ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ほぼ日手帳で家計簿

0


家計簿。
長い間家計簿はつけていたけれど、記帳しているだけで 管理はできていなかったような。


いろいろな家計簿を使ってみた結果、
自分には 羽仁もと子案家計簿 が一番合うのがわかり、以来ここ二年ほど楽天で注文していました。



が、この春の突然のピヨ彦の単身赴任。
いつかは・・・と覚悟はしていたものの、
ちょうどその時は他の事で心がガックリと折れていた時だったので
立ち直れない日々を送っていました。


それまで続けていたダンベル体操もそこで頓挫。
とてもじゃないけれど運動をする気持ちなんてありませんでした。


そして、引っ越しにまつわる出費、二重になる家計費に頭はドッカ~ン。
とにかく出ていくお金の流れをメモ書きするだけで精一杯。

しかもオットの生活費は生活して少し経ってからではないとわからないし、
なにより、いろいろな気苦労がいっぺんに起こったことで、家計簿の心がポッキリ折れたのでした。



今はお給料日に入ってきたものを振り分けている程度。
食費も毎月決めた大きな枠の中で使っています。

これは大ざっぱな性格の私にはピッタリ。
長い間この方式だったわけですが、これじゃぁあまりにずさんか?と思って羽仁もと子案家計簿を使い始めただけで、
元に戻った、というのが正しいところ。



ところで先日、来年の手帳・ほぼ日手帳2014を予約 したのですが、
どんな風に使おうか、いろいろ皆さんの使い方を楽しくチェックしているところ。


その中でも有名な使い方として、
家計簿代わりに使う

というものが。

その使い方を公開されている方もたくさんいらして、
ユーザーが多いものはそれだけ情報も多いなぁと嬉しくなりました。



ほぼ日家計簿でも キッチリ派もいればザックリ派もいて、
もちろん私はザックリ派。
とにかく、記帳しないことには始まらないし、書かないことにはページは埋まらない!


「真っ白手帳」もそれはそれで 「平和な一年」として振りかえることができますが、
やっぱりせっかく買うのだからログとして有効に使いこなしたいもの。


来年は 「とにかく記録する」 ということをやっていきたいと思います♪



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。