ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

オーガニックウェイ シルキングローセラムとイリヤ アミノエナジー グルタジンSにかけてみる

4

私ほど美容に時間とお金をかけない女性っていないのではないでしょうか。多分、今どき男子よりもずっと手をかけていません。これだもの、オネエ系の方々の方が時間とお金と手間をかけているだけ美しいのはごもっとも!と言いたくなります。
私・・・性別が女っていうのがもはや不思議なほど^^;

そんなワタクシですが、とある新兵器を投入しました!てっ!!

スポンサーリンク

それがタイトルにもある、オーガニックウェイ シルキングローセラム と イリヤ アミノエナジー グルタジンS でございまする。
これ、ヘアケア用品なんですが、正直私もよくわかっていません。注文はしましたが、まだ届いていません、てへっ。

そもそも、私がなぜ美容に関してすべてを投げ出したかといえば、
「やっても無駄」
とわかったこと。

どんなに高い化粧品を使おうと、毛穴は小さくならないしキメが細かくなるわけでもなし。高い授業料(コスメ代)を懲りない性格だから何度も払って、もうやっとわかりました。無理、と。

そして髪も昔からの悩みの一つで、太い・硬い・くせ毛の三拍子そろった悲しい人生。「クセ毛が治る」な~んていう言葉に騙されて、どれだけの金額をドブに捨ててきたことか。
その時は純粋に「これでやっと苦しみから解放される・・・!」と思い、少々高価であろうと仕方ないと思って払ってきましたが、今振り返るとそんな可愛らしい乙女心を踏みにじられてきたのかと思うと腹立たしくて仕方ありません。

舞い上がり・叩きつけられ・希望を持ち・踏みにじられ。こんなことを何十年も続けてごらんなさいな、誰だって
「もう誰も信じられない」by.吉田栄作
になりますって。

で、誰も信じられなくなった結果、究極の美容法が「肌断食」と「湯シャン」ですよ。肌断食はその名の通り、肌に何もつけない断食をすること。湯シャンはお湯で洗う事。シャンプーの類は一切使っていません。

肌断食と湯シャンをしてどうなったかって?


答えは可もなく不可もなく。


あれっ。ガッカリしました?今。
全然ガッカリじゃないですよ~。だって、何もつけないのに昔のままを維持しているんですよ?化粧水もクリームも洗顔石鹸もクレンジングも、ジャンプ―もトリートメントも、な~んにも買わないでいいんです。悩まないで済むんです!
それで「現状維持」できるのなら、それは私にとっては「大成功」♪

もちろん、美容に気をつかっている人をどうこう言っているのではないです。私にはそれができないのだから、むしろ美容落伍者。恥ずかしいから肌断食と湯シャンの話はプライベートでは誰にも言っていません。

あ、妹には話したけれど、
「コトちゃんはおじさんのにおいがする」
と言われました(笑)←笑うとこじゃないかも


そんな美容落第生の私が、なぜそんなヘアケアをしようかと思ったのか?


それはもう、髪を見る度に、悲しい気持ちになったから。夏の間は髪をまとめていたため、この乾燥毛のくせっ毛を見ないで済みましたが、涼しくなってきて髪をしばるのもなぁと思っておろしてみたのだけど、まぁ想像以上にどうにもならないんですわ(-_-;)

美容室に行かなくちゃ(5月に行ったきり)と思うけれど、もうカラーも矯正パーマもかけていないので、美容室に行ったからと言ってどうなるわけでもないのです。

あーもう面倒くさいから矯正パーマをかけちゃおっかな~とやさぐれていた時に、この二つを知ったのです。
なんでも、「ぱっさぱさに乾燥した髪を救う救世主」なのだそうで。
特にオーガニックウェイ シルキングローセラムの@コスメにおける評価はとっても高くて、
「こっ・・・これはもしや、今度こそ救ってもらえるのでは?」
という夢を見させてもらえました。

そもそも、これまでは「クセ毛を治す」という視点で見てきたからいけなかったのかなと。ハッキリ言ってしまえば「クセ毛は直らない」わけで。それはなんとな~くわかっていたけれど、認めたくなかったというか目をそらしてきたというか。

だけどフト、
「クセ毛は治らないけれど、髪の水分量をコントロールできれば、何かが変わってくるかも?」
と思いついたのです。で、調べた結果辿り着いたのがオーガニックウェイ シルキングローセラムだった、というわけ。

通販は楽天かAmazonでしかしない主義なのですが、シルキングローセラムはどちらにも売っておらず、公式サイトで注文しましたが、なにせ三連休前だったため、未だ商品は届かず。

ま、仕方ないですね。

ちなみに使い方ですが、アフターバストリートメントとして使うそう。

・・・つか、アフターバストリートメントって、何??

前後の文章を読むと、シャンプー後に使う洗い流さないトリートメントのことのようですね。あぁ、「アフターバス」「トリートメント」ね。。。
この言葉、もう普通に使われているのですね。当たり前のように文の中に出てくるので、時代をトリップしたようなきもちになっちゃいました。
この手の商品で私が知っている最後の時代(笑)の言葉は、「シャンプー後のタオルドライの後に使う洗い流さないトリートメント」っていう感じ?
長いわっ。

確かにね、そう考えるとアフターバストリートメントと言いたくなる気持ちはわかりますね。

そしてイリヤ アミノエナジー グルタジンSというのは
「髪の化粧水」
と思えばいいそうな。

顔にすら化粧水をつけてないのにね、ぷふっ。

タオルドライ後に、シャバシャバと髪にかけ、ドライヤーで乾かした後もシャバシャバしてもいいそうな。ちなみにこちらは楽天で取り扱いがありました。




まだ両方とも商品が手元に届いていないので何とも言えませんが、久しぶりな高揚感ですね、こういうの♪
やっぱり腐ってもまだ根っこの部分は女子なんだわぁ~(*´▽`*)

届いて使ってみたら、良くても悪くてもまた報告しますね!私と同じような髪質で悩んでいる方の救世主になれればいいなぁ。もう無駄なお金は使わせたくな~い!!


スポンサーリンク

4 Comments

歌穂 says..."No title"
アラフィフですが、私の人生で今が一番綺麗な髪ですよー(笑)
なのでkotoriさんも自分に合ったケアの仕方を見つけられるといいですね。
私の髪質は細くてコシがなく癖毛で乾燥していてふわふわ広がりやすいので、肩まで伸ばしてしばるのが定番のヘアスタイルでした。あと帽子をかぶってごまかすとか^_^;
4年ほど前に頭皮湿疹が出来たのをきっかけにヘアケアを考えるようになって、ここ3年くらいノンシリコンのシャンプーとトリートメント使っています。
でも癖毛に重要なのは乾かし方だと思うんですよ!ハンドブローのやり方を覚えてからはすごく髪がまとまりやすくなりました。真っ直ぐストレートではなく、自然な感じ素直な感じ。人間の手ってすごい。
誰に見せるわけでも喜んでくれるわけでもありませんが、髪の毛に不安がないっていくつになっても嬉しいものです。
2014.09.16 00:54 | URL | #- [edit]
歌穂様 says...""
歌穂さん~!!
今朝歌穂さんからいただいたコメントを読んで、朝から「ハンドブロー」について調べまくってます(笑)

>くせ毛に重要なのは乾かし方
歌穂さんのこの言葉に、ピンとくるものを感じました!!
NOBBYのマイナスイオンドライヤーを買おうか迷ってます(笑)
歌穂さん的にどう?必要ですかね??

私も年齢的に「まっすぐストレート」はもう求めていないのです。
自分の中で納得がいく「クセ毛で乾燥毛でも、何もしないでこのレベル」になりたいなぁと思うのです。

乾かし方は、根元から乾かす、というやり方でいいのですか??
あぁ、興奮してます・・・ごめんなちゃい^^;
2014.09.16 14:07 | URL | #- [edit]
歌穂 says..."No title"
ハンドブロー興味を持っていいただけましたかー!
そうです、根元がうねってしまうとその下をいくら真っ直ぐ伸ばそうとしてもダメだそうなので、根元をしっかり乾かすということが大事なんですって。
全体的に根元を乾かしてからハンドブローする方法もありますが、私の場合は上下にブロッキングして襟足から横・横、トップから横・横・後ろの順番で根元を乾かしてすぐブロッキングした部分ごとにハンドブローしています。髪の量や長さによって乾く速度が違うからかもしれません。私は乾きやすいので^_^;
5本の指の間に髪の毛をはさんで前へ前へ引っ張るようにドライヤーの風は上からあててハンドブロー。最後に冷風をこれまた上からあてて落ち着かせつつ艶を出しています。
わかりにくかったらごめんなさい!ネットの情報も合わせてぜひお試しください!

そのドライヤーはわからないのですが、髪が痛まないように短時間勝負なので風量は大きい方がいいと思いますよー。

2014.09.16 21:46 | URL | #- [edit]
歌穂様 says...""
歌穂さん、手間をとらせちゃってごめんね^^;
でも詳しく書いてくれて嬉しいです。歌穂さん大好き~!!

これまでずっと、シャンプーやトリートメントなどの方向からはアクセスしたし、
あれこれ試した結果「何をしても無理」という結論に至ったわけですが、
ドライヤーという方向からは全く考えなかったし、
乾かし方にしても、長時間当てすぎるのはいけないとは知っていたものの、
さほどそこに重きをおいていませんでした。
だから歌穂さんの情報は目からうろこ~!!

ドライヤーも10年以上前のものだったので、壊れてはいないけれどいい機会だから買い替えようと思います!
その後の様子はまた随時ブログで報告しますね★

歌穂さん、ありがとう~!
2014.09.17 14:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。