ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

Yahoo知恵袋に共感

2

先日、「Yahoo知恵袋」 を読んでいて、思わず
「わかるわかる~!!」
と共感してしまったことが。


それは、こんなお悩み。



親バカな質問と言うか嘆きと言うか…。

今年で3歳になる娘がおります。
お兄ちゃんは4月で年長さんです。2人ともホントにかわいくてかわいくて仕方ありません。


しかしその可愛くて仕方ない娘 も来年からは年少さん…。
さびしくてさびしくて今から涙が出てしまいます。。
お兄ちゃんもおっきくなるにつれ、モチモチしていたほっぺも、ムチムチしていた手やお尻も気がつけばスリムに…。

ホントに仕方ない事ですが、子どもの成長の早さに親の心がついていかず、
喜ばなきゃいけない事なのに、ついつい子どもにむかって
「○○くん、○○ちゃん、これ以上おっきくならないで、、かわいい○○くんのまんまでいて〜」
とか言っちゃいます(アホですよね)。

子どものかわいい寝顔を見て夜な夜な涙してしまいます。。
こんなバカな親、わたし以外にいますか??




一言で言えば、
「はい、ここにもいますよ~」
ですね(笑)

いますよ、ここに大バカが^^;
しかも質問者さんと違い、うちは高2と中1の男子ですからね・・・(´-ω-‘)
同じ親バカでも 次元が違うと思われます。


でも、年齢は違えど 自分のお腹を痛めて産んだ子。
しかもアニーは初めての子が帝王切開で、
文字通りの 「痛い思い」 をしましたからね^^;

あんな馬鹿でも、可愛くて仕方ないです。
あんな馬鹿だけど(二回言ってみた)。



トートと言えば、二人目なのに普通分娩ができ、
「良かった、産道が無駄にならなくてw」
と嬉しかったです(笑)

しかも、アニーは赤ちゃんの頃からスリムな子でしたが、
トートはもう・・・むっちり・どってり。

ジャージャー出る母乳を、ぐいぐい飲み、
満足すると、ち〇びを 「ペッ」 と吐き出してスヤスヤ眠る・・・


あぁぁ、いとおしいっ(;´Д`)


二人とも、もう本当に可愛くていとおしくて・・・



それがどうして今はあんな風になったんだか (--〆)



ま、仕方ないですけどね。
それが成長ってことで。


でも、仕方ないと納得(今でもできてないけど)できるようになるまでは、
質問者さんのように葛藤を抱えていました。

それこそ
「大きくならないでぇ~」
と言いたかったほどだし。


その度に、
「子供の成長を喜ばない親がどこにいる」 ←ここにいる
と自分を叱ったり。



今は、あんなに可愛かったトートが憎たらしいことを言うたびに、
「トートからの愛情は、ここまでくるまでにもう一生分先取りしちゃったんだ・・・」
と自分を納得させています。


これまでの、可愛かった思い出だけで、こやつらを育てていかなきゃならないなんて・・・
思い出は美しすぎる!! by.八神純子



昨日の偶然、近所のママ友に会って、
「今の可愛さをよーく覚えておいてね」
と話したばかり。


そのママ友は、子供がまだ小学5年生と1年生だから、
手がかかって大変だけど、可愛さはまだまだ十分あるはず。

なにせ、「お母さん」 と頼ってくれるものね、まだ。
この「頼られる」っていうことが、母親のモチベーションになっていたのだと知るこのごろ。



あ~あ、私もこんなことを言うようになっちゃったよ。
「子供が可愛いのは今だけよ」
なんて、絶対に言わない!!と決めてたのになぁ。



とはいえ、小さかったころの、無条件の可愛さとは形は変わったけれど、
今でも可愛いに変わりはありませんが、微々たるものだけど。



・・・やっぱり猫(犬でも可)か!?



スポンサーリンク

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.01 08:49 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、卒業おめでとうございます。
あぁ、でも継続はしていたのですね^^;
それでもサクラサクだからよしとしましょうか^^;

息子さんはきっと、ここぞという時は踏ん張ってくれるのではないでしょうか。
それまで親はハラハラさせられますが(´-ω-`)
2014.03.03 11:49 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。