ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

私立中学 親同士のお付き合いってどんな感じ?

4

今の時点で
「来年の春から私立の中学校に進学させようかどうか迷っている」
という方は少ないのではないでしょうか。
この夏、あちこちの私立中学校のオープンキャンパスを見学して、ほぼ方向性は決まったというご家庭の方が多いのでは?

もちろん、まだ願書の受付が始まっていないところもあるだろうし、これからどうするか考えても間に合う場合もあるでしょう。
もしかしたら、そう考えてこのブログに辿り着いてくださった方も何人かはいるかもしれません。

アニーの中高一貫校生活も6年目に入り、私立中学校入学前の、全く先が見えない不安な生活をしていた頃に抱いていた心配事のあれこれも、
今となっては懐かしいことばかり。もう思い出すのすら難しい!?

そんな中で、学費や何やらの心配の他に、私にとっては結構重要だった「親同士のお付き合い」について書いてみたいと思います。


スポンサーリンク


先日のブログでも少し触れましたが、私にとって地元の小学校の行事における母親たちの服装が、あまりにTPOにあっていないと感じられ、ずっと違和感を感じていました。

参照記事:私立中学行事 母親の服装って?

もちろん服装はそれぞれの自由ではありますが、あまりにも場の雰囲気を汲み取れない服装の多さに、自分の住んでいる地域にすら情けなく感じてしまったほど。

その頃から心のどこかで、居場所を探していたのかもしれません。
その後アニーの学年のあれこれや担任のクレーマー親にばかり良い顔をする態度にあきれ果て、「公立からの決別」を決心。晴れて?私立中学校の仲間入りをすることになりました。

うちの子供たちの通う学校は、成績の範囲がかなり広いと思います。頭がいい子はすっごくいいし、そうでもない子はそうでもないし。
頭がいい私立の学校、とはまたちょっと違うかなと。
でもそういう学校でも成績上位の方にいれば見えてくるものもあるし、アニーに関しては、小学校の頃に比べ、明らかに私立中学校に入学してからの方が意識を高く持てるようになっていったので、うちにとっては大成功だったかなぁと。

クラスメートと同じような「高い山のてっぺん」はなかなか見えてこないけれど、成績優秀な子たちと6年間を共にしたおかげで、
「高い山のてっぺんが、間近から見られる山」には登れそうかなという感じ?(笑)


さて、うちの学校は中高一貫校なので学年のメンバーは6年間同じですが、毎年クラス替えをしているし、三年生からは成績別クラスに分かれました。

だから、何回も顔を合わせるお母さんたちも出てきます。毎年年度初めの保護者会の席で、
「あ、○○君のお母さんだ」
と、人の顔と名前をなかなか覚えられない私ですら覚えられるほど。

そして心配していた親同士のお付き合いですが、これがもうビックリするほど全くなし(笑)
これって・・・私だけなのかな?いや、そんなことはないと思うけど。

先日もトートの部活の試合があって応援に行って来たのですが、他の学校は部活ごとに保護者会があり、お弁当の注文・搬入や、顧問の先生へのお茶出しなどなど、私が苦手としていることをあれこれやられていました。

あぁ・・・大変そうだな・・・と横目で見つつ、トートたちのテントのそばで見ていたのですが、何人か同じ部活のお母さんもいらしていたようだけど、それぞれ別々に見ていたし^^;

これはトートがちゃんとした試合があるような部活に入っていたからであって、試合がないアニーなんて、一度もそういうことがありませんでした。

この、部活の保護者会があるかないかで、親同士のお付き合いの密度の濃さは大きく変わってくるかなと。うちの学校の場合、それが一切ないから、まず親同士のお付き合いがありませんでした。

部活以外の、クラスの親同士のお付き合いはさらになくて、結局アニーの6年間はお付き合いというお付き合いは一切ナシ。
これは・・・私のような人間にとっては天国でした。この部分に高い学費を払ったと思っても納得できるくらい(笑)

だから学校に対する悪い感情を持つこともなかったし、親に対して嫌な感情を持ったこともなかったし。
これが小学校の時だったら、
「どうしてあの人は何年も役員をやらずに逃げてるの?」
とか、ついイライラっと来ちゃったものですが。


あくまでもうちの学校の場合なだけで、他の私立中学校が全てそうだとは言えないと思うけれど、傾向的に
「私立中に通う親も子も、あまり人に固執していない」
ような気がします。

先日も、娘さん二人がアニーたちとは違う私立高校に通うママ友に会ったのですが、このお宅の次女が公立中学校に通っていていろいろといじめのようなことにあって辛い生活を送っていたそうで。

それが、お姉ちゃんが通っているから、という理由で下の子も同じ私立高校に入れたところ、まるで人が変わったように明るくなって、毎日生き生きして学校に通っているのだとか!

そのお母さん曰く、
「今の学校の良いところは、他人をあれこれ詮索しない子ばかりっていうことなのよね」
と、やっぱり私が思っていることと同じようなことを言っていました。

あれこれ詮索しないというのは例えば、
「日曜日に〇〇に行かない?」と誘われて、用事があって参加できないので
「行けない」
というシチュエーションがあったとします。

これまで公立の中学校の時は、
「どうして行けないの?何か用事がるの?用事って何?」
とあれこれ詮索されたり、その後二度と誘ってもらえなくなったりしたのだそう。

でも今は
「そっか、わかった。じゃぁまた今度誘うね」
とサラリと流してくれ、また次の時には誘ってくれるのだそう。

これもアニーと同じです。アニーは男なので女の子同士の付き合いとはまた違うだろうけれど、とにかくあっさりした付き合い方だから楽。
淡泊、というかもしれないけれど、私などはこの程度でいいような気がするのです。


もちろんこれはたまたまうちの学校と知り合いの娘さんが通う学校がそうだっただけかもしれないし、同じ学校でもトラブルに巻き込まれている子もいるかもしれません。
でも大まかな傾向としては似たり寄ったりかもしれませんね。


そして、町内の小学生がほぼ公立中学校に進学する中、
「ご近所ママさんとのお付き合いはどうしたらいい?」
と心配していらっしゃる方もしるかもしれません。

うちの場合など、特に超田舎だし風当たりが強いだろうなと思っていましたが、まぁボチボチです。イヤミ?と思えばイヤミにも取れるし、受け取り方・流し方を覚えることかなと自分を納得させてきました。

さすがに
「うちって羨ましがられてる?」
な~んて能天気には考えられませんが、昔に比べたらずいぶんと
「人は人、うちはうち」
と割り切れるようになりました。

だって・・・価値観は全然違うものね、人によっても家庭によっても。
家族旅行に行ったりディズニーランドに行くことが好きなご家庭もあって、それによって家族のきずなが強まると感じる人もいれば、
うちのように、「学費はかかっても親が納得できる場所に子供を置きたい」と思う家庭もあるだろうし。

前にも書きましたが、うちの場合子供たちを私立に通わせるのは
「私の趣味」
だったので、その趣味のためなら家計が少々苦しかろうが何だろうがなんとも思わないわけです。

その上、、通常は避けて通らない部活においての「保護者会におけるドラマ」を避けてこられたし、保護者同士のお付き合いのわずらわしさから解放されたし。
もう万々歳なんですけど^^;


私立といっても学校によってさまざまだろうし、強い部活に入ったらそれはそれで部活内の保護者同士のお付き合いは発生するかもしれないし。

学校によってはまだ模擬試験を実施していたり、学校説明会を開いているところもあるでしょうから、これまでとは違った、そういう目線で学校を見てくるのもいいかもしれませんね。


スポンサーリンク

4 Comments

なおなお says..."私もそうだった"
はじめまして。毎日楽しく拝見しております。
我が家も男の子二人私立の一貫校に通わせております。
今日のブログの内容は「そうそう!」とか「わかる〜!」とか独り言連発です 笑
小学校時代の子供達は 学校より塾の方が先生も勉強も楽しそうだった。
今はお友達関係も楽しそうで、学校も素敵な先生ばかりで 毎日が充実して見えます。
夫も私も 高校までは地元の公立学校でしたので、毎日が楽しそうな子供達を見て「いいな〜」と 笑
コトリさんがおっしゃる「私の趣味」という言葉、私もそうだった!と今日改めて思いました。


2014.10.03 09:35 | URL | #5yoB7Kng [edit]
なおなお様 says...""
なおなおさん、いつも読んでくださってありがとうございます。
そしてコメントをありがとうございます♪

独り言連発(笑)
わかりますよ~。
私はなおなおさんからのコメントをスマホで読んで、
「なおなおさん、ありがと~」
と言いましたから(笑)
独り言、かなり多いです^^;

私立がいい、公立がいいというのではなく、
うちの子には私立があっていた・私立で輝けた
という感じなのですよね。

うちの母も、子供たちの様子を電話で聞いてくると必ず、
「楽しく学校に行ってるのが何よりよ」
と言います。
突き詰めていくとそこなのでしょうね。

私の趣味を通させてしまった6年だったし、これからまだ4年間通させてもらうことになりますが、
私の子育ての中でもきっと自慢できる唯一の子育て?になったかもしれません(笑)
2014.10.03 16:47 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.03 17:28 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
こちらこそ、ありがとうございます(#^.^#)
嬉しいな、遊びに行かせてもらいますね♪
2014.10.04 08:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。