ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

私立中学に通塾は必要か

2

先日処分した、Z会の手つかず教材(-_-;)
まぁ・・・仕方ないかな、今となっては。


スポンサーリンク

Z会に関しては、入会は二度目。アニーがこの夏前に、
「数学だけ、塾に行く代わりに夏休みの間だけZ会をやりたい」
というので、2~3ヶ月限定で始めたのだけど、結局教材をやって送ったのは最初の一ヵ月だけ。

こういうのを考えると、自宅でできる通信教材というのは、良質なものも多いけれど、結局はそれをやらなければどうにもならないわけで。

自宅でできると思うとつい気が緩むから教材が滞り、結局「通塾」という形になるのかもしれませんね。


さて、我が家の通塾状況ですが・・・

アニーが私立の中学に入る時に、学校説明会で確認をしたことがありました。それは、
「学校の授業や補修などで、塾に通わなくても大丈夫ですか?」
ということ。

私もオットーも、この学校が部活動よりも勉強に重点を置いていることは知っていたけれど、その授業についていけなかった、あるいは上位の成績になりたいと思った場合、学校の授業だけでは足りないのか?
ということが知りたかったのです。

私立の学費は公立の学費に比べてはるかに高いわけで、うちとしては私立に通わせたいけれど、学費ブラス塾代はちときついかな、と。
そういう事、一つ一つをクリアにしないと前に進めなかったのです。

そしてその答えですが、それはもう当然のことながら
「通っている子もいれば、通っていない子もいます」
とのことでした。

ちなみに・・・と付け足して言われたのが、
「今年卒業して〇大に入学したH君は、一切塾には通っていなかったそうです」
とのこと。

ま、要するにできる子はできる、っていうことですね。


そしてアニーですが、これまで中・高と通った塾は一つ。中二から高一の始め位?まで通った、地元のおばちゃんがやっている英語塾。

その塾に通ったおかげで、それまで成績の足を引っ張っていた英語が、一番の稼ぎ教科に変わりましたがアニー曰く、
「単純に英語に触れている時間が長くなったのが良かっただけ。あの塾のおかげでは絶対にない」
と言い張るほど、テキトーな塾だったようです^^;

ただ、元々アニーは英語と相性がよくて、それが授業では発揮するきっかけがなく、塾に通ったことでスイッチが入った・・・という感じでしょうか。

おかげで今のアニーの成績は、英語と国語だけがかなりアンバランスに成績が伸びています。というか、その他の教科との差が激し過ぎ(-_-;)


数学に関しても問題は山積みだったけれど、結局良い塾には巡り合えませんでした。
あっ!!! そうだそうだ、公文にも通ってたんだっけ。中二くらいからさかのぼって頑張ってた時期があったあった。
でも結局数学もその後伸び悩んでるなぁ。

今思うと、アニーに合う塾が合えば入れたかったけれど、いかんせん田舎住まい、求めている塾には出会えなかった・・・という気がします。
求めている塾って何かといえば、
「バイトじゃない講師」
なのだけど、いくつか体験に行ったけど、どこも本当にひどかった(;´Д`)

料金と先生の質がまったくかみ合っていないと感じたし、今振り返っても塾に入れなかったことに関しては
「仕方ない」
としか言いようがない気が。



そして現在中学二年生のトートですが、こちらは私立中学入学以来、通塾もしていないし通信講座も受けていません。
完全な自学ですが、学年でも常に上位の中にいます。

こちらは「塾に通わなくてもいい成績が取れるタイプの子」だったのでしょうね。だったら私立じゃなくても良かったか?という気がしないでもないのですが、まぁそれは結果論。
「子供二人を私立に通わせる」のが私の趣味なのだから、いっか。

うちの子たち以外の生徒たちの通塾の様子ですが、通っている子もいれば、通っていなくても成績が上位の子もたくさんいるそうです。
アニーの学年はずば抜けて成績が良い子が多いけれど、トートの学年はアニーの学年ほどではなく、比べるとレベルは低い気がします。

これは当たり前ですが、塾に通ったから成績が必ずしも上がるとは限らないわけで、その子の様子を見ながら通塾を考慮して行ったらいいのだと思います。


うちの学校は、成績下位の子たちのフォローがキチンとしていて、定期テストの点数によって補修クラスが設けられます。
幸いというかせっかくなのにというか、うちの子たちは補修授業を受けたことがなく、これは私立の恩恵にあずかれていません。

それよりも、上位レベルのさらなるレベルアップクラスみたいなものを設けてくれたらいいのになぁと思うのですが、それはもう「個人で塾でも行っとくれ」
なのでしょうね^^;


アニーに関しては、最後の最後まで通塾を考えていましたが(というか、実は今でもまだ入れるものならどこか良い塾はないものかと思っている)、結局こんな感じになりました。

今後大学が国立になるのか私立になるのかはわかりませんが、塾に行かなかったおかげで、多分公立プラス大手塾に通う家庭と同じような教育費になったのかなと思います。

それから、学校によってもどのレベルをフォローアップするのか、という違いもあるし、自分の子供のレベルが学校のどのあたりに位置しているのか、ということでも変わってきますね。

私立に入れれば通塾しないで済む、というのではなく、私立だからと言って学校が全てをフォローしてくれるわけではない、と考えておいた方が、入学後にガッカリしないかもしれませんね。


スポンサーリンク

2 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.10.16 09:18 | | # [edit]
鍵コメ様 says...""
鍵コメさん、ありがとうございます!

お悩みは教科は違えどとてもよくわかります。
アニーの場合、数学で結局つまづいたままになってしまっているので、
どうすればよかったのか、と未だに答えは出ないまま。

参考になるかどうかわかりませんが、明日のブログでその後の話を書いてみますね!
でっ、でも多分参考になりませんが・・・ごめーん(T_T)
2014.10.16 14:47 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。