ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

結局は育てたように子は育つ

0

昨日の話の続きです。


昨日の話は
「結局、子どもは育てたとおりに育つ」
ということでした。


これはあのモンスター母に対して言ったわけですが、
私の子育てにも言えることです。
それは真摯に受け止めたいと思っています。


このブログでも散々、
アニーの悪行三昧を愚痴っていますが、
愚痴りつつも
「私が育てたように育っているんだよなぁ・・・」
と心のどこかで思っていました。


言わけばかりすることだって私にもその傾向があるし、
大人だから言い訳しないようにと気をつけているけれど、
アニーはまだ自分の感情をむき出しにすることが多いから仕方ない事だし。

片づけができないのだって、
片づけ下手の母親を見ていたらそうなるだろうし、
出不精なのだって、母親が出不精なのだから当然そうなるだろうし。


結局のところ、アニーもトートも、私が育てたように順調に?育ったわけです。


でもこれは悪い一面。
もちろん良い面だってあるわけです。


・・・多分^^;



外面がいいのはモロ私似。
その分、家の中では機嫌が悪いのも私似ですが。
でもおかげで外では愛想の良い子で通っているからいいかな。


それからこれはあまり関係ないけれど、
二人の子供たちを見ていて感じるのが、
アニーは外だとむしろ低体温、
家の方がテンション高めということ。


それに対してトートは真逆。
家の中だと落ち着いていてしっとり、しっかりしてるのに、
学校で友達といる様子を、私がいると知らずに喋っている様子を見ていると、
テンション高くてビックリするほど。
それは家の中のトートの様子しか知らない私にとっては違和感ありあり。


ただこうなると、どっちが本当でどっちが繕っているかなんてわからなくなってきますね。
もしかしたらトートなんて、私が思っている性格と違うかもしれません。
ふふふっ、コワっ。


だけど・・・私はアニーの方が断然好みだなぁ^^;(顔以外)
外でテンションが低いのっていい感じ。
そういう男子が好みだなぁ。


そう、こういう点でも 「育てたように育ってる」のですよね。
ずーっと昔のブログに
「そうだ、わかった。 子育ては自分の好きなタイプの男性になるよう育てればいいんだ」
というような事を書きましたが、
アニーはある部分、まさに私のタイプの男性に育ってきている・・・というわけ。



顔以外は^^; ←しつこい



それからこの間、「こういうところ、アニーの好きなところだなぁ」と思ったことが。

それは携帯をスマホに変えて、いろいろな設定をアニーに教えてもらいながらやっているのですが、
LINEの設定が途中からできず、アニーに丸投げ^^;
その間、私は所用で外出しなければならず。


約30分、用事を済ませて帰宅したところ、
「設定、しといたから。idもプロフィールも名前も勝手に入れといた」
とアニー。


唯一、私がラインしたいと思っている友達を設定してくれただけでなく、
その友達とも会話済み^^;


友達 「繋がったよ~」
アニー「残念ながらボク、コトリじゃありません」
友達 「アニーちゃんだったのね! どうりで写真がアニーちゃん好み❤」

なんて楽しそうなやり取りが記録されてました。
こういうアニーのノリ、好きだなぁ。


ちなみに「アニーちゃん好みの写真」とは、
私のプロフィール写真がフレディ・マーキュリーになっていたのでした^^;



育てたように子は育つ。
子どもは作品ですね。
自分の生き様!とでもいうべきか?

その結果が良くも悪くも、引き受ける覚悟が必要かと思うのです。
逆に言えば、引き受ける覚悟を常に胸に秘めつつ、子育てはするのかと。

そう思えばムッとしたことでも飲みこめるし、
モンスター母にフルボッコされ、泣きながら耐えた姿も
もしかしたら今のアニーに育った要素の一つになっているのかも。

そういう、出来上がりを楽しみにすることで我慢もしたからこその、
数年後の喜びになるのかもしれませんね。



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。