ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

こだわりが強い男たち・トート編 言う事は一つ、「暑いよっ(;´Д`)」

0

前回のアニー編に続き、こだわりが強い男たち・トート編。
こちらもこちらで・・・面倒なのよねぇ。

スポンサーリンク
子供に習い事をさせているお母さん方はよくわかっていただけると思いますが、親に強制されてやっているわけではなく、自分が習いたいと言うにも関わらず、練習をしよとしない子供を見ていると腹立ちません?

これまで何度も
「練習しないならやめて」
と言ってきました、アニーにもトートにも。

最初の頃は、口ではそう言いつつも本当にやめて欲しくなんてなかったわけですが、ある時期からもう・・・私の中で手放す覚悟はできたというか、バイオリンに対する情熱が冷めたのなら、続けてもしょうがないのでは?と思うようになりました。
いい感じで固執しなくなれた感じ?

ただ、アニーにしろトートにしろ、バイオリンを習っているというプライドだけはやたら強いようで、
「練習しないなら辞めな」
「辞めない!」
という不毛なやり取りを何度繰り返してきたことか。


辞めないというのなら、自動的に「毎日の練習」はついて回るわけです。その覚悟があるのか?と毎回問うているにも関わらず
「辞めない!!」
の一点張りなのだから・・・

そんな意地があるなら、毎日のお稽古も意地でもやれや( ゚Д゚) と思うのだけどね。
その辺はあっさりしているらしい。


アニーがバイオリンのレッスンを勤め上げ(まさに勤め上げたという感じ)、未だにアニーのレッスン時間になると、
「あ! アニーを連れて行かなきゃ!!」
と椅子から立ち上がりそうになり、
「あぁ・・・もう終わったんだ・・・」
というこの一連の行動を未だにやっています。

そりゃそうだ、10年間続けてきたものだもの、一ヵ月やそこらで消えるハズありません。


テレビを見る時間はたんまりあっても、バイオリンの練習をする時間がないというトート。
ゴルァ( ゚Д゚)

言いたくないけれど、
「今日は練習しないの? だったらやめちゃえば?」
と言わざるを得ないわけで。


オットーなどは、
「単身赴任してからの一年半、トートのバイオリンを聞いたのは発表会の時だけ」
というくらい、要するに週末は全然練習しません。
特にオットーが帰ってきていると、なんとなく 「非日常」 的な気持ちになるのか、練習しないのは当たり前くらいに思っているみたい。
むかーっ。


高いレッスン代だけ払わされるのも癪なので、言う事だけは言わせてもらいます。
しかも嫌味たっぷりに。

「今日はレッスンしない日なんだね。 そうだよね、忙しいもんね。」
と、寝っ転がってテレビを見ながらゲハゲハ笑っているトートに(笑)

「今日は練習しない日なんだね。 そうだよね、練習し過ぎて腱鞘炎になったら変だもんね」
と、寝っ転がって漫画を読んでゲハゲハ笑っているトートに。

これくらいの嫌味を言わないと 私も気が済まないので。


さすがにこういう嫌味を言われるとカチンとくるらしいトート。
ため息をつきながら、プチンとテレビを消したり、ぱたんと漫画を閉じたり。

そしておもむろに家じゅうの窓という窓を閉めはじめるという!!( ゚Д゚)


気にしぃのトート、バイオリンの音が外に漏れるのを異常に嫌がるのです。
夏恒例、蒸し暑い部屋の中でのバイオリン練習。


ま、本人はそれでいいかもしれませんよ?
だ~け~ど、同じ部屋にいるこっちはたまったもんじゃありません。

しかも暑がりのトートは、扇風機を自分に向けて首を固定★
涼しいのは自分だけという(--〆)


今の季節、まだ外からの風でなんとかなっている時期にこれをやられるとキツイです。
部屋の中、途端に蒸し風呂状態です。

別に聞こえたっていいじゃないと思うけどなぁ。
もうそんなに下手じゃないんだから。

それに、いくら窓を閉めたところで、防音設備があるわけでもないのだから、外には聞こえるんです。
二階のベランダで洗濯物を干していた時(夏休みか何かで、午前中の早い時間帯にバイオリン練習をしていたことがあった)、
バイオリンの音がよ~く聞こえたし。


でもこの間、裏の家の奥さんと話をしていたら、
「最近バイオリンの音が聞こえないね。 やめちゃったの?」
と言われました。
あれっ、効果絶大じゃない^^;

クーラーをつけるまで、まだしばらくは 「蒸し風呂練習」 が続きます。
あ~、こういうところ本当に面倒くさい!!


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。