ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

思いの届け方を変えてみた

6

私は啓発本を読むのが好きで、
いろいろな方の本を読んできました。
このブログでも何回も紹介してきたかと思います。


私は元来ネガティブな性格なので、
ことあるごとに、物事を暗い方へ暗い方へと考えるクセがあります。


典型的なネアカの人っていますよね?
どうすればそれをそんなに前向きにとらえられるの?と驚くほどの。


いや、どちらかといえば、
「よくもまぁ、それだけ自分に都合よく物事を捉えられるもんね(´-ω-`)」
と、呆れているに近いですが^^;

この類の人と一緒にいると、
あまりにも自分と対極にいるので結構疲れます。

私がもう少し、ポジティブシンキングが出来るようになれば、
きっと一緒にいても苦痛を感じなくなるのでしょうね。
同じステージというか。



そんな自分の暗い性格を変えたくて、
先ほども書いた通り、たくさんの啓発本を読んできました。


その時は
「なるほど! そうか~!!」
とすぐに実行を起こすも、長く続かなかったり、
「ここはわかるけど、ここはちょっと」
と思えば、エッセンスだけを抽出して取り入れてみるとか。


これまで読んで来たことは決して無駄にはなっておらず、
「いいとこどり」をして私の中にインプットされています。



それらの本に共通して書いてある事といえば、
「願えば叶う」
「引き寄せの法則」
というようなことに、必ず行きつきます。

もうこれは、当たり前過ぎて
「またかよ」
と思いたくなるほど、よく言われていることですね。

以前はそれを読んでも
「結局はこれなのね」とガッカリしたり、
「やってみたけど引き寄せられなかったもの」と落胆したりしていました。


が、今は「願えば叶う」「引き寄せの法則」等は、
【究極の幸福ツール】
だと思っています。

シンプル過ぎて新鮮味が全くないですが、
気付いた人だけが手に入れられる方法、だと思うのです。


それは頭でわかっていて、
頭の中で考えることや口に出す言葉に気をつけていたのですが、
「ここまで引き寄せるとは」
とビックリさせられた出来事があったのです。


先日、オットーが帰宅した時に一緒にウォーキングに行ったのですが、
夏休みが終わった直後から、今月の頭までの約二ヵ月半、
精神的・体力的にかなり大変だったことが続きました。


そのさなかには愚痴を言うこともできず、
というよりも愚痴すら思いつかない状態だったのですが、
全てが終わり、ホッとしたところで、猛烈な感情が沸きあがってきたのです。


それまで我慢していた分、それは爆発しました。
そんな時に、気を許せるオットーと歩きながらポツポツと話したところ、
次から次に黒い感情が沸いてきて止まりませんでした。

ついには2時間のウォーキング中、ずっとそのことについての不満・鬱積を爆発させていました。



家に帰りこたつに入っていると、
胸につかえていたもやもやを吐きだした爽快感と、
ひどいことを言ってしまった罪悪感に襲われました。

煮詰まっていた感情を全て出してスッキリするかと思いきや、
なんとも後味の悪い結果となったのです。


そこに一本の電話が。
その相手はナント、2時間愚痴を言い続けた原因の人物!!!

電話なんて、勧誘以外はほとんどかかってこないというのに、
その人からだってほとんどかかってこないというのに、
このタイミングで!!


すぐにそれが
「私が引き寄せた」
ということに気付きました。


引き寄せの法則って、いい事ばかり引き寄せるイメージがありますが違います。
こんな風に、願ってもいないことも引き寄せます。

なぜなら、「自分がそう願ったから」。


よく心配して、
「大丈夫かな、怪我しないかな、心配だな、心配だ・・・」
と思っていると、子どもが怪我をして帰ってくるっていうあれと同じです。

そしてきっとこう思うでしょう、
「あぁ、やっぱりそうなった」
と。


こういうのって、望まないことであってもそのことを考え続けていたから、
願いとして叶っちゃったのですよね。


ということは、です。
逆に言えば、「願いは叶う」ということは証明されたということになります。
悪い事が叶うなら、良い事だって叶うのです。


だから、渦中の人物から電話がかかってきた時も、
思わず「そうきたか」苦笑しつつも、確信みたいなものを掴んだ気持ちもしました。


そしてすぐに、
「嫌だ嫌だと思っていた願いが届くなら、いつも良い事を考えよう」
と切りかえられました。

私にしては珍しくポジティブです。


これも以前に書いたことがあると思いますが、
私は 洗濯物を干している時・食器を洗っている時など、
慣れた単純作業をしている時に、心の奥深くに入り込む癖があります。


そしてその時に考えているのが、なぜかいつも過去の辛かったこと。
これが本当に不思議なのですが、最高にネガティブに沈み込みます。

「あの時、あんなひどい事を言われた」
「あんな言い方しなくたっていいのに」
「どうしてあんな人が・・・」

と、過去のあれこれを引っぱり出してきては腹を立てているのです^^;
最近のことを思い出すならまだしも、
小学生の頃のことを思い出して腹を立てたりしているのですから、
それに気が付いた時は自分でも苦笑いしてしまいます。


でも、単純作業をしている時には必ずネガティブな思いに沈んでいます。


ということは、洗濯物を干して・取り込んで、洗い物をして、
それだけで一日の間に最低5回はくら~いことを考えていることに。

というか、どんだけ根暗なんだか(´-ω-`)

そこでそれをまるっと置き換えることを思いついたのです。
これまでだったら、ネガティブに沈んでいる自分に気付くと
「あぁっ、いけないいけない」
と振り切ろうとしましたが、そこからもう一歩進む作戦です。


それは、ネガティブなことを考えていたと気づいたら、
すぐに「願望をイメージする」ということ。

イメージはなるべく具体的に細かく思い浮かべるのがいいと思います。


ただ私にはどうも「ああしたい」「こうなりたい」という具体的な願いがなく。
どうしたもんかな~と思っていた矢先、
いつもブログを読んでいる、書道家の武田双雲さんが、これまたいい事をおっしゃってました。

でっかいバッテリーを購入。

ちと重いけど、
スマホを5回くらいフル充電できるツワモノ。


何がいいって、
【 電気の心配をしなくていい。】
これは、でかい。


充電が心配で、携帯を使うときに、
どこかで、遠慮したり、ちょいネガな気持ちが走ったり。

これを購入してからというもの、一切、電気の心配なし。

強気。

安心。 


ただ、ちと重い(つд`)
でも重さはどうでもよくなるくらいの、価値を感じてます。
(しかも案外安かった)


これは、たとえば
お金と似てるなぁ
と。

お金自体がそんなにほしいわけじゃないけど、
お金がないとき、お金の心配してることが、いやだったり、
お金のせいで、あらゆることが制限されたり。

お金がある程度あると、心配する時間が減るなと。

やっぱりある程度の貯金と
電源はあったほうがいいなと想ったわけであります


そう、日本人って、「お金が欲しい」って言いたいけれど言えない雰囲気だと思います。
うっかりすると、
「世の中、お金が全てじゃないよ」
なんて諭されちゃうし。

そりゃそうです、お金が全てじゃないです。
でも私は以前から、
「ある程度のお金があると、精神的な安定が得られる」
とずっと思っていました。

これは私の性格的によるものも大きいですが、
とにかく、何をするにもビクビクしていたところがありました。

初めてのお店に入る時にも、
「お金が足りなかったらどうしよう・・・」
とビクビク。

「もしものことがあったらどうしよう・・・」
とビクビク。

私の場合で言えば、それが取り除かれただけで、
どれだけ心に余裕が持てることか。


だから早雲さんが同じことを考えていてくれて嬉しかったし、
「そう思っていいんだ」
と安心しました。


そこで、ネガティブな考えに気付いたら即座に、


銀行のATMでお金を引き出している自分の姿をイメージするように(笑



これなら簡単に想像できますよね。
いつも利用しているATMなんかだとさらに具体的でいいですね。
私はいつも、暗証番号を入力している場面からイメージしています(笑

シチュエーションは、「臨時収入をおろしに行く私」^^;
金額はその時に思いついた金額でOK♪

私なんて、ネガティブなイメージを消すために慌ててATMのイメージをするものだから、
「え~と・・・・50万!?」
な~んて金額を打ち込んでたりします。


50万の臨時収入って・・・いったい何??


もっといえば、
「ATMではおろせない金額なので、窓口でおろしている自分」
をイメージすることも。


何がいいって、これまでは一日に何度も何度も暗いことを考えていたのだから、
それをこんな風に良いイメージに置き換えれば、精神的に良いに決まっています^^
自分を責めないで済みますもんねw


ということで、思いの届け方は自分次第。
どうせなら、良い思いを届け、ギフトをもらいたいものです。



スポンサーリンク

6 Comments

ミー says...""
こんにちは。
悪い言葉のあとにやってくる悪い事を私は「言霊返し」って呼んでます。勝手にですけど。
息子が中1になったばかりの頃、息子がイライラして私に当たり散らしたことがあったんです…ムカつく!なんて酷い言葉で私に噛み付いたあと、ドンドン!と床を踏み鳴らしたらば…たまたまその日そこに置いてあったキャンプ用のテーブルが倒れ、彼の足を直撃。絆創膏でなんとかしましたが、結構痛そうなケガをしました。私も腹を立てていたのでケガの心配よりも、「ほら見てごらん、言霊返しや!」と意地悪が先に出てしまったのですが、以後息子は言霊返しを恐れています(笑)
逆に良い言葉といえば、私は「有難う」を意識して使うようにしています。以前、誰かが、「有難う」っていう言葉は呪文のように唱えるだけでも良い」と言っていましたが、こういうのは私はあまり好きではないので信じていませんが…きっと良い言葉だからだろうなと解釈しています。
子供達との関わりにつまづいた時も、「生まれて来てくれて有難う。元気でいてくれて有難う」って思えたらいいですよね。
なーんて、平和な昼間はしみじみしていますが、昨日、やらかしました。息子へのイライラ爆発‼︎さんざん酷い事を言ってしまい今日は後悔。この後悔こそまさに言霊返しなんだな…。これ以上の言霊返しはご勘弁を…。
2013.12.12 12:31 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.12.12 14:44 | | # [edit]
★ミー様 says...""
言霊返し、すごくわかります。
絶対に返ってきますよね^^;
でもまだまだダメ人間だから言ってしまうこともあって、
そんな時は慌てて
「こんな自分を許します」
とかなんとか言ったりしています^^;

最近、本屋でホ・オポノポノの本を見かけたので今はよく
「ありがとう」「感謝します」「許してください」「愛しています」
を唱えています。
車の中とかで、ラップ調で言ってみたり(笑
yo!yo!ありがとうyo!! とか^^;

でも「愛してます」と「許してください」は言いづらいですね^^;
それに、どうして「許してください」なのかな~とつい考えちゃって。
機会があればもっと深く知ってみたいです、ホ・オポノポノ。
2013.12.12 17:23 | URL | #- [edit]
★鍵コメ様 says...""
私はふと気が付くとネガティブな事ばかり思い出していたのですが、
ブログに書いたようなことをやっているうちに、
洗濯をしていても洗い物をしていても、
フト気づくと楽しい事ばかりを考えていることに気付きました。

これって・・・すごいですよね^^

やっぱり、自分のこれからを切り開くのも、
過去にあったことをどう受け止める・流すのかも全て自分次第なんだなぁと思いました。

なかなかそこまでたどり着くのは大変でしょうし、
私も苦しく長い道のりでしたが、今はそれも必要なことだったのかも、とも思います。

頑張ってくださいね。
2013.12.12 17:32 | URL | #- [edit]
ちえ says..."ホ・オポノポノは現代の魔法の言葉ですね"
私は本当自分に甘くて、何でも自分に都合良く考えちゃうので、
きっとリアル知り合いだったらkotoriさんを疲れさせちゃう側の人間です。
ごめんなさい。

そんな私は周囲に迷惑をふりまいているので、
ホ・オポノポノの「許してください」は良く使います;

博士はアメリカ人なので、キリスト教的な懺悔の言葉なのでしょうね。
日本人は元々謙虚だから、「すみません」って感じですよね。

言霊の威力、すごいですよねぇ・・・
私、会社に予定日を10日前倒しで深刻していたら、その3日後に3番目が生まれました。

1歳丁度で保育園に入園ではなく、途中入園がいいな、と周りに話していたら本当に1歳1カ月で保育園に入れました。

口に出すって恐ろしい、と最近気付いた次第です(@ @;)
2013.12.13 22:16 | URL | #- [edit]
★ちえ様 says...""
> きっとリアル知り合いだったらkotoriさんを疲れさせちゃう側の人間です。
そんなことないですよ~^^
それを言ったら私も「うざい系」です^^;
考えすぎちゃうタイプなので・・

「許してください」って難しく考えていたのですが、
いろいろなサイトやブログを読んでいくうちになんとなく自分なりの解釈ができてきた気がします。

初心者には「許してください」は陥りやすいとかで、
そんなのを読むうちに気楽に使えるようになりましたw


そして! ご出産おめでとうございます~!!
新生児・・・抱っこしたい~!!
あの匂い、かぎたい・・・←変態

ますます寒くなってきましたから、
どうぞ赤ちゃんともども風邪などひきませぬように。
おめでとうございますw
2013.12.15 13:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。