ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

男の子の食事の特徴?ひねりはいらなかった!

4


皆さんのお宅では、朝食はどんなものを食べていますか?


まず、ご飯かパンかで分かれますよね。
あと、季節によっては
「こんなに暑いと食べ物が喉に通らないからシリアル!」
という話も以前聞きました。


忙しい朝ですから、余裕をもって朝食を準備するということはなかなかできないと思います。
それにうちでいえば、
朝から食欲がない高校生と、
好きなものだけを食べ続けたい中学生なので、
食欲がなくても食べられそうなものを、とか、
好きなもんばかりでは栄養的にも心配・・・と、あれこれ考えることも多いです。



ちなみにオットーの実家ですが、
結婚してから毎年二回帰省してきましたが、
この19年間、ずーーーーーーーーーーーーーーーっと同じ朝食です。


これ、何気にすごくありません??



朝はパン食なのですが、オットーいわく、
「昔はご飯やったで」
だそうで、子供が巣立って行き、ある時期からパン食に切り替えたのでしょう。


以前は子供の朝食にはご飯、という強いこだわりがあった私は、
オットーの
「そのうちまたご飯に戻るのでは?」
という言葉に期待していましたが、結局この20年近く、パン食は続いています。
ま、もう別にいいのですが。


今では、帰省のときに食べるブリと美味しいパンが待ち遠しいほど。
パンは 「パンネル」 の山形食パン。
3斤パンを一本買ってきてスライスし、冷凍して小分けにして食べているそう。


で、そのパンネルのパンと一緒に出されるのが、
レタス・茹でたブロッコリー・トマトの三点セット。
ワンプレートに、この三点セットが年間を通して出されます。

夏などはいいけれど、冬場など、一緒に買い物に行ってもビックリするほどトマトが高い時期もあり、
それでも義母は、何のためらいもなく 高いトマトをカゴに入れます。

高いトマトって、別に糖度が高いフルーツトマトとかじゃないです。
普通に、季節外の野菜だから高い、ということ。


これがいい、と見聞きしたものを信じ、食べ続ける義母。
そのおかげか、骨粗しょう症や骨折などはあるけれど、内臓の病気はこれまで一つもありません。
私的には、牛乳信仰をやめてくれれば さらにいいのになぁと思うのだけど^^;



これを和食バージョンに置き換えて、同じものを出せば自分が楽だとは思うのだけど・・・
なんとなく、手を抜いているような罪悪感みたいなものがあって。

たいしたものは作れないけれど、
とりあえず昨日とは違うものを出したいなぁと思う気持ちがあるのですよね。




さて、昨日の事、子供たちのお弁当はとんかつでした。
あまりにも簡単過ぎてひねりがないのでどうかと思ったのですが、
せめてシソをはさんだ シソとんかつにすることで、自分の中で折り合いをつけました。


ところがその日、学校から帰ってきたトート、
「今日のお弁当、美味しかった~!! 毎日ああいうのがいいな」
と言うのです。


そりゃぁトンカツや唐揚げは子供の好物でしょうからそういう言葉も出るのでしょう。
でも次に続いた言葉にちょっとビックリ。


「ああいう、安心して食べられるお弁当はいいね」



ん?
それ、どういう意味?


安心って・・・?


「あぁ、食べる時にさ、 【これ、何だろう?】 って思う食べ物って・・・ね^^;」



ナルホド。
トートのこの言葉に、ガツーンと殴られた気がしました。



食べ慣れたもの、好物のものは安心して食べられる、
逆に、初めて食べるようなものや、食べたことのない味には不安感を覚える。


もちろん、不安を抱えて食べた後に 「美味しい!」 と思って好物になるものもあるのでしょうが、
「美味しかった!」 という言葉の中には、
「何の心配もなく、見た目で何とすぐにわかるもの」
というキーワードが隠されていたのでした。


これは・・・軽いショックです^^;
というか、聞いておいてよかったというか。
この部分を知る・知らないでは、今後お弁当を作り続ける上で、
というよりも、トートがお弁当を食べ続ける上で多少なりとも負担になってしまうところだったかもしれないし。



お弁当というのは3食のうちの1食ではあるけれど、
学校で、友達と、午後の授業の前に食べるという事で、
家で食べる食事とはまたちょっと違ってきます。

栄養も大事だけれど、楽しく食べられて、午後もまた頑張れると思えることも大切かと。
だとしたら、私がよく使う 「流行の調味料」 や、
アニーのお腹具合に合わせたマクロビオティック風のおかずのお弁当は、
トートにとっては、口に入れるまで、ごくわずかながら不安を感じていたのなら、
それはそれでちょっと可哀想だったなと。


まぁ、トートの場合は特にそういうところが強いというか、
好き嫌いや好物の傾向みたいなものがあるからでしょうが・・・



うちの子のお弁当には、なんのひねりもいらないってことですね^^;
それから、これからは朝、
「今日のお弁当は〇〇だよ」
と言ってあげよう。

そうすれば、少しは苦手なものでも心構えができるかも!?

 



スポンサーリンク

4 Comments

囲碁ママ says...""
kotori* の話で思い出したのですが・・・。

昔、友達が彼と喧嘩した理由を聞かされたのですが。
彼のために友達がご飯を作ったのです。
ある1品でもめたとの事。
彼は手もつけなかったようで、友達が”食べてみて美味しいから”と言ったところ
”26年間の人生で見たことがない。26年間食べたことないから嫌だ!!”
との事でした。友達は凄く怒って私に話をしてくれたのですが・・・
なんかわかりますよね(笑)。
私も見たことないものに手をつける勇気が(笑)
ちょっとそれました^^。
2014.05.22 08:16 | URL | #- [edit]
囲碁ママ様 says...""
なるほど~^^

やはり男子というのは
「種を残そうとする本能」
から、危険と察知する能力が強いのでしょうか?

というか、彼女や奥さんや母親が作ったものを
「危険」
と察知されるのも悲しいけど(笑)

私は飲み物に対して、初めてのものは手が出ないかな~。
飲んでみたい、味を知りたいと思う時は、オットーに飲ませて事細かに聞き出します(笑)
2014.05.22 16:48 | URL | #- [edit]
歌穂 says...""
男の人は一般的に母親(奥さん)の「創作料理」というものが苦手なように思います。
見たことがない、味が想像できない料理とかですね。
もう少し美味しくしたい、色々工夫したい、新しい料理に挑戦したいという気持ちを抑えて定番料理を作り続けるって難しいことかもしれません。
2014.05.22 18:58 | URL | #- [edit]
歌穂様 says...""
子供たちが毎週楽しみに見ている「男子ごはん」、
私も録画してあるのをたまに見るのですが、
栗原心平さんのお母さんはご存知の通り栗原はるみさん。
心平さんが小さい頃から料理研究家として活躍されてきたわけですが、
はるみさんの作る料理は女性好みと言うか、ハーブを多く使ったり、
創作料理なども多いかなと思います。

そういう料理を食べ慣れているせいか、心平さんの料理にもハーブが多用されていて、
MCである太一君には、たまに苦手なものも(笑)

これが一般的な男子の好みなのかなぁと思ったり。
太一君に親近感を覚えたりしています^^;

うちの子たちも、太一君派(笑)
2014.05.23 17:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。