ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

受験生のゴールデンウィークは先輩に会いに

0


このゴールデンウィーク、
アニーは勉強に、トートは部活に明け暮れていました。


アニーは勉強に・・・なんていうと聞こえはいいですが、
ただ家にいて机に向かっているだけで、それが実になったかどうかは別の話^^;


でも唯一、一日だけ、丸一日出かけた日がありました。
アニー曰く、
「この日だけ出かけるから、予定を目いっぱい詰め込む」
と言って、ナント、アニーにしては珍しくスマホで予定表を作り、
これまた珍しく私にラインでその予定表を送ってきたという。


アニーの本気が見えますね(笑)



だいたいアニーの場合、こういった予定は 「計画倒れ」 になるパターンですが、
なぜかこの日は、朝から晩まで、予定通りきっちりとこなしてきた様子。


本気・・・出せるんだね。



ところでアニーがラインしてきた予定表は、
電車の時間や行く先が書いてあるだけで (それだってこれまでのアニーからしたら御の字だけど)、
何をしに行くのかはあまりよくわかりませんでした。


私が知っている情報としては、
ここにきて浮上してきた大学を見に行くことと、美術館に行くこと。


それから、先輩と会う予定があるとも聞いていました。



おぉぉっ。
アニーが、先輩とだって。
なんだか新鮮。


アニーの部活は同好会で、試合もなく練習もあったりなかったり。
高等部に進学してから、一年くらいはダラダラとやっていたものの、
二年生からは事実上の引退状態。

ま、それもいいんですけどね。


以前にも書きましたが、アニーが入っていた同好会は ゆるゆる。
やってることは硬派系なのですが、やってる人たちはみなゆる~い。


先輩のことなんかも
「〇〇君」
なんて呼んじゃうと知った時は、腰抜かしそうになりました。


私の中学の時って言ったら、先輩はもう怖いものでしかなかったし。

小学校の時に仲良くしていた一年上の先輩で、いつも
「コトちゃ~ん^^」
と呼ばれていたのに、同じ部活に入部して後輩になった途端、
「おい、水谷!!」
と言われたのは当時かなりショックでした・・・

でもそれで 「縦社会」 を知ったわけですけどね。


それが、先輩を 「君呼ばわり」 だなんて。


ただ、先輩も先輩で、そう呼ばれることに対して何も言わないのだとか。
ふ~ん、同好会ってゆるいのかしらね。


・・・なんて思っていたのですが、先日トートの部活でそんな話が出た時に、
「うちの学校の部活は全体的にそんな感じみたいよ~」
とママ友が言っていました。

トートの入っている部活は、唯一人数も多く、比較的厳しいスポーツ部なのですが、
それでも上下関係はゆるゆるなのだとか。
厳しいのは先生だけ(笑)




そんなアニーの部活での先輩後輩関係を知っていただけに、
「先輩に会いに行く」
なんて、ちょっと嬉しくなってしまいました。



帰宅後、詳しくあれこれ聞いたところ、
その先輩は医学部に受かった先輩で、部活の時からとにかく世話を焼いてくれるいい先輩だったのだそう。

以前から
「今度メシ食おうぜ」
と誘われていたらしく、ちょうど近くに行くので先輩に連絡をし会う約束をしたのだとか。


アニーってこういうことを絶対しない人でした。
「面倒臭い」 とか言って。

だから、先輩から言い出したわけではなく、アニーからわざわざ連絡を取って約束を取り付け、
ついでだとはいえ、会いに行ったというのが本当に驚き。


やはり、受験生になって、受験を経験してきた先輩の話を聞きたくなった、とか??




そんな母の期待もむなしく、ただフツーに
「ご飯食べて普通に話しただけ」
だそうで、ちょっと肩すかし^^;


でも、寮に住んでいる先輩からいろいろな話を聞いたりして有意義な時間を過ごせたそう。


駅まで迎えに行った帰りの車の中で、
「今日はお風呂いいから」
というアニー。

アラ珍しいと思ったところ、ナント
「先輩と銭湯に行ってきたから」
だって!!!


えぇ~っ? あなたが? あなたが先輩と銭湯に??


「一応遠慮したんだけどさ、先輩が行こうぜって言うから」


そっかぁ~、あんなアニーでも、先輩の言う事は聞くんだね。
なんか新鮮(笑)



 
朝から晩まで、びっちり予定をこなし、先輩とお風呂まで入り(笑)、
ゴールデンウィークの一日を終えたアニー。


いろいろな意味で貴重な一日となったことでしょうね。



スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。