ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

不思議の国の俺様・アニー

4

どこも学校が始まったと思います。
昨日からという学校もあったようですが、これでお母さん方もホッと一息、といったところでしょうか。


夏休みに比べ冬休みは短いですが、
短いなりにもそれなりに宿題は出たと思います。

うちの兄弟の学校も、それぞれに宿題が出されていました。


我が家のしっかりもの・トートは、
昨年末にほぼ宿題を終えました。
書初めなんて、終業式の日に早速書いてたし^^;

「ほぼ終えた」
というのは、トートいわく
「全部終わらせちゃうと暇になっちゃうじゃない。 だから数学の宿題を3ページ残してあるの」
だそうで。


「その宿題を3回繰り返す、っていうのが一番いいんじゃないの?」
と提案してみましたが、残念ながら受け入れてもらえず。

トートもまだまだ、です。


いずれにせよ、こちらは私が何を言わなくても大丈夫のよう。
前日はしっかりと学校の準備を済ませ、
「明日お弁当お願いね。 部活もあるから遅くなるよ」
と、頼りない母にしっかりと告知してくれました。


ちなみにアニーですが、
「明日はお弁当いるんでしょ? 半日で帰ってこないよね?」
と聞いたところ、
「・・・どうかな~」
でしたから。

こういう時、本当にトートを同じ学校に入れてよかったなと思います。
情報はトートから、です。




さて、さかのぼること冬休みが終わる一日前。
私も聞かなきゃいいのに、ついうっかり、アニーに聞いてしまいました。


「まさか手を付けてない宿題があるってことはないよね?」


このあたり、私もよくアニーをわかっているなと思うのですが、
宿題が終わっているはずがないのがアニークオリティ。
まだ次の日が丸一日残っているのだから、現時点で終わっているはずがないのはもう当たり前。


それよりも警戒しなければいけないのは
「現時点で手をつけてすらいない宿題の存在」
です。


これ・・・ないとは言えないから怖いです。
聞くのも怖かったですが、一応確認しました。
すると・・・



「あったまにくるんだよね、古典!!」

となぜか声を荒げました。
何事かと思って聞いてみたところ、


「ありえないほどの量の宿題が出てるんだよ、ホント、ありえない!!
しかもボクはさ、古典じゃなくて世界史を選択してるから、関係ない教科なんだよ。
それなのに、なんでボクがあんなたくさんの宿題をやらなきゃならないのか、意味わかんね」



私にはお前が意味わかんね、です。
出されたのには意味があるだろうに。

そして、ボクには関係ないと今言うのなら、
なぜ出された時点で教科の先生に直訴しないのか。


不思議でなりません。



でも、あ~・・・
なんで私の予想はこうも的中するのか。
なぜ良いほうに裏切ってはくれないのか。


冬休み中だって、いつも机に向かってカリカリとやっていたけど、
あれはいったい何をやってたんだろ?
宿題じゃなかったってことだけは確かだと 今判明したし。


不思議ちゃん、アニー。
不思議の国のアニー。

宿題すらも 「俺様ペース」。



スポンサーリンク

4 Comments

うーさんママ says...""
ふふふ、アニーくんの上を行く息子を持つうーさんママです。
うちの息子宿題は数学しか出ていないにもかかわらず終わらせておりません。
「必要性を感じない」とおっしゃいます。
受験に数学を使わないという意味ではなく、数学は解けるからやらなくてもいいのだそうです。
宿題が未提出で減点されても支障はないから(進級に問題なしという意味)と言ってのけます。
解けるんならさっさと解け!!と言いたいのですが何故か理解されません。
あれは火星人と自分に言い聞かせています
2014.01.10 08:45 | URL | #- [edit]
ミー says...""
おはようございます。
タイトル、面白いです。でもいますよね。不思議の国の住人。同じ家に住み、同じ物を食べて、同じ空気を吸っているのに…
カルチャーショック!
文化が違います。

ウチも同じ状況だったので、思わず笑ってしまいました。ごめんなさい。俺様っぷりも同じく…ウチ、まだ中学生なんですけど。先行き思いやられます…。

でも、アニー君、好きなことはなんとしてでもやるんじゃないですか?残念ながら、勉強じゃないかもしれませんが…好きとそうでないものの区別って大人になるとつけにくくなると思うんですけど。仕方ないからやってらおこうとか、まあまあいいからと、その程度で済ましちゃうとか。でも不思議の国の人たちって、好きかそうでないか、で自分の行動を判断しちゃうから、ある意味ブレないというか…大甘にみてですけど。これにやらなければならないから頑張る!がプラスされると、怖いものなしなんですけどね。早く気づいて欲しいものです…。
2014.01.10 10:02 | URL | #- [edit]
うーさんママ様 says...""
アニーの上を行ってますか!
それはかなり手ごわそう・・・

こういう子たちって、独特なへりくつを持ってますよね。
あれはもう天性のものなのかしら。
そしてそれを活かせる職業って、ないのでしょうか・・・

いずれにせよ、出された宿題をやらないっていう考えが私にも理解不能です。
そっか、火星人だからか!
納得ぅ~!!
2014.01.10 11:27 | URL | #- [edit]
ミー様 says...""
ふふふっ、なかなかゴロがいいタイトルになりましたね^^;

本当に、同じように育てたのにトートとのこの違い、
資質の差こそあれど、ここまで真逆に育つものなのかと
毎回驚かされています(´-ω-`)

担任の先生にも
「この子はピタリとハマった時の力がすごい」
と言ってもらいましたが、
なにせなかなかはまらないので・・・
だったらそんな才能、いらないのでは?と思ったり(苦笑

まぁ、こういう子を持つと親は損しますわ、ふぅっ。
2014.01.10 11:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。