ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

5年目にして初めて

0


昨日ゲンと話していると、こんな話題が。
「そういえば今日ね、体育祭のTシャツの採寸をしたんだよ」


体育祭。
あれだけ小学校の運動会が嫌いだった私ですが、毎年楽しみにしているのがタク達の学校の体育祭。


なぜ楽しみにしているかといえば、
まず第一に お弁当を作らなくて済むから。


いえ、お弁当は作るのです。 これは小学校と同じ。
ただ、小学校のように観覧席に戻ってきて食べるのではなく、それぞれのテントの下で個人個人で食べるのです。
要するに普段のお弁当と同じ。

よく都会の小学校なのでも お弁当は教室で個々で食べるそうですが、田舎の運動会はそうではありません。
じいちゃん・ばあちゃん、果ては親戚まで引き連れてやってくるのがこちらの運動会の通常。

私は父も母も呼びません。
母などは、私が子供の頃から運動会に来るのを嫌がっていたのだから、孫の運動会にくるわけがなし。
あえて運動会のことも毎年伝えていません。

だから、よそのお宅に比べればお弁当作りは楽。
たくさん見に来るお宅は、そりゃもうお弁当作りで一苦労なんだそう。
朝も早いしね、大変です。


ただ、うちのようにちんまりと家族だけでお弁当を食べるにしても、まわりにはギャラリーがいっぱい。
お弁当を広げていると必ず見られます。

見栄っ張りの私は仕方なくそこで「ない袖」を振ることになるので、運動会でドッと疲れてしまうわけです。


それが体育祭ではそんなこともなく、しかも親の「陣地取り」もなく、あらかじめテントと椅子が用意され!!
日傘をさしてドリンクを持って、気軽~に出かけられるのがもう・・・なんとも幸せ(*^.^*)


そして第二に迫力。
中等部はあれですが、もう高等部ともなると 「漢」です。
走ると ドドドドドドッと地響きがするほど。 ものっすごい迫力。

自分のうちの子供はまるっきり関係していませんが。これを見るのも毎年楽しみ。

そして第三に 「自由」なこと。

小学校の運動会は、終わったら片づけの手伝いをし、人がごった返す中子供たちが学活を終えるまで埃っぽい外で待たなければならず。
でも体育祭はいつ行っても自由・いつ帰っても自由!


・・・というか、行かない親がほとんど^^;


ですよね~。普通行かないか^^;
私もテントと椅子がなかったらいかないし(笑



毎年ゲンと二人で見に行っていたのですが、広い敷地でゲンは楽しそうに遊んでいるし、
楽しい行事の一つだったのです。

そんな楽しい行事も今年からゲンは参加する方に。
観覧席で見るのは私だけで寂しい~。



・・・と、そんな夏の終わりの体育祭ですが、もう準備を始めていたのですね~。
初めて聞きました、5年目にして^^;



なんでも、体育祭の準備委員会を立ち上げたり、先ほども書いたとおり採寸をしたりと、
一気に体育会ムード・・・・とまではまだいきませんが、徐々に向いてきている様子。




こういう話しってタクの口から出てくることがまずないです。
私がそんなことを言ったなら
「聞かれないから。 聞かれたら答えるのに」
と言うでしょうね。


でもこういうことって 私が思いついて質問する話題でもないし、
なにげなく、日常の会話の中にサラリと出てくる類のもの。


そりゃ絶対に知らなきゃいけないことではないけれど、
やっぱり知ってたら楽しいし、会話のキャッチボールを楽しめますよね。


あぁ、やっぱりゲンが同じ学校でよかった。
これからも頼りにしてます、ゲン。



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。