ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

読書の秋なので

2

湿度が下がって心地が良い季節です。
読書の秋、突入★

スポンサーリンク
手あたり次第、興味があることに突っ走ってます、あいかわらず。

IMG_1334.jpg

西式甲田療法に興味があったので。知れば知るほど「私には無理(;´Д`)」と思うのですが、とりあえず知識だけは得ようかと。

西式甲田療法に関しては、この本がとってもわかりやすかったです。



やっぱりすべては腸なんだろうな~。
腸がキレイになれば花粉症も治るんですって!!
そう考えると少しでも近づけるような生活をしたいなと思わせてくれますね。




IMG_1335.jpg

これは本屋さんで見かけて買って来なかったのだけど、ずっとずっと気になって気になっていて、ついに買いました。
瞑想って・・・憧れる(*´▽`*)
迷走には慣れているのですが。



IMG_1336.jpg

そして疲れた頭を癒すのは江國香織さんの小説♪
もう一度昔の本を読み直しています。

この前は「間宮兄弟」を読んでいたのだけど、間宮兄弟を読みながらも、その前に読んだ「神様のボート」を引きずってしまっていて。
あの世界観を経ち切れないまま間宮兄弟の生活に入っちゃったから、なんか変な感じでした。
そういうことってありません?


スポンサーリンク

2 Comments

tororon says..."No title"
kotoriさんも江國香織さん、読まれるんですね。

江國さんと言えば恋愛小説みたいに言われることもありますが、私はそれよりも繊細な日常の描写が好きで、以前はよく読んでました。最近ちょっとご無沙汰ですが。

飲み物とかお弁当とか、美味しそうなんですよねえ…。って私が食いしん坊なだけかな(笑)。

神様のボートは読んでない(いや記憶にないだけかも…)ですが、
間宮兄弟はまた独特な世界ですもんね。
駄目な時は駄目かも(笑)。

私も久しぶりに新しい本に出会いたくなりました。

2014.09.15 10:30 | URL | #GWKU7mB6 [edit]
tororon様 says...""
そう、だいぶ昔ですが、それまで出されていたほとんどの著書は読んでいました。

なんていうんだろ・・・江國さんが表現すると、普通の日常が特別な色を持つというか、
描写が素晴らしいですよね。
今ちょうど小川糸さんの「食堂かたつむり」を読んでいるのですが、うーん、違和感^^;
読み進めてもなかなか慣れることができません。

最近またしても江國さんブームが私の中にやってきているので、一度読んだものから新しいものまで、
この秋に読破しようと思っています♪
2014.09.16 13:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。