ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ゲンの知識の広さ

2



最近の私とゲンのブームは 「庭をどうにかしよう」という計画を立てること。


前にも書きましたが、ゲンはなぜか予定表に
「部屋の掃除」
「水槽の掃除」
と書くほど、掃除好き。


元々、机のまわりなど整理整頓出来る子ではありましたが、
小学校を卒業して暇していたころに、
「暇だから掃除機でもかけようかな・・・」
というのでお願いしたところ、掃除魂に火がついたそうな。


「掃除って楽しーっ!! 他に掃除るすところない?」



こんな言葉、わが子から聞く日がこようとは(泣
子供でも、やる子はやるのですねぇ。


最初は自分の部屋の掃除&改造から始まり、
だんだん興味が 「家」へと変化。


「お母さん、ここはこうしない?」とか
「カーペットは外して、これはこっちにあったほうがいいんじゃない?」
とか、あれこれ口出しをするように。


ゲンの提案はあくまでも理想論であって、現実にはやりたくてもできないことが多いです。
でも、
「そんな風になったら、リビングが居心地いいだろうね~」
「こうしたらもっと落ち着く場所になるね」
などと想像を膨らませるのは楽しい事。


ゲンは将来、美術関係か建築関係の仕事につきたいそうなので、
空間が気になるのかもしれません。



そんなゲンの興味は最近、我が家の庭にまで進出してきました。
これは私も嬉しいところ。
この何年も手つかずだった荒れ放題の庭、何とかしたいと思っていたのよね。


オットが家にいる時は
「今度の休みに芝を刈ってもらおう」とか
「木を抜くことをオットに相談してみよう」
と思っていましたが、仕事で忙しくてそんな暇はなかったり、抜かなくてもいいんじゃないかと言われたり。

なんだかんだ言ってストップがかかってしまい、結局先に進めずじまい。

でも今はストッパーのオットもいないし、頼るオットもいないので自分で考えてなんとかするしかありません。
これは案外私に向いていました。


オットがいないと思えば芝も自分で刈るし、伸びた木の枝をちょこちょこカットもできます。
これまでは依存していたので、「オットがやること」と思い込んでいたのですね。
人に頼むより、自分で思いつくままにやることがこんなに楽だなんて!



そして、庭造りは次の段階へ。
昔から雅姫さんのセンスのいい庭の大ファンだったのですが、
「見るもの」
として楽しんでいただけで、自分の家の庭をあぁしようなんて考えたこともありませんでした。


が、ここにきて、
「あんなに素敵な庭はできないけれど、テイストだけでも取り入れてやってみようか」
と思うように。


ただ、空間のデザインなんて私には無理。
庭は立体的にデザインしないと面白みがありません。
そして「立体的」は私が一番苦手なこと。


そんな気持ちを何気なくゲンに話したところ・・・
「良いね! 庭の改造! 庭に小道! フェンス!! ホームセンターに見に行こう!!」

ノリノリですやん。



そして、ゲンからこんな意外な情報も。

「この間ね、NHKの趣味の園芸みたいな番組を見てたの。 その庭がすっごくよかったんだけどなぁ!! なんていう庭だったかなぁ・・・
道があって区切ってあって、そこに植えてあるんだよ・・・う~ん思い出せない!! ボクは悪い子! ボクは悪い子!!」
そう言って行ってしまいました。



まずはどこから突っ込みましょうか。

「ボクは悪い子! ボクは悪い子!」は言わずと知れた、ハリーポッターのドビーのマネです。
ゲンは昔からドビーのマネが上手で、ドビーの最期の悲しいシーン、
「ハリー・・・・ボッ・・・・ター・・・・」 ガクッ
の演技の凄さったらなかったです。


そして次のツッコミですが、NHKの園芸番組、
どうしてそんなもん見てんだ??


いえ、私もこの手の番組は以前から好きでした。
独身の頃は、夜9時から見るのはNHKの料理番組だったし、
そのまま続けて園芸番組を見たり手芸番組を見たりするのが好きでした。


結婚してからはすっかり見られなくなりましたが、そんなDNAがゲンにも受け継がれたのでしょうか・・・?
ゲン、12歳じゃなくて本当は47歳くらいなんじゃないの?


その後しばらく経って、パソコンの前に座ったところ、画面には私が見た覚えのないものが。
検索窓には 「ポタジェガーデン 画像」と入力されていました。


するとそこにゲンがやってきて、
「あ、これこれ。やっと思い出した。 ポタジェガーデンだった。 画像も出しといた」

何この 3分クッキングみたいな手際の良さ。



そしてポタジェガーデンなるもの、初めて見ました。

ポタジェとは
ポタジェ(potager)またはジャルダン・ポタジェ(jardin potager)とは、家庭菜園を意味するフランス語であり、果樹、野菜、ハーブ、草花などを混植した実用と鑑賞の両目的を兼ね備えた庭である。


ナルホド。
確かに最近テレビを見ていると、ポタジェガーデンを備えたレストランとかやっていますね。
それね。


ゲンが見た番組は 「趣味の園芸 やさいの時間」の中の
「始めてみよう!ポタジェ」
だったよう。 テキストも出ていました。




う~ん、私は野菜は作りたくないのだけど、小さな草花を植えたいのよね。
雑草? いやいや、草花よ、的な。


とりあえず、何はなくとも庭に小道よね!
と、小道の作り方・レンガの敷き方などを調べてみましたが、5分で諦めました。
無理。絶対無理。 水平をとるとか、そういう作業は私には向いてないし(涙


まぁ、急いで作る必要もナシ、のんびりやっていこうと思います。
それに我が家には 「マメ男」「手先が器用」なゲンがいるしね。
いざとなったら水平器を持ちだしてくるでしょう。

なぜうちに水平器があるのかはナゾですが。



スポンサーリンク

2 Comments

ミー says...""
いいな~、47歳のゲンさん。
ウチにはゲンさんと同じ歳の7歳くらいの息子がいますよ…。いいな〜、いいな〜。我が家の長男くん、まだ仮面ライダーに没頭。ここまできたらただのオタクだよって教えてあげたんだけどな…。
そんな息子ですが、いつか花咲く日を待ち続けています(泣)。
2013.06.27 10:14 | URL | #- [edit]
★ミー様 says...""
ミーさん、よかったじゃないですか、まだ 「7歳くらいの息子」で。
「7歳くらいの47歳のオット」じゃ目も当てられないですからね!(笑
それにうちは 「ゲンと双子の兄」がいますから^^;

待ちましょう、花咲く日まで!!
2013.06.27 10:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。