ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

部活の練習用Tシャツを買わせてほしい(;´Д`) 洗濯も大変なのだ

0

関東地方は梅雨も明けて、夏らしい天気が続いています。
雨が降るのも嫌だけど、毎日暑いのも嫌だな~と、毎朝天気予報をチェックしながら勝手なことを考えています^^;

子供の頃は、どんなに暑くたって夏が大好きだったけど、いつの頃からか、夏の持つ猛烈なパワーに太刀打ちできなくなりました。
それを考えると、やっぱり子供っていろんな意味でパワフルなのでしょうね。

スポンサーリンク


さて。
連日部活の練習に 「ご出勤」 しているトート。 いいですね、健全な中学生という感じで。

この間もオットーとトートの試合を見に行きながら、
「こういう経験って、(同好会だった)アニーの時にはなかったね。 こういう経験ができるのも、トートが部活に入ったからだね」
という話をしていました。

私が中学生の時もそうだったし、今も公立中学校では変わりないと思いますが、ほとんどの生徒は部活動に所属していることでしょう。
私の時は、運動部に入るのは強制的でした。
身体が弱い子や、部活動についていけずドロップアウトしちゃった子は美術部や吹奏楽部に。
そのイメージが強烈だったため、今でも吹奏楽部に入っていると聞くと、
「どこか具合が悪いのかな」
と思ってしまって困ります^^;

よくよく考えると、その時代のそういう分け方みたいなものがどうかと思いますが。
今だったらきっとクレームが出るでしょう。
でも田舎だったということ、それから時代が時代だということで、
運動部に入るのが当然、それ以外は・・・という学校の方針が成り立っていました。


アニーは運動部ではあったけれど同好会だったため、他校との試合もなく、夏休みの部活もあったりなかったり。
トートの部活は練習はありますが、それでも近所の中学生みたいにガッツリ練習するわけでもなし、そりゃ強くはなれないよね^^;という感じ。

もう部活は 「体力作りのツール」 としてとらえるしかないので、試合の応援に行くのは結構苦痛^^;
まわりのお母さん方がアツすぎてやけどしそうです。


いずれにせよ、中学生の今は勉強も大切だけで運動も大切。
その二つがあってこそ、両方が成り立つと今になってよくわかります。

自分が運動を始めてみて、机に座っているだけではどんなに絞り出しても出てこないアイデァが、運動しているとポッと浮かんできたりするのだから不思議です。
賢い学校の子はスポーツも優秀というのは定説ですが、その仕組みのようなものを身をもって知った感じ。


さて、毎日暑い中走り回っているトート、元々代謝のいい子でもあるので、今の季節はそりゃもう汗びっしょり!!だそうで。

「体操着をさ、絞ると汗が出てくるんだよ?」

私は自分でそういう経験がなかったので、そういう話ってなんか新鮮。
そこで
「ねぇ、もしかして腕とかに白い粉みたいなものが出てない?」
と聞いてみると、
「!!! そうなんだよ! なんで知ってるの!?」
と驚くトート。

腕に塩・・・憧れてましたその昔。
中学生の頃、友達が大汗をかいてそれが乾くと、塩の結晶が浮き上がっていたけれど、私はそうならなくて、なんか残念だったなぁ。
その時の思いを、今トートがはらしてくれました(笑)

ま、それはいいのだけど、問題はその体操着。
体育の授業で着る体操着を部活の時にも着ているわけですが、どういうわけか学校指定の体操着の生地が分厚い!

冬場なら寒くなくていいだろうけれど、夏はこれ、どう考えたって暑いですぜ?

しかも中途半端に綿が入っているもんだから、汗を吸ってもぜんっぜん乾かないし(;゚Д゚)
それを汗びっしょりかいたトートが着たらもう・・・うへ~(-_-;)

そりゃ気持ち悪いでしょう。

そもそも今、運動部なんて皆速乾性の素材のものを着ていますよね?
私は綿や麻好きなので、普段の服には自分も子供たちにも絶対に選ばない素材だけど、運動する時にはそれが一番でしょう、きっと。

で、やっとお揃いの速乾性素材のTシャツを作りました。
が、それも一枚だけ。

子供たちに希望を募って作ったものだから、親に伝えられることなく、子供がいらないと思ったら注文しなかったおかげで、チームがバラバラ。着ている子もいれば着ていない子もいるという、なんだかまとまりのない結果に。

まぁそれでも一枚作ったおかげで、部活動の練習にはそれを着ているみたいだけど、どう考えたって一枚じゃ足りないと思うの。
買いそびれた子もいるわけだし、夏休み中の練習はもう、個人で速乾性のTシャツを買わせてほしいのだけど・・・

ところが、なぜか顧問の先生が首を縦に振らないそうな。
なぜに? 部活動ってそんなもの?

今の季節、部活から帰ってきて洗えばすぐに乾くからいいけれど、トートが出し忘れたり学校に忘れてきたりと、なかなか毎日フレッシュな状態で(笑)着られることがない様子。
こういうものって、2~3枚を洗って回していきたいんだけどなぁ。

ただ、お揃いのTシャツというのも曲者で、何十枚も印刷するわけではないから、一枚当たりの単価がとても高かったのよね^^;
しかも、学校名を入れたのではなく、なぜか県名が入っているという(笑)
なぜ?

この間もスポーツ用品店でアディダスの速乾性のTシャツが1000円で売っていたから、夏休みの練習中に着られたら・・・と思って買っておいたのですが、未だ出番なし。
こうなったら、部員全員で、この1000円のTシャツを買って、シルクスクリーンかなんかで背中に県名を入れたろか!?


これから本番の暑い夏、このままではトートたち部員にとって、本当に暑いことになりそうです。


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。