ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

今度はどんな曲が弾きたい? 早くも発表会の曲が決定

0

これまでCDを借りてきても、ituneの使い方がわからずアニーに頼んでやってもらっていたトート。

が、ちょっと考えてもわかるかと思いますが、
アニーも何かを頼むのは、そりゃぁ大変なことであります。


下手に出て、アニーの機嫌を伺い、対価としてとても釣り合わないことを要求され、
余りに目に余るのでそこで私の雷が落ち。


本当に・・・どうしてあんなに人の足元を見る人間になったのか、アニー。

スポンサーリンク
私が教えられれば一番いいのだけど、
私はパソコンは得意なのに、なぜかアップル社の製品すべてと相性が悪く。

本当に不思議。
パソコンなんて、誰に習ったわけでもないのに、かなり使いこなせるにも関わらず、
アップルは全くわからないという。
 
こればっかりはもう、相性としか言いようがありません。
アニーはアップルLOVEですが。


ituneも、わからなくはないけれど、教えてあげられるほど詳しくもなく、
なんだかわけわかんない間にipodに入った・・・という事の繰り返し。


そもそも普段、携帯プレーヤーで音楽を聴くことなんてほぼないから、
1回の操作じゃなかなか覚えられないのよね^^;



中学になり、半年ほどたった頃、トートは辛抱強くアニーにituneの使い方を教わっていました。
「アニーさん、暇な時でいいから、忙しくない時に、1回でいいからituneの使い方を教えてもらえるかな」

アニーは自分に分があることがわかっているので、
かなり引き伸ばしていました。
そりゃもう見ていて腹が立つほど。


そして最後の切り札を渡したあと、どうしたと思います?
今度は、自分でituneに取り込むことをせず、トートに丸投げです。

「教えてやったんだから」
ということだけで。


アニーは部活で縦社会も経験してないくせに、
縦社会の美味しいところだけはなぜか知っているという(-_-;)
たちが悪いったらありゃしない。


私は姉だけど、妹に対してこういうことはしてないけどなぁ。
誰の遺伝子だ?




とまぁ、アニーに頼らず、好きな時に曲を取り込む喜びを覚えたトート。
図書館でCDを借りてきてはちょこちょこ自分のipodに入れています。


前にも書いたように、昭和歌謡を入れることもあるけれど、
トートはそのほとんどがクラッシック曲。


さすが、長年バイオリンを習っているだけあるわぁ~(#^.^#)



・・・と思ったのだけど、なぜかトートが好んで聞いているのは交響曲。
私の好きではないジャンル^^;

私は協奏曲とか、楽器の数が少ない方が好みで、
管弦楽はあまり好んで聞かないので、トートはその真逆。

ま、クラッシックを聞くのはありがたいですが。



そろそろ現在練習しているツィゴイネルワイゼンがそろそろ終わるという頃、先生から、
「トート君、今度はどんな曲が弾きたい?」
と聞いてきてくれたのだとか。


トートもスズキの教本を6巻まで終え、アニーもそうだったけど先生は、
教本をこの先に進めることはしないようで、それぞれの年齢に合った曲を指定してくれてきています。


だから、どんな曲が弾きたいのかという問いかけはなんだか新鮮。


これまでのトートならきっと、
「いや、特にないです」
と言ったのだろうけれど、ipodにはたくさんの交響曲が入っているため、
好きな曲をいくつか言ったのだとか。


すると先生、たいそう喜んだそうな (日本昔話風)。
そして、

「トート君もホラ、アレ持ってるの? あれに入れてるの? ホラ、四角い機械w」



四角い機械(笑)
先生・・・本当に機械が苦手なようで^^;

あとでその話をアニーにしたところ、
「そうだよ、先生が持ってるipodだって、誰かがくれた第一世代か第二世代のだったし」
と。

そして

「さらにすごいのはさ、その中に一曲もまだ曲が入ってないんだよ? もらったのはもうずいぶん前なのに、未だにだよ?」


先生らしいけどね^^;




で、トートが今、家でも個人的に練習している、
バッハの 「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」 が好きだというと、ナント、
「まぁ! 先生もちょうどその曲をトート君にどうかなぁと思ってたのよ! じゃぁ決まりね♥」
となったそうで。


これには小さく大喜び(笑)のトート。
これまで、弾きたくない、好きではない曲を嫌々弾いていたけど、次の曲は自分が弾きたい曲が弾けるのだから、
さぞかし練習にも身が入ることでしょうね(ニヤニヤ

楽譜も早く買ってとせかされ。




図書館でCDも借り、



パールマン演奏のものだったので、小さくガッツポーズw
さて、これで発表会に向けての準備は整いました。
あとは・・・



ツィゴイネルワイゼンをちゃちゃっと終わらせて(-_-;)


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。