ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

躊躇なく温泉卵をつぶす男・それがトート

0

ちょっとしたことで、その人の性格というかタイプがあらわれるよなぁ~と思うことがあります。その一つの例として、食べ物に関するこだわりみたいなもの。
同じお腹から生まれてきたアニーとトートですが、なぜこんなにも違うのか?と、時々首をひねりたくなることがあります。

スポンサーリンク


タイトルにももう書いてありますが、温泉玉子や、お味噌汁・インスタントラーメンに落とした半熟の卵を食べる際、トートは躊躇なく箸やスプーンを刺します。

私は卵の半熟部分と食べ物を絡ませて食べたい派。もうこれは絶対はずせない強いこだわりがあります。
ガパオライスのようなものも、最初は普通に食べて、途中でとろんとした黄身を絡ませてまろやかな味を楽しんだり。美味しいですよねぇ(*´▽`*)

でもトートは、「いただきます」と同時に卵をぐちゃぐちゃと潰します・・・ま、いいんだけどね。
それを見ているとつい、言う気もないのについ、
「あぁぁっ!」
と声が出てしまいます(笑)


アニーの半熟卵に対する考えは、私とほぼ同じかな。最初から食べることはなく、途中で崩して食べているみたい。

で、アニーの強い強いこだわりは、
「自分のものを人が先に味見することを絶対絶対許さない」
こと^^;

例えばご飯を食べに行ってそれぞれが違うものを頼んだ場合、
「ちょっとちょうだい」
と言ったりしますよね。

私で言えば、食べている途中で「ちょうだい」と言われて、食べるのをいったん中断するのも面倒だから、最初に食べてもらった方がいいと思う方。

ところがアニーはそれが大の苦手。苦手というか、絶対にさせません。
それをよくわかっていないトートは無邪気に
「アニーさん、ちょうだい~」
と、返事も待たずにラーメンのスープにれんげを突っ込んだりします。

もー大変。

「はぁ?信じられない!なんで?なんでボクがまた一口も食べてないのにそういうことするの?あー、食べる気なくなった」
と、その場を凍り付かせるような発言をします。

一方、トートは一番最初に食べられるのが嫌とかそういう感情が一切ないので、自分のものが来ると
「食べる?」
と聞いてきます。

でね、不思議なのは、あれほど人が先に食べるのを嫌がるアニーだから、人のものも先に食べないと思うでしょ?
違うんだなぁ~、これが。

トートがまだ食べていないまっさらなものを、平気でガツガツ食べます。トートもそれを嫌がらないの。
で、私が見かねて
「アニーさ、人には自分のものを先に食べられると怒るくせに、人のものは先に食べるんだ?」
と言うと、
「そうだよ」
とさも当たり前のように答えるという・・・

これがアニースタンダード(;´Д`)


もっと面白いことに、このアニーの変なこだわりは私の妹とそっくり同じ。だからアニーにそのこだわりがあらわれた時には本当に驚きました。
私もさんざん、妹のものを注文した妹より先につついて嫌がられたので^^;

そして、アニーと妹は似ている部分がたくさんあって、アニーの物が捨てられない癖も妹と同じ。何でも取っておくこの二人、イエス!O型♪


トートのこだわりのないところはオットーそっくりです。
オットーのこだわりのなさ・執着心のなさは時に腹が立つほどで、
「この人非人め・・・」
と今では心の中で悪態をついてやり過ごしています。

だけど、この間の富士山のように、ものすごく強い、人に迷惑をかけようがなんだろうが通す部分もあるので、正直未だオットーのことはよくわかりません。そして今後もう、わかろうとも思っていません。
昔はわかろう、わかり合おうと思ったけど、無理無理無理無理無理^^;
オットーは私にとって異邦人なのだと思っています。だからこそ面白いと思えることもあるので。

トートのそういう部分は自分の子供だから許せるけれど、恋人や夫だったらどうかな~^^;


こだわりというのはそれぞれにあって、それが個性ともいえるけど、時には相手を悲しい気持ちにさせたり、傷つける場合だってありますね。
アニーとトートには、エゴにならない範囲で個性を発揮して欲しいなと思います。


スポンサーリンク

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。