ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ちょっと言い過ぎた?^^;

0


先日、ゲンと車の中で楽しく話をしていた時のこと。


なんの話のながれだったかは忘れましたが、
以前からちょっと思っていたことについて話しました。


それは、
「ゲンは友達の前でハメを外し過ぎる傾向がある」
ということ。



普段、家の中ではかなり紳士的なゲン。
我が子ながら品がいいし、言葉遣いもきれい。

友達に対しても、ちょっと距離を置いて冷静につきあっている・・・
と認識していました。


ところが、小学校や中学校で、
私がいると知らないで友達と戯れている時のゲンって、家とは別人。
なんというか・・・品がない。


と言っても、
「おい、やめろよ~」とか
「〇〇、なんとかなんだぜ~」
というような感じで言うだけではあるのですが。


それって中学生男子には至ってフツーの事だと思います。
よく見る光景。


ただ、私から見ると、普段のゲンと比べてあまりにもギャップがあるというか・・・
妙に違和感があるのです。


家で見せる顔と、学校で友達といる時の顔、違っていて当然だと思います。
親には見せない顔もあるだろうし、学校では別の顔もあるのだろうし。


でもでも、なんというか・・・
私にはそれが
「背伸びしている」
としか見えないのです。


背伸びしている・カッコつけてる・無理してる、
そんな感じ。


なんだろ、わざと悪っぽく崩しているっていう感じ?
それが板についてない感があるというか・・・


もしかしたらそれが本当の顔で、家での顔がニセモノなのかもしれませんが。


でもどうしてもそのハメを外した感じが私は嫌だったし、
調子に乗って相手を嫌な気持ちにさせそうな雰囲気もあったので、
以前からずっと気になっていたのです。


なので、「あまりハメを外さないように、節度をもって」 と釘をさしました。
当然のことながらゲンは反抗します。

そんなことはない。
別に無理してない。
友達も嫌がってない。


うんうん、本人はそう思っているでしょう。
でも相手はどう思うのか。
少なくとも私が見ていて、多少なりとも不快感を感じたのだから、
それは伝えるべきと判断したのです。


それと、ゲンのこういった行動にはタクが影響していると感じたから。


これまでタクが一貫校に入学以来、
楽しい学生生活の様子を聞き続けてきたゲン。

それはゲンにとってとても魅力的な話だったのだと思います。


華やかな交友関係・自由な友達たち。
そこで毎日取り交わされる会話に、ゲンはずっと憧れを抱いてきたのでしょう。


でも実際に入学して、ゲンは思いました。
「タクさんみたいに友達に恵まれてないクラスだ・・・」


確かにゲンのクラスには たまたま地元の友達が少なく、
遠くから電車・バスで通ってくる子ばかり。
ちょっと遊ぼうといってもなかなか集まることができません。


ところがタクはなぜか入学した最初のクラスから偶然地元やその周辺に住むクラスメイトが多く、
しかもその友達たちが成績優秀であったり家が裕福であったりと、
タクにとっても楽しく付き合える友達で、必然的に交友関係も楽しいものになっていったのです。


憧れと現実のギャップ。


確かにタクは運が良かったのかもしれません。
ゲンは来年になればまたクラス替えもあるし、そうしたら取り巻く環境が変わってくるし。
そもそも、今だって悪い環境でなくいたって普通の環境だけど、
タクのそれがあまりにも華やかだったため、自然と明暗を感じてしまうのかも。


そしてタクは運がいいだけではなく、自分でなんとかしようという考えの持ち主。
以前もブログに書きましたが、
「ボクは楽しくないところから楽しさを見出しているんだよ」
と言います。


どんな日常からも、楽しさだけをクローズアップして、
そこを引き伸ばして楽しんでいるのだとか。


良くも悪くも 「兄」 の存在に色濃く影響を受ける 「弟」、
だからつい、背伸びしてしまうというか、
タクのように楽しくしたいから、身の丈以上にテンションを上げてしまうのかもしれません。


だから、
「無理しなくていいんだよ」
という意味も込めての
「ハメを外すな」
だったわけです。


面白くないゲン^^;
そりゃそうでしょうね。



でも次の日。
机の上に、こんなメモを見つけました。


20130908_1.jpg



あちゃ~。
効き目ありすぎたか^^;


聞いてないようでちゃんと聞いてたんだなあ。
というか、効き過ぎました(´-ω-`)


人のいう事なんてこれっぽっちも聞かないところもあれば、
こんな風にナイーブなところもあり。

男の子って案外難しいなぁ・・・



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。