ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

トートがせっせと育てている物 案外マメ男でびっくり

0

先日、オットーが帰ってきた時に、トートを無理矢理ドライブに連れて行ったのですが(笑)

というのも、
「どうする?トートも行く?」
なんて聞き方をしたら絶対に
「行かない」
と言うので、
「トートも来るよね?」
と言って引っ張って行ったのでした。

スポンサーリンク
とはいうものの、いろいろなもので釣りましたが。
ちなみに何で釣ったかと言えば、
オットー 「大きいブックオフに連れて行くで」
私 「お昼は美味しいおうどんを食べようか」

これで落ちました(笑)

それとトートを無理にでも連れ出すのは、家で勉強をするアニーのためでもあるのです。
ま、家で一人っきりになれば、勉強どころかばっさばさ羽根を伸ばし、のんびりするでしょうが、それも必要かなと。

特にうちは、いつなんどきでも私が家にいるから、子供たちは多少なりとも窮屈だろうし、本当なら私が積極的に家を空けたほうがいいと思うのだけどね^^;

でも行くとこないしー(-_-;)


友達数人と、
「みんなでフランスに旅行に行こうね!」
と話してはいるのですが、小学生の子供がいる友達も多いからなかなか・・・ね。
行けるようになるころには、アニーもトートもすでに家にはいないかな^^;


まぁそんなこんなで連れて行ったわけですが、目的地は大きなホームセンター。
欲しい花があり、近所のホームセンターでは売っていなかったので、ドライブに行きたくて仕方がないオットーの希望も兼ね、遠くのホームセンターに出かけたのです。

そこで見つけた、「食虫植物」。
子供たちで人だかりができていました。

確かまだトートが小さい頃にも面白がって食虫植物を買ったことがあったと思うけれど、ここで売られているのは状態もよく、私ですら欲しくなってしまうような立派なもの。
何種類かあり、中でもトートが気になっていた 【ハエトリソウ】。

何度も何度も、指を入れては閉じる様子を楽しみ、
「これ、育てていい?」
と持ってきました。

隣には、自分が買いたいけれどそんなことを言ったらすぐさま私に却下されるだろうけれど、トートが言うなら買ってくれるだろうとほくそ笑むオットー(笑)
そう、長い時間をかけ、二人で売り場を独占して選んでいたのでした^^;


早速買って帰ると、パソコンで何やら調べ出したトート。
ハエトリグサの育て方を読み、プリントアウトし、必要なもの・足りないものを書き出して、オットーと再び買い物へ。

その後、植木鉢を替え土も替え(笑)、育てる体制を万全にして生まれ変わりました^^;
なんだろ・・・このやる気。
育てる気満々。

haetorisou.jpg

でも確かに昔からこういうところがあったなぁ。
庭にちょっとした家庭菜園を作った時も、自分用の菜園を作り、看板まで作って立てて(笑)育てていました。
その時も育て方を調べていたし。


昨年買った金魚 の時も、あれこれ調べていましたっけ。
そういうのが好きなのかな?
私も調べてやるのは好きだけど、ここまでキッチリしていないし、アニーなどはもっと感覚的だし。

金魚ちゃんですが、 「マル」と「くじら」は天に行ってしまいました。
マルは昨年、くじらはついこの間。
朱文金は大きくなって元気に泳いでいます。
トートの愛情を受け?、残りの一匹も大切に育て中。


さて、そんな風にセッティングされたハエトリグサ。
何がしたいって、何かを捕食させたいに決まっています。

夕飯の時、私が餃子を作っていると、
「お母さん、このひき肉少し頂戴?」
と言うので、何に使うのか聞いたところ、ハエトリグサに食べさせると。

えぇぇ~っ!? 肉ぅ?
と驚くと、なんでもひき肉も食べて消化するのだとか。
でもよく考えてみたら、虫を捕食するんだもの、そうよね。


へ~と思って、楊枝の先にちょいっとひき肉を付けて渡すと、嬉しそうにハエトリグサに捕食させるトート。
しかししばらくたって、暗い顔をしてやってきました。


「お母さん、さっきのひき肉、まさか味はついてないよね?」
「え?ついてるよ? 醤油・生姜・ごま油・塩・酒。 よーく揉み込んだ後だったけど?」

と、私もそこまで言ってから事態を飲み込みました^^;
遅いって。

「ごめーーーーん!! 味付きなんてダメだったよね???(大汗」
「・・・・」

トボトボと去っていくトート。
笑ったら悪いのはわかってるけど笑える・・・^^;

どうやらアニーに突っ込まれてトートも気づいたみたい。
アニー、どうせ気づくならもっと早く言えやぁ( ゚Д゚)

悲しいことに、トートは張り切って「一番大きいハエトリグサ」に味付きひき肉を捕食させたそうな^^;
よりによってまぁ。

あれから二週間。
ハエトリグサは閉じたまま(-_-;)
このまま二度と目覚めることもないと思っていた矢先・・・


開いた!
しかもひき肉がなくなってるし!!!
haetorisou_1.jpg

いやぁ~、びっくり。
しかも全く弱ってなかったし。
とりあえず一安心。


トート曰く
「(夏休みの理科研を)ま、最悪これやればいいしね(*'▽')」
と言っていました。

そんな小学生の理科研みたいな??
というか、あれこれ食べさせられ、しかも二度と目覚めない子もいそうで、ハエトリグサにとってはなんとも酷な夏になりそうです・・・


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。