ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

2013夏の旅④ 熊野本宮大社~伊勢神宮~伊豆

10



長々付き合っていただいた、2013夏の旅も今日でラストです。
もう少しの間ご辛抱ください^^;


この日は朝から走って走って走り続けます。
旅館は素泊まりだったので、コンビニでおにぎりを買い、6時半に出発。
ハードな旅の、始まり始まり。


まずは朝の清々しい空気の中、熊野本宮大社へ。
2013夏の旅④ 熊野本宮大社~伊勢神宮~伊豆


まだ朝の早い時間だったため、一歩参道に足を踏み入れたとたん、スーッと涼しくなるほど。
20130823_1.jpg


今回あちこちに行ってみて再確認したのですが、
日本は 「直線の美」 だなぁと。


杉が真っ直ぐ立っていて、階段の石が真っ直ぐ切られていて。
こういうところが、背筋が伸びる思いがするところ。


オットはポツリと
「日本って、キレイやなぁ・・・」
と改めて感動していました。
それを聞いて私も嬉しくなりました。


神門をくぐり
20130823_2.jpg


社殿を見ると・・・そこは白い幕で囲まれたいました。


あぁ、ナント・・・葺き替え工事中?でした・・・ガックリ。
オットと二人、シュンとしましたが、ここまで導いてくれたお礼をして(心の中で)、早々に熊野本宮大社をあとにしました。




さて、次に向かうのはこの旅の最大の山場・伊勢神宮。
伊勢神宮は数年前に訪れたのと、独身の時に来たことがあるのでこれで三回目。

人生で三回もお伊勢参りができるなんて、きっと幸せなことなのでしょうね。
そんな思いを噛みしめつつ、内宮前の 「おかげ横丁」を進みます。


と、そこに今回の旅の私の隠れた目的でもある「あれ」が。


20130823_3.jpg


ふっふっふ、赤福ですよ。
いえ、赤福は別にいつでも食べられるのですが、夏季限定の 「赤福氷」 がなんとしても食べたかったのです♪


私としてはお参りした帰りにゆっくりと食べたかったのですが、
オットの
「いや、今食べちゃおう」
の一言で予定変更。

行列はできていましたが、券もさっと買え、サクッと受け取り、目の前の席がパッと空き、
なんともスムーズに念願の赤福氷をいただけました。
20130823_4.jpg


久しぶりに、こめかみがキーンとなりました^^;
この量のカキ氷、何年ぶりに食べたろ・・・
美味しかったですw
20130823_5.jpg




さて、食べたらお参り。
ただこの頃はもうお昼を回った時間で、暑さもピーク、人の多さも尋常じゃない(´-ω-`)
今年は 式年遷宮の年だから特になのでしょうね。

オットと私はまだしも、お参りなんてこれっぽっちも興味がない子供たちにとって、
これは苦行以外のなにものでもなし。

ゆっくり参拝する、というよりも、人の流れに乗ってツツツーっと、
まるで 「歩く歩道」に乗っているかのように、気づいたらもうぐるっと回って宇治橋まで来ていました。


せめてもう少しゆっくりしたかったのですが、オットも子供も歩みを止める気ナッシング。
後ろ髪をグイグイ引かれつつ、伊勢神宮を後にしたのでした・・・シュン。
20130823_6.jpg



まぁそれも仕方ないのはわかっているのです。
なぜなら今日の正念場はここから。
これから5時間、ずんどこずんどこひたすら走り続け、今夜の宿に向かわなければならないのですから。

途中で渋滞にでも巻き込まれたものなら、今夜の夕食にありつけない!!


というのも、このまま夜遅くになろうと家に帰ってもよかったのですが、
オットが
「久しぶりに保養所に泊まって、美味しいお刺身でも食べて帰ろうよ」
と提案。


そう、会社の保養所ですが、バブルの時に出来た立派なところ。
保養所なので派手な作りではないですが、人が少ないのでのんびりできます。

そして何がこの保養所のスンバラシイ所かって、お刺身が激ウマ(*^.^*)
これまで何度も利用したことがあるのですが、船盛りが超豪華&超ウマ!!

だから私はいつも
「保養所に行こうよ」 ではなく
「船盛りに行こうよ」
と言っています(笑


運転するオットとしては、途中で一泊してゆっくり帰るのが念願だったこと。
でもそれを私が
「もったいない」
の一言で阻止し続けていたのです。


が、船盛りにありつけるなら話は別。
二つ返事で了承しました。


ところがこの話、オチがありまして・・・


オットが会社から予約をし、何日か経ったときに
「船盛りは繁盛期につきお断りをしています」
と言われたそうな。

あぁ、そうだった!!

うぅぅ・・・それじゃ行く意味ないじゃ~ん。
無理してでも帰ってきた方がいいじゃ~ん。


まぁそう言っても仕方ないので、ガックリしつつも一路保養所へ。



結局渋滞に巻き込まれ、着いたのは7時半。
保養所につき、夕食は8時までというルールがあるのでヒヤヒヤでした。
しかも、30分で食べなきゃならない・・・うぅぅっ。


お腹はペコペコ、乾杯もそこそこに、それ!とばかりに食事開始。

20130823_7.jpg

20130823_8.jpg

20130823_9.jpg

20130823_10.jpg

20130823_11.jpg

20130823_12.jpg

20130823_13.jpg



あぁぁ・・・美味しい・・・
どれもこれも美味しい(涙
お腹が空いているからというわけではなく、心のこもった料理の美味しさです。


まだ独身だった頃、会社の人達とテニス合宿と称してよく泊まったのですが、
管理人さんはあの頃のまま。
今のお元気で保養所を切り盛りしてくださっていることに感謝しながら、美味しく、そして急いでいただきました。




ここに一泊したおかげで最後の日は楽々。
あちこちに寄り道をし、のんびり帰宅しました。



夏の旅行は毎年、企画段階から楽しみにしているのですが、
実際に旅行している最中は、なんというか、心から楽しめない自分がいます。

これはもういつものこと。


独身時代はそんなことありませんでしたが、
大切なものが増えた今、最後まで無事に家に帰りつくまでどうも気が張っています。

運転が大変じゃないだろうか。
タクが車酔いして旅行が負担じゃないだろうか。
大人が行きたいところばかりでゲンが退屈してないだろうか。

その他にも、途中怪我や病気になったらどうしよう、
車の調子がわるくなったらどうしようなどなどなど、
なぜかそんなことばかり気になってしまいます。



しかも夏の旅行は暑いし、泊り渡る宿の様子も気になるし。
これはもう性分です、仕方ないです。


だから、
「あぁ、今年の旅行も楽しかった・・・」
と思えるのは少し後。

写真の整理が終わった今でもまだ、旅行の思い出に浸ることはできません。
悲しい性分ですね。


だけどもう少したつと、
「今年も楽しかったね。 来年はどこへ行こうか?」
と、懐かしく振り返ることができるのです。


「旅の思い出、熟成期間」
ですね^^;


でもその熟成期間があるからこそ、
毎回毎回の旅が愛おしく、大切な思い出になっていくのでしょう。


さぁ、次の思い出作りはいつになるか、どこになるのか。
来年の今頃はタクの大学受験で旅行どころではなくなるのでしょうが・・・


新たな家族の形を模索する、そんな時期に入ったのかもしれません。


※長々とお付き合いいただきありがとうございました。申し訳ありません^^;
明日からはまた通常の愚痴ブログ(あれ?そんなブログだったけ?)になりますのでよろしくお願いしま~す^^



スポンサーリンク

10 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.08.23 11:25 | | # [edit]
囲碁ママ says...""
「赤福氷」ってボリュームあるのですね~。
伊勢神宮はすいている時がないような・・・
実は関西人なので忘れたころに行きますがいつも混雑してます・・・。
保養所の食事っていうより旅館のお食事ですよ^^。
美味しそうです。
ゆっくり食べたかったですね^^;。
でもこれもいい思い出ですね。
旅行はいいですよね~。

私も旅行の計画を立てます(笑)
息子が大の鉄ちゃんで旅行も鉄道が中心で^^;
青春18切符とか毎年購入してます。
そのため旦那も行きたがらずもっぱら2人でいってます。
でももう中学生で親との鉄道の旅は微妙かも・・
旅行の計画・準備・後片付けが全て私なのでちょっと億劫ですが。
電車の時刻、乗換え等は鉄ちゃんがしてくれますが(笑)
楽しいですよね~。必ずハプニングもありますし。
秋に計画立てて行くぞ!!
今度船盛りの写真待ってます^^。



2013.08.23 15:36 | URL | #- [edit]
ななお@神戸 says..."いい旅行でしたね~!"
こんにちは!以前 たみやのTシャツでコメント差し上げた者です。

良い旅行されたようで何よりです(^^)

実は私も 今月末に
「夏休み最後の思い出作り」(笑)で伊勢志摩に行くので
ついコメントしました。

といっても 私は、大江戸温泉物語伊勢志摩 にとまるだけなので
おかげ横丁さんとかには寄れそうにありませんが、
子供が成人したら のんびり自分だけでいってみてもいいかなと
楽しみにおいてます・・・(^^;
赤福氷も食べてはみたいのですが
大阪の伊勢丹でどうも食べられるようで
私はそちらが先になりそうです(とほほ)

神戸の修学旅行は 伊勢志摩なので
来年は娘が赤福をかってきてくれるかなと思っています。

では 残り少ない夏休み
お体に気をつけてご自愛下さいね~!
2013.08.24 09:51 | URL | #- [edit]
★鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、そう言っていただけ嬉しいですw
完全に 「自己満足」的な内容になってしまっていただけに、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

そして! うわ~、素晴らしいご出身だったのですね!
うらやましい♪

我が家のある場所からは遠いところなので、
行った方もそう多くないし、なかなかアツく語れないのが消化不良なところです。
鍵コメさんとアツく語りたい!!(笑

本当にいいところですよね。
浄化される気がします。

…って、浄化されてもまたすぐに不浄の塊になるのですが^^;
2013.08.25 11:47 | URL | #- [edit]
★囲碁ママ様 says...""
そっか、空いている時はないのですね^^;
確かに以前行った時は朝一番だったのでそれほどでもなかったのかな?
今度は涼しい時に行きたいなぁ。

家に鉄ちゃんがいると便利かも♪
あまちゃんの大吉さんが家にいたらうざそうだけど・・・(笑

秋の鉄道の旅、いいですね~^^
駅弁&ビール、最高!!
是非報告を待ってますよ~w
2013.08.25 11:49 | URL | #- [edit]
★ななお@神戸様 says...""
ななお@神戸さん、こんにちは~^^

大江戸温泉物語伊勢志摩、今サイトをチェックしてきました!
いいですね~、テンション上がります、あの大きさw
バイキングもいいな~(*^.^*)

そうそう、赤福氷は本店以外でも食べられるのですよねw
ぜひとも伊勢丹で味わってきてください~^^

赤福は帰省の時にサービスエリアで買えるのですが、
赤福氷は無理なので今回は嬉しかったですw

ななおさんもぜひ楽しんで来てくださいね~^^
2013.08.25 11:54 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.08.28 15:31 | | # [edit]
★鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、素敵な思い出を共有させていただけて嬉しいです!
鍵コメさんの幼少の頃の記憶が、まるで私の記憶のようにリンクしました。

石段を下りた川、昔はそこで手を洗ったのですよねw
前回伺った時は確か寒かったから、
今回伺った時は暑かったから
という理由で川に下りなかった私^^;
罰当たりですね(´-ω-`)

最近よく書いていますが、パワースポットに興味があって、
行ける範囲の場所によく行くようになりましたが、
定期的に行かなくちゃだめだよね、とオットともよく話しているんです。

定期的に行って、清めてくる・・・という感じでしょうか。
だから伊勢神宮はそんなお浄めの中でも特別な存在だと思っています。

でも子供の頃って、そんなものにはこれっぽっちも興味がないから
たいくつでしかありませんよね。
私も親戚がくるとよく行く有名な観光地があるのですが、
違う親戚が来るたびに行くし、遠足でも行くしで退屈この上なかったです。

でもパワースポットに興味が出た今は、
「なんでこんなすごいところに何度も来ていたのにありがたみを感じなかったんだろ」
と思うほど。
そんなものですよね~^^;

だけどそんな記憶があるからこその今のありがたみ、というのでしょうか。
結局は体に染みついた魂の場所というか(大袈裟?)。
「帰ってきた」
とすら思うのはそのせいでしょうか。


外宮はなかなか時間がとれなくて行けません(悲
私が大好きな松居一代さんは定期的に、早朝から6時間かけて参拝をなさっているのだとか。
いつか私もやってみたいなぁと密かに思っています♪
2013.08.29 09:12 | URL | #- [edit]
ぴよ says...""
はじめまして。

日課のように読ませていただいております。

>大切なものが増えた今、最後まで無事に家に帰りつくまでどうも気が張っています。

分かります。登山企画があれば落雷、滑落という文字。海川プールは、溺という文字。それこそ、西海岸でも行っちゃう?なんて言われても、墜落とかテロという文字が頭の中をぐるぐる回り始めてしまうのです。夫からは杞の国の憂さんと呼ばれる始末。

これは性格なんでもうあきらめて付き合っていくしかないんですよね。

2013.09.02 09:13 | URL | #- [edit]
★ぴよ様 says...""
ぴよさん、いつも読んでくださりありがとうございます~^^
コメントもありがとうございますw


ぴよさんもそうですか~・・・
「心配性」と言われればそれまでなのですが、
自分でも少し度が過ぎているかなと感じることもあります^^;

家を空ける時はとにかく火の元が異常なまでに心配で、
気が気じゃありません。
オットはその気持ちが理解できないけれど承知してくれているので、
出かける前には火を使わないようにしてくれたり。

今でも家にいられると思うとホッとするほど(苦笑

ぴよさんがおっしゃる通り、性分なので仕方ないでしょうが、
自分を自分で苦しめているに変わりありません。

きっと何かあるんでしょうね、ここまで心配が過ぎるというのは。
お互い辛いですね~^^;
2013.09.02 11:50 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。