ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

不器用な優しさに癒された~! そばに誰かがいることのありがたさ

6

粗忽者の私。
とにかくよく体のどこかをぶつけています(-_-;)

冷えとり健康法を始めてからは、小指を椅子の足にぶつけなくなったかな^^;
それだけは唯一の救いかも。

冷えとり・・・やっててよかった(笑) ←そこぉ?!

スポンサーリンク

とにかく、自分でも物事をテキトーに済ませすぎているのはわかっているのです。
でも・・・ダメなのよねぇ。


特によくぶつけるのは肩。
ドアのすきまを通り抜ける時によく肩をぶつけて 「あいたっ!!」 となります。


何かに、
「自分の体をよくあちこちにぶつける人は、自分を大切にしていない」
と書いてあったので、それからはぶつけてしまった時は
「ごめんね、次はもっと慎重に歩くから(`・ω・´)」
と言ってます、自分に^^;



そんな粗忽者の私は、よく包丁で手を切ります。
これは大体切る時が決まっていて、誰かに話しかけられた時。

意識がそちらにいった途端、やらかします。


とはいえ、そうたいしたほどでもない傷なので、バンドエイドをくるっと巻いて、すぐにまた作業に戻るわけですが、
先日はかな~りザックリいきました。


ザックリ・・・・ザック・・・ザッケローニ(*'▽') ←言わなきゃ気が済まない



夕飯の準備中、トートが帰ってきて楽しく話をしながら下ごしらえをしていたところ・・・
ザッケローニ( ;∀;)

そもそも、私の左手の添え方が悪いのはよーくわかっているのです。
猫の手にしつつも、その手をまな板に対して直角に置くクセがあるため、どうしても親指の第一関節をザッケローニしやすいのです。


しかも今回のザック、かな~り深かった(-_-;)
ザックした瞬間、
「あ、ヤバイ」
と思ったほど。


そして私が手を切るのを見慣れている子供たち、私の症状からその怪我の深刻度がわかるようで、
そばにいたトートなどは
「どうしたらいい? なにしたらいい? 何してもらいたい?」
と、自分の想像する処置を押し付けるのではなく、私がしてもらいたいことを聞いてきました。

多分トートは、自分が話しかけたことの延長線上にザックがあったと思ってしまったのでしょう。
違うのよ~、粗忽者の延長線上なのよ~^^;


まずは、この後大量に吹き出てくるであろう出血を止めなきゃならないので、トートにティッシュをリクエスト。
これでギュッと押さえておけば、これまではたいがい止まっていました。

が、さすがに今回のザックはそうはいかず、何度かティッシュを替えなければならず。
隣であたふたしているトート。


その時アニーは隣の部屋で勉強していたのですが、
台所のドタバタをそちらから伺っていたのか、急に席を立って何かをゴソゴソしだしたと思うと、
絆創膏を取り出し、剥離紙をはがして
「はい」
と渡してくれました。


たったこれだけの事なのだけど・・・嬉しいものですね^^;
かーさん、カンゲキ。
傷の痛みも一瞬遠のいたよ。

あの面倒くさがりの、縦のものを横にしようともしないアニーが剥離紙をはがしたってところがミソ。
アニーにとって、この出来事がそれだけ大きかったという事。


トートの
「どうしたらいい? 何がしてもらいたい?」
も嬉しかったなぁ。

犬じゃ癒しはもらえても、ティッシュはもってきてくれないよね^^;



そこで急にまた寂しくなった粗忽者かーさん。
この子たちがいなくなったら、私は一人で泣きながらティッシュを持ってきて血を止めて、
片手で絆創膏の剥離紙をオタオタしながらはがすのだなぁと。


そこにオットーはいないんか~い( ゚Д゚)  ですが、
オットーの無神経な気遣いにも、こういう場面ではイラッとくるのよね^^;

世の中のオットは辛いね。



こういう、ちょっとした何気ない子供たちの一コマが、
今の自分の心のアルバムに蓄積されていっています。
かなりセンチになってますね(センチって、古いね)。


でも、こういう蓄積があるからこそ、普段憎たらしくてもそれがチャラになるわけで。
傷は痛いけれど、子供たちの優しさに癒されました。


スポンサーリンク

6 Comments

歌穂 says..."No title"
お怪我はその後いかがですか?
アニーくんも、トートくんも優しいですね^_^

子供がいなくなったら…、と言っても子供も一人暮らしなわけで、
「袋ラーメンを作っていたら腕を火傷して丼も割れちゃったー」とメールが来た時にはそれはもう心配しました!対処方法を教えつつ、今すぐ息子の元へ飛んで行きたいと(^_^;)
息子が一人で怪我をするなら、自分が一人で怪我をした方がマシです!(笑)
2014.06.12 09:14 | URL | #YNpCZ2A6 [edit]
ねね says..."お大事に!"
はじめまして、こんにちは。
"徒然なるままに、ありのままに"の雰囲気が大好きで、いつもこっそりとお邪魔している者です
指、大丈夫ですか? 今回はかなりの負傷みたいで、治るまで大変でしょうが、どうぞお大事にしてくださいね!
実は私も、体のあちこちをよくぶつけたりして、かすり傷やアザをつくったりしておりましてね…(^_^;)
友達曰く、そういう人は三次元などの空間を認識する脳の働きが一般的に鈍いと言うか、甘いそうで…(T▽T)なるほど、そうかもです!
でも、やっぱり子供はかけがえの無い有り難い存在ですね!!
母を心配する息子さん達の優しさが、こちらにも自然に伝わってきて、ほっこりと癒されました!
我が家は小4男子で、今まさに素直くん→自我に目覚めた頑固者くんに変貌しつつあるために、生活や勉強面で親子バトルを繰り広げている毎日で、本当にクタクタの状態ですが、でも、やっぱり愛しいです!!子供って!有り難い存在です!!
すみません、はじめてでベラベラと。
手の傷が一日も早く治りますように、お大事にしてくださいね!
2014.06.12 10:20 | URL | #- [edit]
pooh says..."No title"
お怪我大丈夫ですか?
私も前に筍でぐさっとやったことがあります。なにか
見てはいけないものが見えた気がして震えました・・
(ToT)/~~~
キズパワーパッドがいいですよ♪(既にお使いでしたらすみません。)

我が家の大学受験は2年後ですが、今から落ち着きません。1人暮らしをさせる心構えがまるでできない・・・(その前に学力ですが・・)
kotori*さんは、寂しい気持ちを胸にしまって着々とその日の準備をされてるようにお見受けします。
2014.06.12 18:04 | URL | #UM9M1Tto [edit]
歌穂様 says...""
歌穂さん、ご心配おかけしてすいません。
もうすっかり大丈夫w
・・・といいたいところなのですが、思っていた以上にさらにひどかったようで、
未だに血が出てくるという・・・(´-ω-`)
少しずつはよくなっているのですが、完治にはまだ時間がかかりそうです(-_-;)


あぁっ!!
私もそんなメールをもらったら飛んで行きたくなる!!
目の前で見たほうがまだ安心できますよね。想像だと際限なく膨らんじゃって。

私も、アニーやトートがけがをするのだったら自分がした方がマシ!
これ、少し前に体を壊した母も言ってました・・・
「あなたたちの病気は全部私が肩代わりする」
って。

母、もうすぐ80歳。
その年まで子供の心配をしなきゃならないのは・・・辛いなぁ^^;
2014.06.13 16:32 | URL | #- [edit]
ねね様 says...""
ねねさん、こんにちは!
いつも読んでくださってありがとうございます^^
そしてコメントをありがとうございましたw

さぁ、一緒に歌いましょう!

「ありの~ままの~生活を書くぅのよぉ~」


・・・・


指のご心配、ありがとうございます。
でも未だに血がにじんでくるのですよ・・・関節だから曲げることも多く、それもなかなか治らない原因かと思われます。
病院に行くほどの傷じゃないし、こういうのって案外やっかいですね^^;


子供っていう存在は本当にすごいですね。
自分のこの身勝手な性格ですら抑えられたり、誰かのためにと思ってすることが多くなるのですものね。
これが旦那さん相手ではそうはいかないのですが^^;

アニーとの生活がカウントダウンに入ったからか、一日一日が今まで以上に大切に感じます。

ねねさん、今後とも引き続きお付き合いいただけると嬉しいです^^
2014.06.13 16:40 | URL | #- [edit]
pooh様 says...""
うっ(;´Д`)
見てはいけないもの・・・あぁぁ、ガクブル!
そこまではいきませんでしたが、でも未だに血が出てくるのです・・・トホホ。
キズパワーパット! 思いつきませんでした。
今からでも使ってみます~!

一人暮らしをする生活力も、もちろん学力も、
うちなんて一年をきっているっていうのに・・・まだまだです。

が、生活力はあとからついてくるとして、学力~(;´Д`)
こればっかりは頑張ってもらわないと・・・ですね。
2014.06.13 16:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。