ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

エレベーター算に取り組もうとする姿勢

6

確か中学一年生の頃、
当時アニーが通っていた数学塾の先生から、
「小学2~3年生の頃の算数がちょっと弱い」
と言われていました。

スポンサーリンク
数学でのこんな単純な計算ミスが、のちのちやっかいなことになる、という懸念。
当時のアニーは、小学校の算数・計算練習をやらなくて済む解放感でいっぱいだっただけに、
このエレベーター算の課題はかなり苦行だった様子。

その塾は、夏休み限定でお願いしていただけだったので、学校が始まり塾も辞め、それきりエレベーター算は机の奥深くにしまい込まれたままでした。


先生から渡されていたプリントは、 「くり返し!エレベーター算」 というもので、一般販売はされていないよう。
だから当時、渡されたものをまずはスキャナーでパソコンに取り込み保存して、あとから繰り返し練習用にプリントしたりしていました。
が、いつの日かそれもやらないままになり、私もプリントアウトをするのを辞めたのでした。


それからしばらくたって・・・高校1年生の頃だったかなぁ?
再びエレベーター算の重要性を思い知らされ、アニーには
「大変だとは思うし、今さらやるっていう気持ちもすごくわかるけど、でも必ずやってよかったと思う時が来るから、頑張ってみようよ」
と諭し、確か夏休みのような時間が取れる時にプリントしたものを渡したと思います。

が、結局それは手つかずのままでした。

まぁ・・・それもそうですよね。
小学生が練習するようなものを、高校生になってやるのは並大抵なことではないのはわかります。

そして、案外これが一番の理由じゃないかと思うのだけど、
「計算力が弱い・小学校の勉強に穴があった」
と思い知らされることって、かなり酷だと思います。

特にプライドが高いアニーみたいなタイプは、自分を全否定された(というのは大袈裟だけど)ような気持ちになるのかも。
自分に置き換えてみると、私ならそう思うだろうし、そもそも
「出来ないから。無理。もうあきらめる」
と投げてしまうでしょう。


ただアニーが私と違うのは、「なにくそ!」と思う気持ちの強さ。
アニーはその 「なにくそ根性」 でここまで来ました。

まわりに比べたらパッとしない成績ですが、「アニー比」で考えれば、目覚ましい進歩だということはわかります。
本当なら、ここまで頑張って這い上がってきたことを褒めてあげたいし、これで終わりにしてあげたいです。
内部進学で大学に行かせてあげることができたらどんなにいいか。

でも、それを喜べないのは誰であろう本人。
だから私は陰ながら応援することしかできません。


信頼のおける方からアニー用の勉強の仕方のレクチャーを受け、それをメモしアニーに渡したのは昨年の秋ごろ。
一つのミッションは 「春休みまでに終わらせる」 というのがありましたが、アニーの反応はいま一つ。

がっかりだったけど、本当に残念だったけれど、私ができることはここまで。
本当なら、これだって私がすることではなかったのだろうけれど、努力はできるけれどやり方を知らない子だから、課題を並べてあげたかったのです。

やる・やらないはもう何も言えません。 だからその後、その件に関しては触れませんでした。
が、その後わかったことですが、春休みを超えてしまったけれど、ミッションは終わらせたらしいです・・・涙。

反発して、さもやらないようなことを言い、こちらをガッカリさせ、手助けをしてやることがばからしくなる気持ちにさせるのがアニー。
でも実はこんな風にちゃんとやっているっていうのがね、もう( ;∀;)



そして少し前、机に上に古いファイルが。
このファイル、昔私がプリントアウトしたエレベーター算がはさみこんであるもの。
なんでこんなものが机に出てるんだ?と思ったけれど、アニーのやることは考えて理解できるものではないので放置。

しかし数日後、アニーが出かけたあとにフト机の上を見たところ・・・
やりかけのエレベーター算が。


今・・・
今になって・・・
今頃・・・・

あぁぁ。


数学をコツコツとアニーなりに積み重ねてきて、この4年間はずっと自学だけで取り組んできて、
やっと、やっと、今、昔先生に言われた計算力に関して、自分でも思うことがあったのでしょう。

それにしても、今。


あぁぁ。


よっぽどの覚悟があっただろうに。
計算練習を取り入れるなんて。 やることは他にもたくさんあって、見るからにアップアップなのに。

実はここには書いてないけれど、アニーにとっては大打撃な事件もあったりして、
そっちの勉強だって大変だっていうのに。



神様、こんな努力家のアニーを、どうか見捨てないでください・・・
こやつがしでかしてきた失礼の数々の罰は私が受けますから、この子の努力を叶えてあげてください・・・


今日は七夕だもの、祈るしかありません、もう。
 


スポンサーリンク

6 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.07 09:05 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、ありがとう・・・(T_T)

アニーは努力をすることを覚えました。
それを習得できたのは素晴らしい経験だと思うけど、
ここまで這い上がってきたアニーの努力を、結果として残させてあげたい・・・

それが今後、アニーをどんなにつけあがらせようとも、努力によって勝ち取る、自分が道を切り開けるっていうことを経験させてあげたいです!!

間に合うか・・・間に合えっ!!!!
2014.07.07 12:16 | URL | #- [edit]
ちえ says..."偉いなぁ"
アニー君偉いなぁ。
本当に良く頑張ってますね。
kotoriさんもあと7カ月サポーターするのですから、
程々に肩の力抜いてどんと見守る方針で。

ところで、私立一貫校なら結構良い大学から指定校推薦もあるのではないですか?

母の立場から、こそっと調べておくなんてどうでしょう?
2014.07.08 22:08 | URL | #- [edit]
ちえ様 says...""
ちえさん、ありがとうございます。
偉いなぁと思います。
ムカつくところもたっくさんあるんだけど(笑)、頑張ってるなと思うところもたくさん・・・いや、ちょっとありますね。

まだまだ先は長いし、今から力が入っていたら、のちに呼吸ができなくなりそうなので(笑)、ほどほどサポートを頑張ります!

指定校推薦ですが、諸事情により(詳しく書けないのでぼかします、ごめんね^^;)期待できないそうなのです。
だから真正面からぶつかってもらう、っていう感じでしょうか。

とにかく、陰ながらサポート&天に祈り(笑)
頑張ります!
2014.07.09 15:31 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.07.09 21:45 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
私としても、できるならせっかくの附属校を活かしたいところなのですが・・・
いろいろ考えちゃいますね、大学でもう少し間口を広げるために、公立の中・高に通わせた方が良かったのかな・・・なんて。
今言っても仕方ないことだし、その時その時に 「今現在で最良の決断」と信じてきたから、それを今さら否定するのはやめようと思います。

いずれにせよ、まだ諦めることもないし、まだ決断する必要もないし。
最後の最後、夏休みにどれだけ伸びるかもわからないし・・・ね!

あれこれ情報をかき集め、秋までに考えたいと思います。
鍵コメさん、いつもありがとうね~!!
これからもアドバイスをください~^^
2014.07.10 15:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。