ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

卒業

0



あ、最初に言っておきますが、
別にブログを卒業するわけじゃありません^^;



このブログでもおなじみ、ゲンちゃんが小学校を卒業したって話です。
特にこれといって書くような出来事もなかったのですが(え)、
一応ね、記録しておこうかと。



6年間、というより幼稚園からも含めて9年間、
本当にまぁ、手のかからない子でした。


トラブルもなく友達関係も良好。
幼稚園から小学校卒業まで、完璧な皆勤賞。
体が丈夫なのは本当にありがたいことです。


今年は担任の先生にも恵まれ、
ゲンがもともと持っていただろう才能も開花させていただき、
名誉ある役柄や、ありがたい賞まで、親として
「たくさんの良い思い」
をさせてもらいました。


私は、自分のこれまでも含め、
タク的な育ち方がベースになっていたので、
ゲンが褒められたり賞をもらったりするたびに、
嬉しいよりもこそばゆい気持ちになった方が多かったかな。


こんな良い思いを経験させてもらって感無量です。




この一年、さっきも書きましたが、
厳しく、そして理解と愛がある担任の先生に出会えたことで、
これまでの行事の中、何度涙腺がゆるんだことか^^;


もう夏の頃の行事でさえ、うるうるきてしまっていて、
「こりゃ卒業式は大変だ・・・」
と思っていたのですが・・・



自分でも我ながら薄情だなぁと思うのですが、
卒業が近づくにつれ、
小学校と別れることより、中学校での新生活が楽しみで楽しみで仕方なくなり。



タクの卒業式の時は一滴も流さなかった涙、
ゲンの卒業式においても、またしても流すことはありませんでした。



それより、タクの卒業式を想像しただけで涙がでてくるんですけど!?



それ、泣くとこ違ってるやろ~^^;




そんなゲンさんのちょっとした作品。

3Dピンアート(というのだそうな)

うん、素晴らしい構図!(バカ)



もうずいぶん前になりますが、
うちの母がゲンの誕生日か何かに買ったものだったと思います。


「3Dピンアート」というのだそうな。

板に無数のピンが刺さっていて、
裏側から押し当てると、立体的な3Dアートが浮き上がるというもの。



もう何度顔を押し当てられたことか^^;



不思議なことに、こんなものに浮かび上がった自分の顔にすら
年齢を感じるのだからたいしたもんです、このおもちゃ!?


もうゲンのお気に入りで、
日替わりでいろいろなものが浮き出ていて笑えるのですが、
この手(もちろんゲンの手)を見てハッとしました。


最初は構図の上手さに驚いたのですが、
少し後になって、
「構図ももちろんあるだろうけれど、手が入りきらなくなったんだ・・・」
と気づいた時には胸がきゅうっとなりました。


これまで、この3Dアートに浮かび上がっていたのは、
ゲンのぽってりした小さな手。

私に似て長い指のタクとは対照的に、
オット似の短い指^^;


ちなみにゲンの手、バイオリンのマミコ先生からは
「ゲン君の手はバイオリニスト向きよ~❤」
と褒められた 「ぽってり手」なのですが^^;



それがいつの間にか手が収まりきらなくなっていたとは・・・



変なところで成長を感じてしまいました。
いや、でも構図もいいけどね♪



さて、そんなゲンさん、来月からは新生活が待っています。
楽しみ~♪
中学生になっても、もっともっとゲンの持つ才能を開花させていってもらいたいな。


とにかく、ゲン、卒業おめでとう!!



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。