ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

論破してやろう ではなく

6

最近のタクに対して感じることがあります。
それは
「相手を論破してやろう」
と鼻息荒く話の本筋から逸脱していくこと。




衰える一方の私と、脳の活性化は活発な若人。
私がちょっとでも言い間違えたりしようものなら、ここぞとばかりに揚げ足をとってきます。


ちょっと考えれば、揚げ足を取らなければならないほど、自分の立場が悪いという事くらいわかりそうなものなのに、
まるで鬼の首をとったかのような態度。


生活の乱れ・成績の乱れを注意する親として当然の事を言っているまでなのに、
「その言い方が気にくわない」
「もう少し言い方を変えてよ(そうすればこっちも態度を改めてやると言わんばかり)」
と要求ばかり。


こういう不毛な言い争いにもう疲れてこちらが黙っていると
「ホラ、お母さんはもう言い返せないんでしょ」
と、さも自分は間違ってないのだと思っているようにさらに自信を深めていくのだからたちが悪いです。


オットが単身赴任してからというもの、さらにひどくなりました。
オットだけが唯一、タクを敵視している人間だったのに、もう怖いものなし。

その「敵」から私はずっとタクを守り続けてきたのに。


オットの不在がタクにとって良かったのか悪かったのか。
これは今すぐにではなく、のちのち振り返ってみてわかることでしょうが。




先日のテレビの選挙特番で、
「テレ東・池上彰の選挙特番視聴率10%超え 民放特番で圧勝」
というニュースがありました。


私も池上さんの解説はわかりやすくて好きです。
やっているとついつい見てしまいます。

この間の番組中でも、見ていてこちらがヒヤリとする場面が多々ありました。
そこまで言っちゃって大丈夫?
と思う事も。


それでも池上さんの番組の人気は数字に表れているし、
深いところまで遠慮なく切りこんでくれるのに、不思議と池上さんに嫌悪感はいだきません。
(もちろん、切りこまれた側は嫌悪感でいっぱいでしょうが)


あの石原元都知事をも
「暴走老人」
と言ってのけ怒りを買うも、相手が池上さんとわかった途端、
「なんだ~」
とばかりに あの石原さんが笑顔を見せたのは記憶に新しいところです。

石原さんをもってしても池上さんが怖いのかどうかはわかりませんが、
それだけその業界の力を持っていることは確かなようです。


そして、先ほどの視聴率のニュースのコメントを読んでいて、「あぁ、ナルホド」と思わず納得したものがありました。

この人の「論破してやろう」じゃなく、「納得できないこと(政治を知らない立候補者、七光りのみの二世議員)を、オブラートにつつまずそのままぶつけてみよう」という姿勢が好き。


そう、そうなんです。
なにがなんでも司会者という立場を利用して相手をやりこめてやろう、論破してやろうというのが感じないからこそ、
池上さんの番組は見ていて面白いのではないでしょうか。

そして、そんなことは池上さんレベルならわかっているはずなのに、
視聴者の素朴な疑問を、さも自分がそう思ったかのように切り込んでくれる小気味よさ。
これが池上さんの魅力だと思うのです。



論破してやろう ではなく、
純粋に知りたいから だから見ている側に伝わる。


親を論破してやろう
もしかしたらタクは
「それだけ自分は大人になったんだよ。だからそろそろ認めてくれてもいいじゃない」
そういう気持ちが裏にあるのかもしれません。


でもだとしたら間違ってます。
私はとうにタクを認めています。
そしていいところも悪いところも分かっている親だからこそ言えることをあえて切り込んで行っているだけ。

傷口に踏み込まれて痛いのはわかるけど、
そこをガードした上、こちらを攻撃されては何も先に進めません。

こちらはただ、大切な息子がよりよく育って行ってほしいだけなのですから。


純粋にそう思っているだけなのです。
何もタクと小難しい精神論などぶつけ合いたくないのに。


でも今のタクに何を言っても無駄なのでしょうね。
きっと何を言っても届かない。

それにはまず、私が変わる必要があるのでしょう。
どう変わればいいのか?
まだわかりません。

悩んで悩んで悩んで、親になっていきます。
成長させてもらいます、タクに。



スポンサーリンク

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.07.29 16:35 | | # [edit]
★鍵コメ様 says...""
今はアツくなっているから何も見えない・聞こえない状態なのでしょうが、
どう考えてもあとになって後悔するのは見えていると思います。
親としてこれまでの経験からそれはよーくわかりますよね。

私だったら・・・どうするかなぁ。
泣いてわめいて暴れて(苦笑)、諦めて落ち込んで、
でも再びやる気を取り戻して阻止して。
これを繰り返すかなぁ。

でも今思いました、諦めちゃダメだって。
子供の人生かもしれませんが、子供の人生であって子供の人生ではないと思います。
だってまだ親の手が必要なわけですから・・・

だから鍵コメさんも諦めず、何度でも立ちあがって下さいね!
2013.07.30 15:59 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.07.30 22:25 | | # [edit]
★鍵コメ様 says...""
気持ちって波がありますよね。
頑張ろう!と思える日もあれば、もうどうにでもなればいいと投げやりになる日もあり。
更年期やらなにやら、女性はいろいろ追い打ちをかけるような体調の変化もあります。

そのたびに心が折れる自分をダメ人間だと落ち込んでいたのですが、
親だって人間。
元気な時もそうじゃない時もあります。
そこを親だからって我慢する必要もないのかなぁと思うようになりました。

先日もオットが不在になり、この家で一番偉いのは自分だとでもいうような振る舞いをする長男に、
「この家は私の家だから。お父さんが不在で、私が守ってるのだから、私の好きなようにさせてもらう。
ビデオだって、やることやらない・いう事聞かないのなら容赦なく消去させてもらうから。
文句は言わせない、私の家だから私がこの家の法律なの。」
と言い切りました^^;

かなり強引ですが、それが嫌ならさっさと出ていけばいいだけの事。
むしろこの理不尽さを腹にためて、悔しさをバネにして勉強して希望の大学に入学して晴れ晴れと家を出ていけ!と。

納得いかなそうな顔してましたけどね^^;
これくらい言っちゃってもいいよな~と思ったのでした。
2013.07.31 14:34 | URL | #- [edit]
ちえ says..."老婆心ながら・・・(自分と重ね合わせて差し出がましいとは思いつつ…)"
お母さん、頼られてますねぇ・・・
というのが最初の感想です。

あ、その前の第一印象は
 おつかれさまです・・・ です;

kotoriさんは、そんなに責められてもお母さんを頑張ってて凄いです。
私だったら投げ出してます。(きっぱり!)


さて、ここからタク君の気持ちの代弁をば失礼します。

ふぅむ、タク君苛立ってますねぇ。
 青春ですねぇ・・・
   おちこんでますねぇ↓↓↓


本人も、このままじゃまずい、って分かってるんですよ。
うん、これはすごい成長だ!!
少々客観的に見る事が出来てるんですもの。

でも、ここで、大人(誰か)に手助けして貰うのはズルイ、と
頭の片隅から囁く悪魔がいるんですよ!(笑)

ここ、傍から見ると嘘でしょ!と思うでしょうけど、
本人にとってはガチですから!!

本当に必死なんですよ。
自分で自分を鎖でぐるぐるにしちゃうんです。
真面目なだけに、本気で(T T)

でも、頼れる大人(担任の先生とか塾の先生)の力を借りて
解けない問題が分かるようになるのは、ズルじゃありません、
正当な努力です。
そこを大人なkotoriさんが、さらっと諭してみるのは如何でしょうか?

最後に入試の問題を解くのはタク君なんです。
そこで解けるのが実力なんです。
そこまでの課程で誰の力を借りようと、それはズルでもなんでもなく、
全て自分の努力の一つなのです。

若者は自力で解決するのを美学と勘違いしがちですが、
速く正確に美しく解けるものが制するのが受験です。
結果とはそういうものです。

味方を替えるだけで、人生変わるかも!?
ここからが身近な大人(kotoriさん)の出番なのではないでしょうか?

美学より実学を取りましょうよ。
♪大人の階段のーぼる~♪

タク君にとって実り多い夏休みになりますように(祈)
2013.07.31 22:07 | URL | #- [edit]
★ちえ様 says...""
ちえさん、いつもありがとうございます❤

苛立ってますよね、タクさん^^;
それはわかるのですが、私も大人子供(笑
ついついガチで相手しちゃうんですよね・・・

>本人も、このままじゃまずい、って分かってるんですよ
ここ、すごくわかります。
あんなヤツですが、高い学費を払ってもらって私立に通わせてもらってることを
ちゃんと感謝しています、心の奥の奥の奥の奥の方で。
あまりに奥過ぎて表面に表れてきませんが^^;

だからこそ、ヤバイヤバイヤバイと思っているのだと思います。
あがいてジタバタして、悩んでいるのはよ~くわかるんです。
ただ・・・いかんせん暑いので^^;
お互いにイライラしちゃうのかも?

私の気持ちもアップダウンがあって、
「もう勝手にしろ!」と思う日もあれば
「いやいやいや、私が見捨てちゃいかん」
と思う日もあり。

でも結局は後者が勝って、全面協力体制になるんです。
親ってアホですねぇ^^;

だけどアホのまま突っ走って、親があがく姿を子に見せようと思います。
親も本気なんだぞ、と。
応援してんだぞ、と。

今後の作戦もいくつか考えましたから、またブログにて報告します★

ちえさん、いつもいつもありがとう!!
2013.08.01 16:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。