ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

本格的な「ミズ不足」は今月末から

2


最初に言っておきます。
今日の話題は
「水不足」の話ではありません。
「ミズ不足」の話です。


え? 何が違うって?


水は水でも、「水口」の水が不足、
それが 「ミズ不足」です。


【あまちゃん ミズタクなぜ人気 】
『あまちゃん』ミズタクに萌える理由とベストシーンを評論家解説

これ、おとといのヤフーニュースに出ていたニュース?
ヤフートピックスにあがるほど、ミズタク人気なのですよ。

【ミズタクとは?】
NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」で、松田龍平さん演じる「水口琢磨」(通称ミズタク)が大人気!
普段低体温のイケてない男子が、時折見せる、心の奥に秘めたアツい思い。
それが・・・萌え~❤


ちなみに、毎日出演しなくなったミズタク、
そんなときは 「ミズ不足」と言われ、
逆にとんでもないツンデレっぷりを思う存分発揮した回には
「ミズ漏れ」
と呼ばれてツイッター上で祭りになります。

「#今日のあまちゃん」「#ミズタク俺の部屋」「#ミズタク俺の純喫茶」
などなど、今見たドラマのミズタクを語ろうと、ハッシュタグをつけツイートするわけです。

それが・・・面白くてあっという間に時間が過ぎていく・・・^^;


ヤフーニュースの記事では、
「ミズタクの萌えシーン」とい題し、ランキングになっていました。


1位 アキを抱きしめた“ミズハグ””(126話)

2位 アキの携帯に吹き込んだ留守電(93話)

3位 ミズタクが“年上好き”を告白(43話)

4位 壊れた眼鏡のまま寿司カウンター(130話)


5位 種市先輩に土下座、からの…(122話)



さぁ、ミズタク好きの皆さん、どうでしょう?
私的には3位4位5位を入れ替えたいかな。
5位の土下座からの
「先輩。南部ダイバー先輩。 おいら、いっぱ~んだんせい、るぱ~んさんせ~い」
をもっと上に上げたいです。

4位の、春子にしばかれる水口も良かったですね~(*^.^*)
水「じっちゃんの名にかけて」
春「じっちゃんて誰だよ! え?水口!あぁん?水口!おらっ水口!!」
も何度見ても笑える・・・



・・・とまぁ、こんなミズ不足女子に、本格的にミズ不足がやってくるのは
9月29日から。
今から 「ミズタク廃人」になることは決定です。


あぁぁ、ぜひとも 「あまちゃん2」をお願いします~!!



スポンサーリンク

2 Comments

tororon says...""
ずっと以前から拝見しております。男の子の母親の悩み等、うんうんと同感したり、うちの子とは違うタクくん、ゲンちゃんの知的男子っぷり、センスの良さに羨ましくなったり。
そんな私が初めてコメントさせていただくのが、「ミズ不足」になろうとは(笑)。
「あまちゃん」話、毎回楽しませていただいてます。正直「あまちゃん」に関しては恋愛ネタはほとんど興味がないのですが、確かに水口さんはじわじわきますね。私が一番グッときたのは、ユイちゃんに「あきらめてないからね!」と言った時でした。あと、勉さんの所に戻ったのもよかったです。でも、アキちゃんのお相手としては、私はストーブさんがよかったなあ。
それから今頃ですが、私も「北へ行くのね、ここも北なのに」の部分が一番好きです!
「あまちゃん」が終わると寂しいですね。
2013.09.17 00:15 | URL | #- [edit]
★tororon様 says...""
tororonさん、コメントをありがとうございますw
そしてずっと読んでくださったなんて嬉しいです。

>そんな私が初めてコメントさせていただくのが、「ミズ不足」になろうとは
もうここで爆笑!
totoronさんの事あのセンスに私がうらやましくなりました~^^

そう、水口さんはじわじわくるんですよね~^^
私は松田龍平さんになんの興味もなかったのですが、
今では松田さんがCMしている 「カゴメラブレ 鉄分」を買ってしまったほど←バカ
いやこれがどこ行っても売り切れなんですよ・・・
水口効果、絶大!?

春子が水口に言った
「アンタも北へ行くのね」
が地味におかしかったです。

残りあと一週間ちょっと。
存分にあまちゃんを楽しみましょうね~!
2013.09.18 12:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。