ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

2013夏の旅① 鞍馬山~貴船神社

0

毎年楽しみにしている夏の帰省。
子供たちが小さい時は、大阪や神戸の繁華街を楽しんだり、奈良・京都の有名どころを楽しんで来ました。


でもここ数年は、何日かオットの実家に滞在してから、そこを拠点にして足を延ばせる観光地巡りをするように。
このおかげで子供たちは、まわりの友達が行ったことのないような場所を経験することができるようになりました。


ま、それを子供たちは特に喜んではいないのですが^^;
一番楽しんでいるのはオットと私でしょうか。


オットは、昔子供の頃に親や学校の遠足で行った場所を懐かしんだり、
私はこれまで遠くて無理と思っていた場所に行けるようになったし。


とはいえ、毎年夏にあちこち行っていたおかげで、
なかなかこれといった場所もなくなってきたのも事実。


今年はどうしようか・・・と考えていた時にオットが
「高野山はどう? 熊野古道とかは?」
と提案。


最近、私のブームが 「パワースポット巡り」だったので、思わず
「鞍馬山も追加で♪」


ということで、今回の旅は 
「パワースポットを巡る旅」
になりました。


日々はさらさらと流れていき、楽しかった旅の思い出もどんどん薄れていくので、
老後の楽しみとして記録しておきます。

少々長くなりますが、お付き合いいただけると嬉しいです。



さて、まずはオットの実家からツルッと行ける京都へ。
京都へは結婚してから何度も行く機会があるので、電車も迷うことはないのですが・・・


乗り換えの駅で
「6分後の特急に乗るからね。 まだ時間があるからトイレに行ってくる」
と言い残して去っていったオット。

残された私と子供たち、楽しく話していると電車が到着。
目の前にスーッと止まって、ドアがサーッと開いたので、すぐにオットも来るだろうと 深く考えずに乗り込みました。


クーラーの効いた涼しい車内で冷静になった頭に飛び込んできたアナウンス。
「この電車は各駅停車です」


ん? あれ?
さっきオットは 「特急」って言ってたはず。

フト時計を見ると、まだオットが言っていた時間になってない!


「まずい! 電車を間違えた!! 降りるよ!!」
と行ったけれど時すでに遅し。
ガタタンゴトトンと発車してしまいました・・・


どどどうしよう~! オットとはぐれた~!!
一瞬パニックになるも、車内が涼しいおかげで(笑)珍しく頭が働き、次の特急が止まる駅で下車。
オットからは
「大冒険やったな」
とニヤニヤされました・・・


そんな大冒険(ニヤニヤ)もありましたが、無事に鞍馬山に到着。
天狗さんが迎えてくれます。
2013夏の旅 鞍馬山~貴船神社


うだるような暑さでしたが、なぜか心の奥がシンとしているというか、
蝉の鳴き声だけが響くだけで、静寂が不思議な感じでした。


鞍馬山といって思い出されるのは牛若丸が普通なのでしょうか。
でも私にとっての鞍馬山は「聖地」。
それは 「レイキの発祥の地」とされているから。

一応レイキヒーラーなので、ぜひとも一度、鞍馬山に行く機会があれば・・・と狙っていたのでした。
連れてきてくれたオットに感謝です。


だから私には鞍馬山がとても特別な存在。
いたるところにパワーを感じる(ような)気がしました。


鞍馬寺の仁王門をくぐり
20130820_2.jpg


狛犬とご対面。
ん? 犬? トラ?
20130820_1.jpg


そう、この狛犬はトラなのだそうですよ。


20130820_3.jpg

坂道を登った先にはケーブルカー乗り場。
パワーが溢れる鞍馬山、ぜひとも歩いてパワーを感じてみたかったのですが、
オットと私だけならまだしも、子供たちが一緒ではそれも無理。
いきなりケーブルカーでの登山です^^;


ケーブルカーを降り、しばらく歩くと 鞍馬寺 本殿金堂に到着。
20130820_4.jpg


源義経(牛若丸)が幼少の頃を過ごした寺として、一般的には知られていますが、
パワースポットの一つで、天のエネルギーが降臨するといわれている鞍馬寺正殿前の「六芒星」。
この中心に立つと、エネルギーを感じることができるそうです。
20130820_7.jpg



この後は貴船に抜ける予定だったので、僧正ガ谷不動堂や奥の院・魔王殿をひたすら歩きました。
暑くてハードな山道で、気づけば写真は一枚もナシ^^;
どんだけ疲れていたのでしょう・・・
未だに足は筋肉痛が抜けないんですけど!!


やっと貴船に到着したと思ったら、貴船神社 本宮に向かう道がまた階段( ‘ jjj ’ )/ じぇじぇじぇ~・・・
20130820_5.jpg

でも緑が美しい!
朱色がキレイ!
そして知らない人がたくさん写ってる(笑


貴船神社もすごい人でした~^^;
20130820_6.jpg


関東に住む者にとって、貴船神社ってあまり馴染みがないと思うのですが
オット曰く
「京の奥座敷や」
だそうで。


出かける前に義母から、
「叡山電車に乗る前に、市内のコンビニかどこかでお昼を買うんやで。 上(貴船神社)行ったらえらい値段のものしかないから」
と言われていました。


そうなのね~と思いつつも、なんだかんだで結局手ぶらで上がってしまい、
「ちょっと高くてもせっかくきた記念と思って貴船神社の付近でお蕎麦でも食べればいっか」
と軽い気持ちでいました。


鞍馬寺から貴船に下りてきて、川を渡る時にチラリと見えた、なにやら風流な食事処。
京都の夏といえば 「納涼床」が思い浮かびますが、まさにそれ。
ここでお昼を食べながら生ビールでも飲んだら美味しそうだなぁ・・・

そう思ってお品書きを覗いてみてビックリ。
お義母さんの言うとおり、めちゃくちゃ高い・・・!!

驚いてオットに言うと
「そうやで。 ここは川床っていって有名なんや」
とのこと。


ナルホド、お義母さんが言ってた「高い」っていうのは、観光地価格っていうことではなく、
川床料理が高い、ってことだったのね・・・^^;


山奥の狭い道に、車とバスと人がわんさか。
私は絶対ここで運転したくない・・・とドキドキしながら車がすれ違うのを見ていました。


そこからトコトコと貴船口駅まで歩き、満員電車に乗って戻りました。
汗びっしょり、クーラーも人の多さに利きが弱く、久しぶりに電車で酔いました・・・うぅっ。


自宅に戻ってきてから貴船の川床料理を調べてみましたが、
観光地価格というわけではなく、味もちゃんと美味しいそうですね。
一度行ってみたいなぁ。

でもでも、あの人の多さ、暑い車内、また川床の季節に行くことがあるかどうか、ビミョ~^^;


2013夏の旅はまだまだ続きます。
続きはまた明日♪



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。