「チェーンつけるからえぇよ」って。

チェーンつけるのは(私も手伝わなきゃならないから)嫌だけど、
このスキーで盛り上がった気持ちは収まらなくて、
春スキーにでも行こうかと計画中♪

もちろん、行く前には必ずもう一度映画を見ていきます~!!
2013.02.27 11:04 | URL | #- [edit]
★りん様 says...""
りんさん、お久しぶりです~^^
>ちょこちょこ覗きつつも コメントまで出来ず
いいんですよ~!
子供たちを見守っていただけているだけでも嬉しいです。ありがとうございますw

受験、終わりましたか。
結果待ちも辛い期間ですが、今さらどうすることもできないと思うと、
ある意味腹がくくれますよね。
桜が咲くのを、待ってますよ♪


マミコ先生、本当にいい先生に巡り合えました。
しかもうちから近いし^^;
年齢的にも、こういう大人って必要だな~と思います。
ありがたいです。

タクのバイオリンですが・・・
本人の中ではもうすっかり「線引き」ができてしまったみたいです。
私のかなり悪あがきしましたが、もう本人の気持ちが変わることはなさそうです。

悲しいしさみしいし、諦めがつかないですが、
あれからずいぶん時間が経ったので、私の中でもだんだん諦めがついてきました。
仕方ないかなぁって。

これからはゲンに頑張ってもらうしかないかな。
とりあえず、家の中にバイオリンが流れるというのは変わりなさそうです。

あぁ、でもさびしい・・・
2013.02.27 11:09 | URL | #- [edit]
ちえ says..."う~、それはそれは"
え~!!タク君バイオリンお休み期間突入するんですか!?

やはりお子様がバイオリンを習っているブロ友さんが
素敵なコンサートの動画を教えてくれました。

これ見て続ける気になりませんかね・・・
http://youtu.be/s8u8rZpsAVo

バイオリン教室で息子に一番年の近いお子さんは、
小2の女の子の双子ちゃんなのですが、

片方がきっちり楽譜通りに弾く子で、
もう一方は楽譜に囚われずに自由に弾く子なんです。

ゴセックのガボット位迄は几帳面な子の方が上手だと感じましたが、
3巻も半ば迄行くと、自分の表現を試みる自由な子の方が、
魅力的な音を出す事もある、と毎回レッスンを聞いているお母さんが言ってました。

双子ちゃんでさえ、それぞれのキャラで曲の感じが変わるのだから、
母の心境としては、やはり兄弟二人とも弾いて欲しいですよねぇ・・・

と、折角気持が落ち着いてきたのに蒸し返すようなコメントでごめんなさいm(_ _)m
2013.03.02 01:42 | URL | #- [edit]
★ちえ様 says...""
いや~ん!素敵なバイオリニストですね~!!
タクはどう思うかわからないですが、私がファンになりました^^;

こういうジャンル?もあるかもしれませんね・・・
こういう方向性でバイオリンを楽しんだらどうかな~
むしろタクにはあってると思うのだけど・・・


これまで発表会では、それぞれの曲の他に兄弟合奏などもあったので、
これからはそれがなくなると思うと・・・さみしいです・・・

どうなるのか全然わかりませんが、また何かあったら報告しますね。
2013.03.04 16:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。