ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

住宅ローンの残額で考えたこと

4



この間、近所の人と話をしていた時のこと。



そのお宅は、旦那さんと奥さんが50代後半、
お子さんは30歳独身の長男・チャライけどイケメンの次男(27~8?)・25歳くらいの娘さんの三人。
みな社会人で、一緒に暮らしています。



飼っている猫の話から更年期の話(笑)、
そして、お互い家があちこち古くなってきたよね~という話。



このお宅は、うちより2年くらい先に家を建てたのですが、
10年を境にあちこち壊れてきたのだそう。


まずはボイラー。
その頃は娘さんがまだ大学生の頃で、ちょうど学費やらなにやらかかる時期だったので
「あと1年もたせて」
と、部品の修理だけしたのだそう。


うちも少し前にボイラーが壊れ修理をしましたが、
家を建てて13年目の出来事でした。



その数年後、ボイラーを取り換え、台所の水回りの修理、トイレの修理・・・と、
結構修理を繰り返しているのだそう。


やはり、大人が5人住むというのは、家もそれだけ負担がかかっているのでしょうか?
とにかく、よくあちこちが壊れるのだとか^^;



そんな話をしている流れで、私が、
「うちもあと少しで住宅ローンが終わるから、一番苦しいのはあと数年、あと数年頑張れば、最大の山場が乗り越えられる」
と言ったところ、ものすごく驚かれました。


「えぇぇっ!? 住宅ローン、もう終わるの? うちなんてお父さんが定年になってもまだまだ続くよ・・・」



よそのお宅の住宅ローンの話などなかなか聞くこともないので、
「ふ~ん、そういうものなのか?」
と思いました。
みなさん、どうなのでしょうね?


ローンが終わると聞いて、
「やっぱり旦那さんの稼ぎが違うよね~」
とも言われたのだけど、ん? そうなのか??


いや~、決して稼ぎは多くはないと思うのだけど^^;


たまたまそんな話をオットーとしていて、
オットーよりも年齢が2つほど上の同僚で、
役職もなく、残業手当は出て、休日出勤もほとんどしていない人が。


それはオットーの会社内では
「自分の立ち位置や年齢を、少しは考えたほうがいいのでは?」
と思われているそうなのだけど、本人は外野の声を一切スルー、
わが道を行っています。


それに比べ、残業手当もつかず、中間管理職として叩かれ、休日も出勤して働き続けてきたオットー、
一体その人とどれくらいお給料が違うのかと言えば、
「月に5万円も変わらんやろ」
だって。


そんなことを考えるとバカバカしくなっちゃうような気もしますが、
オットーにも 「男としての仕事のやりがい」 みたいなものもあるのでしょうから・・・
私などが何を言う事もできませんが。



だからその奥さんにも、
「やだ~、私のやりくりが上手って言ってよ~」
と冗談っぽく言いましたが、いや、ホント^^;



堅実でまじめな夫に、ちゃらけた妻、的に見られているようですが、
私がしっかり家計を締めているから今があるわけで。
もちろん、オットーがまじめに働いてお給料を持って来てくれるからそれもできるわけですけどね。



たまにコメントでも、
「どうしてサラリーマンの家庭で私立の学校に行けるのかを知りたい」
と聞かれるのですが、
自分でもなぜかはよくわかりませんが(笑)、何か理由があるとしたら、
「これまでの節約生活のたまもの」
ということかも。



私が一番苦しかったのは、
アパート住まいをしながら、家を買う費用を溜めていた頃。


結婚すると皆会社の社宅に入るのに、
うちはオットーが
「家に帰ってまで、周りに会社の人がいるのは嫌だ」
というので、安い社宅に入らずにアパートに入居しました。


ま、私の性格からいっても、
会社の人の奥さんとお付き合いをしないで済んだのは楽だったとは思いますが、
一番嫌だな~と思ったのは、
「奥さんが社宅に住むのが嫌だって言ったんだろ」
と言われること。


その逆なのにオットーは、いちいち言い訳するのが面倒、
というか、本当の理由は会社の人に言えないわけで、
「そうなんですよ、人づきあいが嫌いな奥さんなんで」
とか言い続けたのです。


なんか、腹立つでしょ?



そんな風に思われながら、アパート代を払いつつ、家を買う費用も貯め、
当然その頃はまだお給料も低くて、
よく泣いていました、一人でこっそり(笑)
やっぱり、経済的な不安って、精神的にきますよね。



それでもとにかく、
「アニーが中学に入学するまでは、毎年繰り上げ返済をする」
と決め、ボーナスもほとんど繰り上げ返済にあてました。
1年のうちに、2回繰り上げ返済をした年もありました。


その頃はまだ、アニーを私立の中学に入れる予定はなかったのですが、
お金がかからないのは小学校の時だけ、と思い頑張りました。


今振り返ると、結果的にそれが今に繋がったのかなぁと。


家を建てる時にも、夫婦で決めた 頭金の金額があり、
それまで 「ここがいいんじゃない?」 と思った物件もいくつかあったのですが、
まだ頭金が予定金額に達していないから、と見送ったことも数度。


結局、決めていた頭金がたまった頃に、条件があう物件があったため
購入を決めたのですが、
月々の支払額は、それまでのアパート代以下になり、生活はぐんと楽になったのです。


聞いたところによると、そのご近所さんは急に家を買うことに決まって、
頭金もなく、手元にあった80万円を頭金にしてローンを組んだのだとか。
もしかしたらですが、そのあたりが
「ローンの支払いが定年後まで続くか・続かないか」
が分かれ目だったのかもしれませんね。



以前にも書いたことがありますが、
うちは何かを買う時にローンを組むことはしません。
唯一、住宅ローンのみの借金です。


電化製品も車も、買うのは貯蓄がたまってから。
そのために月々に品目に分けた、さまざまな積み立てをコツコツしているわけです。
こういうことの積み重ねが、サラリーマン家庭でも子供を二人、私立の中学校に通わせられた理由なのかも。


まぁ、私のような面倒くさがりの主婦などよりも、
キチンと家計を管理できる主婦はたくさんいるし、
「どこにお金をかけるか、どこを削るか」
というのは人それぞれです。


その中で、私たち夫婦の決め事は、
「子供の教育費には糸目をつけない」
ということ。


でもそれ以外の生活はいたって質素です。
旅行も行かないし (年に二回の関西への帰省が旅行替わり・帰省費として毎月貯蓄)
外食もたまにしかしないし、贅沢と言われるようなことがほとんどしていないかなぁと。


何が正しい、何が間違っているというのではなくて、
うちは子供に対して、できる範囲であれば費用をかけることが決して辛くないのです。
ただそれだけ。


外食がなにより好きな家庭もあるだろうし、
旅行に行くためなら他の部分を削ることも辛いくないという人もいるだろうし。

ご近所さんも、ローンはまだしばらく続くそうですが、
家族の思い出を、ご近所さんなりの考えで楽しんできたのでしょう。


これも以前書いたことがあると思いますが、
友達が自分の親に、
「うちには残せるような財産はないけれど、あなたたち(二人姉妹) には、教育という財産だけは残してあげたい」
と言われたのだとか。


素敵だなぁと思いました。
そしてその時はまだ独身だった私も、
「私も子供に教育の財産を残してあげたい」
と強く思ったのです。



幸い、自分の子供に対する愛情だけは持て余すほどにあったので、
その時に思ったこととピタッと重なった、という感じです。



ま、要するに何もかも私の 「自己満足」 とも言えるのですが^^;



スポンサーリンク

4 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.02 15:01 | | # [edit]
囲碁ママ says...""
私も息子に教育という財産を残したいと思ってます。
我が家は夫婦揃って高卒で。
私は専業主婦なのでなにも今まで支障はなかったのですが・・・。
主人は大変だったと思います。
そこそこの会社に入ってから、今の地位に行くまで本当に学歴の重さを感じたと思います。
しかも絶対働かない嫁もいるし(笑)。
よく勉強だけ出来てもって言う人がいますが(中学受験で影でいわれてたと思います 笑)
そういう人に限って私の中では???ですし。
職業の選択を出来るようにさせる事は大事ですよね~。

私が一番つらい時期だったのは、家を買って、1から2年ぐらいでした。
家購入すぐは手元に100万無かったですから・・・。
この1から2年、もし何かあったらと思って厳しかったです。
繰り上げ返済もできす^^;、定年後もローン払うよていです・・・
まぁ、幸い何もなく現在も専業主婦で楽しく暮らしているの・・まぁ、いいか。

ただ・・・旦那と2人の休日の過ごし方も考えないといけませんね・・・。
その1歩がまだ、踏み出せません(笑)。
2人で旅行なんて・・・とんでもない・・・。




2014.05.07 08:44 | URL | #- [edit]
鍵コメ様 says...""
私もザルの経済観念ですよ~^^;
家計簿は三日坊主だし、つけたらつけたで、それを活かせないし (-_-;)

ただ、性格的にすぐに不安になるタイプなので、
もしかしたらそれが良かったのかもしれませんね。


来年からのことは本当にわからないです、どうなるのか。
でも最後の山なので、何とか乗り切ろうと思っています^^
2014.05.07 11:50 | URL | #- [edit]
囲碁ママ様 says...""
学歴は関係ないと思いたいですが、
そういう自分だって、気になる芸能人がいるとすぐにウィキペディアで出身校をチェックしてみたり。
本人が納得のいく選択をしてさえいれば、のちのち後悔することもないと思うのですが。

きれいごとのように聞こえてしまうかもしれませんが、
財産もなく、残せるのは教育しかありませんよね。
それを素直に受けてくれる子供たちにも感謝しなければ^^;


住宅ローンが終われば終わったで、いろいろな費用もかかると思います。
考えると気が休まる暇がありませんが^^;
楽しく乗り越えたいと思います。

まずはオットーに長生きしてもらえるよう、食生活を改善したいなと(笑)
2014.05.07 12:11 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。