ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

男子ごはんのビール作りに感化

0


先週末、久しぶりにオットーが帰ってきました。
3月は毎年、年度末と決算が重なり忙しいのですが、
今年もまた忙しいことと、もうすぐやってくるゴールデンウィークの休みの都合で、
3週間ぶりの帰宅となりました。



少し前に、
「今後、夫と二人の生活ができるのか不安」
と書きましたが、久しぶりに会うと新鮮(笑)で、何かと楽しくて、
やはり家族そろって暮らせるというのは良いことなんだなぁと思ったり。


今年、単身赴任から戻って来られなかったということは、
来年から多分家を出て行くであろうアニーとは、もう一緒に暮らすことはないということ。


もしかしたら大学は家から通うことになるかもしれないし、
もしかしたら大学卒業後、家に帰ってくるかもしれないし、
それは今の時点ではまったくわかりませんが、
どちらにしても、オットーとアニーは現時点では一緒に暮らすことがなくなったわけです。


そういうことを考えると・・・
いろいろ寂しくなりますね。

でもここは前向きに考えるとして。



さて、オットー不在の現在の我が家は、
アニーに完全に乗っ取られています(笑)


そして頼みの綱だったトートも、今や完全に 暗黒面に落ちました。
暗黒面(=アニー)の魅力は抗えないほどだったのでしょう。
そのうちトートは強烈なモンスター(=ダースベイダー卿レベル)になる予感(´-ω-‘)



そんな二人も、真の帝王(=オットー)が帰ってくると立場は逆転。
笑えるほど弱くなるアニー、
従順な犬に変身するトート。

あ、トートは犬じゃなくてタヌキか。



オットーの一言でアニーは一発で黙るし、
普段は私がテレビを見ていてもそばに来ようともしなかったトートは
オットーにまとわりついてるし。


このタヌキ・・・生き方上手だな(´-ω-‘)


まぁ、おかげで穏やかに過ごすことが出来た週末でした。
怒る人が一人と子供二人、というのと
怒る人が二人と子供二人というのは全然違いますね。

しかもその怒る人のうち一人が男というのが大きいのかも。
オットーは手をあげる人じゃないけれど、
もし手をあげられたらアニーなんて太刀打ちできないから、
本能的に
「この人には逆らうべきではない」
とわかっているんだろうなぁ。


でも私に対しての態度は全く違います。
なめられきってます。
仕方ないのかな、それも。




さて、子供たちの学校はカレンダー通りですが、
オットーには大型連休が待っています。
忙しい期末が終わったせいか、オットーの気持ちはすでにGWに行ってます^^;
何をしようか、どこへ行こうか、希望でパンパンに膨らんでいるオットー(笑)



そんな時に、三人(私を抜いた)で見ていた 「男子ごはん」。
元々アニーとトートがこの番組の大ファンで、毎週欠かさず見ているのですが、
この間の放送は三人で見ていました。


そこでやっていた 「手作りビール」 に激しく反応するオットー。
ビールには興味がないけれど、発酵には興味があるトート。
別にどうでもいいアニー(笑)


「いいね、作ってみたいね」
「うん、作ってみたい!」
「・・・まずそう・・・」


確かに。
私も地ビールは苦手。


「ゴールデンウィークに作ろうか!?」
「いいねいいね!」
「・・・」



ということで、ゴールデンウィーク中に、我が家でもビールを作ることになりそうです。



キットもあるけど、こういうのを使うのが好きではないオットー。
きっと (キットだけにね)そういうものを使わずに作るとか言い出すだろうなぁ。

面倒くさい思い付きをしたもんだ・・・^^;



「キリン横浜ビアレッジ」では、手作りビール教室なるものがあるのだそう。


麦汁は横浜工場でお預かりし、その後の製造工程を経てびん詰めを行った上でビールづくり体験教室オリジナルラベルを貼付し、教室開催の約6週間後に完成品をご指定の1箇所に宅配便でお届けします。
※お届けする量は1グループにつき中びん(500ml)×20本です。


いいじゃんいいじゃん、これでいいんじゃないの?

というか・・・
ビール工場見学で、無料試飲するっていうのでもいい気がするけど・・・^^;


希望でパンパンに膨らむ男二人、
尻込みする私。


ゴールデンウィークはもう間近!ですねw



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。