ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スマホ騒動

2

うちで携帯を持っているのは、オットー・私・アニーの三人。
トートはまだ持たせていません。


そもそもアニーだって携帯電話を与えたのは中学二年生の時。
もっともそれだって私たちの考えからしたらずいぶんと前倒ししたのです。
中学校の時には携帯を買い与えないつもりだったので・・・


ところが入学してみると周りはみな携帯を所持。
遠方から通学しているという点から持たざるを得ないこともあり、
学校としても致し方ないと思っている様子。
そのかわり、携帯電話の付き合い方みたいな時間をわざわざとって注意を促しているみたいです。



中学に入学してからすぐ、遠方に住む友達の元に遊びに行ったり、
どこかに出かけるという時にも携帯で連絡を取り合うのが当然のことに。

小学校の時のように、家になんて電話はかかってきません。


最初はアニーも携帯は買ってもらえないということは覚悟の上だったのですが、
あまりにも普通に携帯が連絡の手段となっている中にいると不便さを感じるようになってきました。


仕方がないので私の携帯に友達のアドレスや電話番号を入れ、
出かける時にはそれを持たせていたのですが、
さすがにそれではどうにもならなくなり、中二に進級した時に買い与えたのでした。


この時もオットーは最後まで反対していました。
でもオットーの言い分もわかるのです。

私たちは夫婦で話し合って、
「公立中に通う同級生たちと同じような生活をさせよう。私立の友達と同じとは思わないようにさせよう」
と決めていました。
あくまでも普通の金銭感覚を養いたかったので。

その中で携帯電話は高校生になってから、と決めてあったのです。


だけど実際に通い出すとなかなかそうもいかなくなってきます。
携帯を与えるのは私も不本意だったけれど、もうそうは言ってられない状況でした。


だから最初の携帯を契約した時も、重い空気に包まれた中でのこと。
思い出しても暗い気持ちになります・・・


そもそも、なぜそういうことになるかといえば、
オットーが携帯に興味がないから。

中学生ではまだ早いというのもあるけれど、
一番大きいのは
「自分だったら欲しくない」
と考えるから。


そりゃぁオットーのようにパソコンが大の苦手、
CADも使わずに手書きで図面をおこすような人ですから、機械全般が苦手。
そんな人にとっては携帯なんて本当だったら持ちたくないもの、
ましてや中学生になんて早いわ!! なのでしょう。


結局、まわりから出遅れて携帯を購入したものの、
その頃から周りは徐々にスマホに移行していきます。


そして高等部に進級するころには、ガラケーはアニー1人となっていました・・・


それでもその頃はまだ私も
「スマホを買ってあげたいけれど料金が高過ぎるし、それにわざわざ重い荷物を背負いこまなくても・・・」
という理由で却下していました。


この 「重い荷物」に食いついたのがオットー。
ここぞとばかりにその部分をついてきます。

「お前はただでさえ集中力がないのだから、スマホなんて持ったらどうなる」
「大学受験が視野に入ってきたこの時期にスマホなんて」

取りつく島もありません。


何がかわいそうって、アニーはもともとパソコン関係が大・大・大好きな子。
パソコンで出来ることが大好きで、携帯で出来ることが大好き。
まぁ今の子はそうでしょうが、その中でも特に、だと思います。

スマホを持たせたらあっという間に使いこなすでしょう。
それを我慢させていることが私には苦痛でした。


それに対しオットーは
「自分が興味ない。 自分は持ちたくない、必要ない」
という観点で話をするので、アニーの気持ちを理解しようという気持ちがサラサラなし。

妻として母として、揺れる部分です。
特に今は「母として」の方に大分傾いているのですからなおのこと。


どうしたらアニーにスマホを持たせてあげられるか。
それにはまず、料金プランをよく知らなければならない。
そう考えて、アニーと二人で携帯ショップ巡りを始めました。


同じキャリアでもショップによって対応は違うし、
なにより驚いたのは、提示するプランがさまざまなこと。

どうして同じプランが提示できないんだろう?
どうしてあっちのショップとこっちのショップ、プランが違うんだろう?


アニーと不思議に思いながら何軒目かのショップで出してくれた、
とてもお得で、うちにとってやっと考慮できる射程範囲に入ってきたプランに出会えたのです。


詳しく話を聞かせてもらい、
キャリアを変えさえすれば、これまでよりもお得に、
しかもスマホに変えてもそう驚くほど高くはならないということがわかりました。


これでアニーにスマホを買ってあげられる、そう思うと嬉しくて仕方なかったのですが、
当のアニーは暗い顔。

その理由を聞いてみると、
「・・・ここで喜んでも、お父さんにダメだって言われた時のショックが大きいから・・・」
と。


うぅぅっ。



でも大丈夫。
この料金プランなら家計のやりくりでなんとかできるから。
今度こそ、スマホを買ってあげられるから。

これまで携帯に興味がないオットーに、機種変更やプラン変更の話をすることさえ憂鬱だったのですが、
今回はかなりの勇気をもって話すつもり。

というか、「事後報告」になるかな。
決意は変わらないので。
もう決めたことなので。



ところがこの事をオットーにメールしたところ意外や意外、
「えぇで」
とあっさり承諾され、肩透かしを食らった気分^^;


でもまぁ、その後がまたゴタゴタとあったのですが・・・(´-ω-`)
まだまだ長くなるのでこの続きはまた次回。



スポンサーリンク

2 Comments

*siesta* says...""
こんにちは。はじめまして(^o^)
トート(ゲン)さんと同じ、中1の息子をもつ*siesta*と申します。
いつもブログ、楽しく読ませていただいています。
(お弁当のほうも! )

うちも最近、中1の息子がやっとガラケー、デビューしました。
クラスで最後の1人でした。

携帯ごとって、一歩足を踏み入れるとなにかと大変ですよね^^;
ひと段落ついたら、体が少し軽くなったような気分です。
2013.11.11 21:00 | URL | #SFo5/nok [edit]
★*siesta*様 says...""
*siesta*さん、初めまして~^^
いつもありがとうございますw

最後の一人・・・
少し前に聞いた時、トートを含む二人でしたが、
今はどうだろ・・・^^;
いずれにせよ、最後の一人になるのは時間の問題かも(´-ω-`)

スマホの話も途中になってしまっているので、
私の携帯に関しての気持ちをまた書きますねw
2013.11.15 16:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。