ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

アナと雪の女王、吹き替えで見るか字幕で見るか?

6

この間の週末は、家族で 「アナと雪の女王」 を見た方もいるのではないでしょうか?


・・・というか、読んでいるブログで「見てきたよ!」 という記事をいくつか目にしただけですが^^;




私はというとですね、
これっぽっちも興味がない映画でした。


というか、映画自体に興味がない、
映画を見に行くのが面倒くさい、
映画を見る時間をとるために、事前に時間のやりくりをするくらなら特に見たくない、
というところ。



今は映画ってすぐにDVDになったりテレビでやったりするから、
わざわざ見に行かなくても・・・と思ってしまうのです。
これは個人の考えの違いですね^^;



最後に見た映画って・・・なんだろ?


「007/スカイホール」 かな?



しかもこれ、新聞で2枚当たって、
当日行けなくなったアニーの代わりにトートに仕方なく付き合って行った映画だし^^;
どんだけ見に行ってないか、よくわかると思います。



今見たいなぁと思うのは・・・「偉大なるしゅららぼん」?
まぁ、見に行くことはないと思いますが。



で、「アナと雪の女王」ですよ。
なんでも、「雪の女王」からヒントを得て作られたとか何とか。
映画のことに関して疎い私の耳にすら届いてきました。


「雪の女王」・・・懐かしい!!
子供の頃大好きでした。
何度も読んだなぁ。


怖くて、冷たくて、氷で閉ざされた世界を、まるで目の前で見ているような気持ちになりながら、
夢中になって読んだ本。
優しかったカイ少年が、冷たく閉ざされた心が子供心に胸が痛かった・・・


挿絵もおどろおどろしく、子供心にとても恐ろしく感じた本だったのですが、
もう一回読んでみたいなぁ・・・
今Amazonで探してみたけど、そんな古い本ないし・・・
どこの出版社だったんだろ。


お話の中で、ゲルダが雪の中に咲く小さな花を見つけるシーンがあったと思うのだけど、
それがなんていう花だったか思い出せそうで思い出せないし、
そもそも、それは雪の女王じゃなくて、違う話が混じっちゃってる気もするし。
あ~、それは 「森は生きている」 だったかも。


そういう意味でも、あの時読んだ、あの本をもう一度読んでみたいなぁ。





さて、かなり脱線しましたが、「アナと雪の女王」。
少し前に、25ヶ国語の主題歌の動画が話題になりましたね。



私は松たか子さんの歌が好きで、昔のCDはいくつか聞いていたのですが、
ますますのびやかな歌声になられていてびっくりしました。
よくあの高音が出せるなぁ。


「♪Let It Go~ Let It Go~」 も歌いやすいですが、
「♪ありの~ままの~姿見せ~るの~よ~」
と、ついつい口ずさんでしまうほど気に入っています。


もちろん、手から雪を出す、あのしぐさもしながら(笑)



でもこの時点ではまだ、映画を見に行こうなんて思ってもいませんでした。
だって子供のアニメだもの・・・




がしかし、なぜか急に、映画館に見に行きたくなったんですよね~。
絵も好きじゃないのに^^;


なんでだろ・・・
歌のPVが良かったから・・・?



私がPVを見ていた時にちょうどトートが来て、
「あ! これ面白いの?」
なんて話しかけてきたので
「人気があるみたいだよ。春休みに一緒に見に行く?」
と言ったところ、
「いいよ。」
だって!!



それかな、一番の理由は(笑)



まぁ、春休みの一日、トートと映画デートなんていうのもたまにはいいかな。
そう思って、ストーリーのあらすじとか、ネタバレなんかを読んでいたら、
やばい、これ「泣き系」じゃないですか!!


最近、更年期のせいか涙腺がめちゃゆるくなってるから、
トートの前で泣かなきゃならないのはイヤだなぁ・・・^^;




さて、この映画は2D? 3D?で上映されているそうですね?
私、未だに未体験・・・


というかね、絶対酔う気がするんです。
目が回って吐き気がしてきちゃって、ストーリーを楽しむどころじゃない気がする・・・



それから一番の問題は、
「吹き替えで見るか、字幕で見るか」。



洋画に関しては、これまで「吹き替えで見る」なんていう選択はありませんでした。
普通に、その国の言葉で見たいし。



だけど聞くところによれば、
ディズニーの吹き替えはかなり入念に作られていて、吹き替えで見る価値もあるとのこと。


今回ばかりはちょっと心が揺れるなぁ・・・


アナ:クリステン・ベル/神田沙也加
雪の女王/エルサ:イディナ・メンゼル/松たか子
クリストフ:ジョナサン・グロフ/原慎一郎
オラフ:ジョシュ・ギャッド/ピエール瀧
ハンス:サンティノ・フォンタナ/津田英佑
ウェーゼルトン公爵:アラン・テュディック/多田野曜平
パビー:キーラン・ハインズ/安崎求


アナが神田沙也加かぁ・・・^^;
でも声は可愛いよね、確か。



はっ! 動画発見!




すっ、素晴らしい・・・!!
キュート!! なんて生き生きしてるの!!

ずっと舞台で活躍してらしたけれど、実力をつけていたのですね~。
ちょっと感動。
もしかして、お母さんを超えちゃってませんか??



そしてオラフはピエール瀧!!
あまちゃん効果? 最近よく見かけますねw




どうして吹き替え版が苦手なのか、考えてみたところ、
話題性だけで演技経験の乏しいアイドルが器用されるのが苦手なのだとわかりました。
せっかくいい物語だったりすると、それだけで台無しになっちゃう、あの残念感が苦手だったんだ。


でもこの吹き替え版はどうも期待できちゃいそうですね^^
英語がてんで分からずに、字幕を追いかけて美しい映像を見逃すのなら、
いっそ吹き替えばんで存分に楽しんだ方がいいかも。



いやはや、神田沙也加ちゃんのファンになっちゃいました!



※ 小さな花を見つけるシーンはやはり「森は生きている」でした。
そして花の名前は「マツユキ草」! あ~、スッキリ♪

もうかなり、頭の中ではこの二つの作品が混ざってしまっている感じですね^^;



スポンサーリンク

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.18 22:30 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、好きさがコメントからビンビン伝わってきましたw
映画好きのアニーと話が弾みそうです^^

私はミュージカル体験が 「ライオンキング」しかないですが、
今後積極的に行ってみたいものの一つですね~w
あのライブ感、費用にふさわしいと思います!
2014.03.19 15:52 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.19 18:32 | | # [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.03.19 21:27 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
お母さんの歌声、デビューした数年は好きでしたが、
最近はあまり・・・
なんというか、技巧に走っているというか?

でも娘さんの歌声はとにかく素直!!
愛らしくて、人柄がにじみ出ているように感じるのですが・・


私もね、頭の中に常にあの歌がまわってます。
困ってます・・^^;
2014.03.20 16:58 | URL | #- [edit]
鍵コメ様 says...""
子供が小さいうちにどうしてもミュージカル体験をさせたいと思っていて、
それがやっと叶ったことがあったんです。
でもそれっきり、行けることはなくなっちゃったなぁ^^;

そして!!
そのミュージカルをちょっと調べたのですが、
ナント! 宇宙兄弟の人ではないですか!!(この間、録画を見たばかりw)
気になってたんですよ~、誰だろうって(#^.^#)
そっか、ミュージカルをやっている俳優さんだったのですね。
私も見てみた~い!!
2014.03.20 17:09 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。