ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

なんとかにつける薬なし

8

おとといの夜、
・・・というか、昨日の4時に アニーが二階に上がってきた音で目が覚めました。

え?アニー、何やってたの?というか今何時?
と時計を確認して、4時だということを知ったのです。


うーん。
だいたい想像できる、どうして朝の4時に二階に上がってきたのかが。


こたつで寝ていたのでしょう。
というか、それしかないというか。
だからこたつを出すのは嫌だったんだよなぁ。


それにしても4時までこたつをつけっ放しだったんだろうか?
それにこたつでなんか寝たら絶対に風邪をひくじゃない・・・


だらしない生活態度、健康管理能力の低さに腹が立ちましたが、
昨日も書いた通り、私は私の生活を淡々と送ることに決めたので、
起床時間までもう一度 短い眠りを楽しむことにして目を閉じました。



でも朝起きて用事をしながら考えていて、
いやここはやはり言わなきゃならないだろうと思い直しました。

言いたくない、言ったらこちらが嫌な思いをするのはわかってる。
言わないという選択が私には一番楽。


だけど今は楽をとるわけにはいきません。
嫌な気持ちになるのはわかっているけれど、
言わなきゃならないことを言わなかったら、今の私の立場では
「育児放棄」
になるのだから。


以下、朝の会話です。


「なんで今日は4時に二階に上がってきたの?」
「寝ちゃったんだよ」
「こたつで?」
「いや、ソファーで」
「ソファー? 布団も何もかけないで、ストーブもついてない寒い部屋で?」

普通、うっかり寝ちゃったとしても寒くて目が覚めるよね・・・?
それを何時から寝たのか知らないけれど、明け方まで寝てて目が覚めなかったって・・・

「眠いんだから仕方ない」
「(むっとしたのでわざと)でた、【~だから仕方ない】!」
「眠いのが悪いんだから仕方ないじゃない。どうしたらいいか教えてよ」
「普通に考えれば目覚ましかけるしかないんじゃないの?」
「・・・ふっ、ああいえばこう言うで悪いけど、そんな方法、これまでやったけど無駄だったんだよ」
「だったらもう生活を変えるしかないよね。 今のアニーは夜に飲みこまれてるよ。
お父さんの大学時代にそういう昼夜逆転した友人がいて、落第してたって話、何度も聞いてるよね?」
「・・・だから?」
「夜眠くなるなら寝たらいいじゃない。」
「勉強できないじゃん」
「だからってご飯を食べながらプリントを見たところで頭に入るとは思えないよ? もう少しメリハリを考えてみたら?」
「・・・」
「それに、寒い中目が覚めない、疲れた疲れたって、おかしいんじゃない?どこか体に悪いところがあるかもしれないから、一度病院で検査してもらった方がいいんじゃないの?」
「行けっていうんだったら行ってやってもいいけど」




書いててアホらしくなりますね。
でもこれを読んだ人が
「あぁ、この子(この親)よりマシ」とか
「みんな同じなのね」
と思って安心してくれる人がいると思うので恥をさらして書き続けます。



病院の件だけど、本当に一度行ってみるのもいいと思っているんです。
血液検査とか。
貧血の疑いがあると思うけど、それを晴らすためにも行かなきゃわからないし。


そして一通りの検査が終わり、私とアニーを前にして、こう言って欲しいです。


「お母さん、バカにつける薬はありません」、と。



その言葉にどんなに救われることか。
どんなにスカーッと、晴れ晴れとした気持ちになる事か!!
そんなお医者さんがいたら、中年女性(更年期持ち)で連日満員御礼だよなぁ(*^.^*)



・・・そんな場面を妄想し、悔しさを乗り越えております。



スポンサーリンク

8 Comments

うーさんママ says...""
ソファーでのうたた寝なんてかわいいもんです。
うちのオトボケ息子はお風呂の中でうたた寝(沸かし直し機能ついていません)朝の4時に寒さに震えて目が覚めたそうです。
12時ごろに入ったから約4時間徐々に冷たくなっていくお風呂に浸かり続けるなんて…と夫に話したら彼も経験者でした。
Kotoriさん上には上(下には下か?)がいるでしょ。
一緒に笑いとばしましませんか。
2013.11.21 09:46 | URL | #- [edit]
ミー says...""
おはようございます。ミーです。
なんだか笑ってしまいました(泣き笑い)…というのはあまりに同じだからです。まさに我が家でも先日なされていた話。
「病院に行かなきゃいけない?」。
病気の内容は違います。うちは「ソワソワ病」?いわゆる多動や注意欠陥など。ウロウロ歩くとかではないのですが、勉強でいうなら、短時間でも集中できない。授業中も何か息子にとって面白いことがあれば、そちらに気をとられてしまうようです。生活自体もスケジュールというものはなく、毎日が行き当たりばったり。よって、勉強できない、睡眠不足…で、何やってるの?…中身なしの生活。
でも親の口出しも鬱陶しい。
私も言って欲しいのです。お医者様に。
「君ね、注意散漫になりやすいタイプだから、よくよく自分の性質を理解して、対策方法を考えた方がいいよ」って。
小学生の頃からじっくり取り組むタイプではないのはわかっていました。でも、よりひどくなったようなこの症状。わかっていただけるでしょうか…見るからに病気とわかるほどじゃないけど、なんか理解不能な行動パターン。
これが中学生男子なのか、それとも何か原因あるのか。できない人に言っても追い詰めるだけだし、他の道を探さなきゃいけないし。
いろいろな子がいていいと思うし、人それぞれ生き方や生活ってあると思います。が、自分の息子のそれが、今、きちんとなされているか…悩んでます。
君、なりたい自分になろうとしてる?
お母さんは、正しいサポートができてる?
朝からヘビーで、すみません。
2013.11.21 10:04 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.11.21 14:02 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.11.24 17:58 | | # [edit]
★うーさんママ様 says...""
えぇぇぇっ!?
想像しただけで・・・ぶるるっ!
息子さん、大物だなぁ・・・
というか、旦那さんも大物(笑
遺伝って変なところが似るものですね^^;

確かに!
ソファーなんて可愛いものかも^^
2013.11.26 16:20 | URL | #- [edit]
★ミー様 says...""
自分の子供の事って、迷いますよね。
冷静に見られないというか、気持ちがぶれるというか。
私もこれまでずいぶんと、人の言葉や本などからの情報に惑わされました。

いえ、惑わされているのではなくそれが正しいのかもしれませんが、
認めたくないというか、うちは違うと思ってしまうというか。
とにかく、冷静に分析できなくなりますよね。

最終的に私がたどりついた答えは、
「何があっても私が守る」
ということでした。
最終的な責任を私がとるのであれば、決めた育て方一本で育てられる、と思ったのです。

今はもう、人間としての大ざっぱな形は出来上がっているので、
諦めたというか、もう手から離れたと思っているし、
これから何かあったらそここそが私の出番かとも思うし。

でもそういう生き方に口出しする輩がいるんですよね~^^;
ほっといてくれ!と言いたくなります(´-ω-`)

ミーさん、私もアドバイスなんてできませんが、
まずミーさんのようにちゃんと考えてらっしゃるお母さんの子供が、
間違った道を行くとは思えません。
よそのお宅(冷たい言い方でごめんなさいね)だから冷静に分析できますw

迷い道をくねくねして、振り返ってみたら一直線だった、となれたら大成功ですね^^
2013.11.26 16:30 | URL | #- [edit]
★鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、ありがとうございます(涙
全部の言葉が届きました!!
そして先輩ママさんの言葉、ずしーーーん、です。
私も返してもらおうだなんて思ってなかったけれど、
もしかしたら心のどこかで期待なんかしちゃって、
それを裏切られるから悲しい気持ちになるのよね、きっと。

昔なら反抗的な態度をとられても、
それこそこちらが圧倒的な威厳をもって対処できたけど、
今じゃすっかり形勢逆転しちゃってるから、つい弱気になっちゃいます(笑

鍵コメさん、ありがと~!!
2013.11.26 16:34 | URL | #- [edit]
★鍵コメ様 says...""
アハハハ~!
お医者さんの言葉、ナイス★
そしてずっしりと重みがあります~(*^.^*)
専門家の言葉というのが言い逃れ出来ない強さがあっていいですよね。
アニーを打ちのめして欲しいわっ!
2013.11.26 17:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。