ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

急激な喉の痛みにはアズレン配合の喉スプレー

0


梅雨が明けてからの、あの地獄のような暑さ。
今思い出してもゾッとします。

エアコンはほぼ一日つけっぱなし、体調の事を考えると電気代のことなど言ってられません。
幸い私は 「冷えとり健康法」をやっているので、今も靴下は8枚、レギンスは1枚履いているので、クーラーで体が冷えすぎることはありませんが。





ところが一転、あの暑さはどこへやら、ここのところずいぶん過ごしやすい天気になりました。
夜などは涼しいを通り越して「寒い!」と感じる風が入ってきて、
この時期にしてはめずらしく、窓を閉めて寝ることも多くなり。

いや~、涼しいのはいいのだけど、どうしちゃったのでしょうこの天候。


そして不思議なことに、クーラーをつけなくなったにもかかわらず、ある朝急に、起きたら喉が痛くなっていました。
そしてそしてこれまた不思議なのですが、私だけでなく タクもゲンも同じように喉が痛くなっていたのでした・・・


「アナタの風邪はどこから?」
と綾瀬はるかさんに聞かれれば、
「喉から!!」
と即答できるほど、喉に顕著に症状が出る私。
綾瀬さんからも
「それなら」
と銀のベンザを渡されることでしょう。


で、私の喉をそっくり受け継いだタクも 風邪は喉からの人。
ごめんよ、タク。


喉がヒリヒリと痛くなって、どんどん熱も出てくる・・・というお決まりのパターン。
どんなにうがいをしようと、喉が痛くなった時点でアウト。
喉が痛くならないような生活をしないと、熱は避けられないのです。


がしかし、以前にも書きましたが、
「喉の痛みに アザレン入りの喉スプレーが効く」
と知って以来、 「喉の痛み」⇒「発熱」に移行することがまずなくなりました。

これは・・・私にとってはすごい事なのですよ、奥さん。

喉が痛くなって、それがそのまま自然消滅することなんて、これまで一度もありませんでした。
喉が痛くなると
「いつ熱が出てくるか?」
が次のステップになるわけで、痛みが和らいで治っていた・・・なんてありえなかったのです。

嫌なステップです。


それまでも いわゆる「喉スプレー」の類は使ったことがありましたが、
どれもうがい薬と同じ程度。
使わないよりは使った方がいいのだろうけれど、使ったからといって治るわけじゃない、というものでした。


ところが、です。
同じ喉スプレーでも「アザレン」という成分が入った喉スプレーは、効き目が違います。
どれだけ効き目が違うって、アザレン入りの喉スプレーをシュッシュしていれば、
喉の痛みがどんどん消えていって、発熱に至ることがないのです!!!

いや~、これを知った時は本当に感動しました。
これさえあれば、もう熱が出ることもない!?

・・・とまでは言いませんが、でも何かの時に本当に役に立つのは確か。


で、今回の喉の痛みも相当ヤバいレベルだったので、アズレンちゃんをシュッシュしようと薬箱をゴソゴソ。
がしかし、ない。 なぜか、ない!!

タクが使ったのだろうと思って聞いてみても
「ボクも喉が痛いから探してるけど見つからない」
と。


むむむっ。


でもないと困るし事態は急を要するのでドラッグストアにGO。
無事にシュッシュできました。



ちなみに見つからなかったのはこれ。


いろいろアズレン入りの喉スプレーは出ていますが、この浅田飴のものや明治のものを購入します。
が、これまでさまざまなメーカーのスプレーを使ってきましたが、どれも私には効き目がありました。


そして今回も、喉の痛みを救ってくれたアズレンスプレー。
もうなくてはならないものでがす。(夏ばっぱ風)


で、結局見つからなかったスプレーは、私のベッドの脇にありました、てへっ。
でもリビング・寝室にあると気づいた時にシュッシュできるので便利だからよしということで。


私のような熱の移行タイプの方にはとってもおすすめです。
なんでも、少し前の暑さで、エアコンをドライにしている人が多いためか、喉の痛みを訴えている方が多いのだとか。
エアコンはドライではなく冷房に設定した方がいいと聞き、うちもその場で設定を変えました。


夏休みは子供たちの行事もたくさんあって、風邪をひかせている場合ではないし、私が風邪をひいている暇もありません。
喉の痛みで「ヤバイ~!!」と思った時は、是非アズレン入りスプレーを思い出してくださいね!



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。