ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

猫浮上!?糞尿と言うあたりがもう^^;

2

「子供たちが親離れしていく寂しさの心のすきまを埋めるペット計画」、またの名を「持て余したこの愛情を注ぎ込む対象探し」、細々と続いています。

なにせ、頑固な二人がいるもので、なかなか前に進まないのです・・・


スポンサーリンク

頑固な二人とは、オットーとトートのこと。
この二人、というかオットーは、昔から感情が希薄というか、自分の子供が生まれた時さえあまり嬉しそうには見えなかった人。
多分、愛情の注ぎ方がよくわからいのだと思います。

子供に対する愛情は、その後一緒に暮らしていく中で育ってきたようには思えますが、それにしても淡泊は淡泊。
よく出産時に立ち会った旦那さんが号泣・・・とか、
「産んでくれてありがとう!」と言われたとか、そんなのはもう私にとっては別世界の話。まるっきり縁がないのがオットー。

子供の頃に犬や猫を飼ったことはなく、育てるといえばカブトムシとかメダカとか金魚とか。今でもうちにオットーが買った魚がいるし、自分のアパートでも魚を飼い始めたのだとか。

なんていうんだろう、そういうペットなら飼えるみたい。でも犬や猫のような、コミュニケーションが取れるようなものは重荷でも感じるのでしょうか・・・?


私はと言えば、とにかく私になついてくれて、私を必要としてくれるものならば犬でも猫でもいいんです。ただ、猫はこれまで買ったことがないのでなんとなく「犬かな?」と思っている程度であって。

そんな中、これだ!と思っている犬といったら、ラッセルジャックテリア。かなり手ごわいわんこだそうで、人間界の手強いアニーを相手にしてきた私には、案外それくらいクセがある犬の方がいいような気がしているのですが・・・どうだろ?

アニーはそれを、
「(なんでも)いいんじゃない?とにかく早く飼ってくれないと、ボク、いなくなっちゃうかもしれないから」
と言っています。

確かに、どうせ飼うなら今が良いハズ。アニーが大学で家を出て、帰省してみたら犬がいた・・・というのでは愛情も注げないかなと。

がしかし、大きな壁が立ちはだかります。オットー&トート。
オットーは、金魚以外のものを飼うことにかなりの抵抗がある様子。絶対に首を縦にふってくれません。

そして、オットーよりももっと頑固なのがトート。もうとにかく「嫌だ!やめて!」の一点張り。
さすがに家族の意見を無視して飼うわけにもいかず・・・未だ実現しない、というわけです。


そんな中、ひょんなことから希望の光が見えました。ナントあのオットーが、
「犬やったらまだ猫がえぇなぁ」
と言うのです。

これは意外。どちらか比べたら、絶対に猫は嫌だというと思っていたので。

そんな話を聞いたら早速見に行かなきゃいけません。熱いうちに打たねば★

・・・とはいえ、猫もまたどんな種類がいるかよくわからないのですよね。知っているのはマンチカンとアメショくらい。
そしてオットー、
「飼うんやったらトラ猫がえぇ」
だそうで。

トラ猫て^^;

黒猫は絶対に嫌で、トラのグレーがいいそうなのです。
そしてアニーも猫計画に大賛成。というか、猫でも犬でもどっちでもいいみたい。唯一の希望は、
「マーロン・ブランドが飼ってる猫がいい」
ということ。

でも、マーロン・ブランドは確かに猫が好きだったようなのですが、どんな猫を飼っていたのかは不明で、猫と戯れている写真はあってもどれも別猫。
ただアニーの希望は、
「シルバーがいい。茶トラはヤダ」
だそう。


・・・となると・・・やっぱりアメリカンショートヘアー?




余談ですが、友達の家にいるこの写真のような柄の猫ちゃんがものすごーーーーく色っぽいんです。何その色気?というほどに。
何?誘ってる?みたいな。
男の子なんですけどね。

顔もめちゃめちゃ好みなので、その子なら今すぐにでもうちに連れて帰りたいくらい。そういう子に出会えるまで探すのも大変そうだなぁ(;´Д`)


そしてオットーが墜ちたけれど、最大の難関・トートがどっしりと構えています。体中から「NO!!」というオーラを出しまくって。

「だってさ、猫って毛が落ちるじゃない。学校でもさ、セーターにびっしり猫の毛が付いてるやつがいるんだよ。
あとポットのカバーにも猫の毛がびっちりついてて、なんでついてんの?って聞いたら、抜け代わりの時期だからっていうのだよ」

うんうん、だから?


ま、そういう部分にトートが拒否反応を示すのはわからないでもないのですがね。ただ、悪い相手に最悪なパターンの子が見つかっちゃった、っていうところでしょうか^^;



そういえばこの間ラジオを聞いていた時に、kirinjiのお三方がゲストでいらっしゃっていて(堀込高樹さんとコトリンゴさんと、あともう一人誰か^^;)、多分高樹さん?が最近猫を飼い始めたと。
で、弟さんかメンバーの誰かはもう10年近く猫を飼っていて溺愛しているそうで、高樹さん?が
「ボクは別に飼いたいわけじゃなかったけど家族が欲しがったから。糞尿とか、そういうのは全くノータッチ」
というようなことを言ったところ、メンバーから
「そもそも【糞尿】っていうところがもうね^^;」
と突っ込まれていました。

でもわかる(笑)
私にとってもまだ糞尿・・・^^;

☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

2 Comments

テツ子 says...""
うちの夫もすっごく嫌がってましたよ。
絶対に世話しなくていいから、と私が押し切りました。
最初の1ヶ月くらいは
「玄関入った瞬間に獣臭がする。帰宅拒否症になる。(怒) 」
なんて嫌みを言われましたが、いつの間にかワンコは夫を軍門に降らせていました。飼い始めて2ヶ月くらいで?
夫の膝はワンコの専用席。
「ワンコちゃんはお父さんのお膝が大好きなんだよね~」っとデレデレになっていました。
今じゃ犬飼うことを人に勧めるほどです。
「犬は嫁さんみたいに俺を邪険にしないから癒されるで。」っておい。

住めば都、飼えば家族。
2014.10.25 08:55 | URL | #- [edit]
テツ子様 says...""
いや~、変われば変わるものなのですね~。
嫌いだと思っていた人がデレデレ状態って、180度の変わりようじゃないですか!
そういうこともあるんだ・・・

うちもあれですね、オットーがいないから飼えるし、もしかしたらその方が嫌がっているオットーにはいいのかもしれません。

が、二の足を踏んでいるのは結局私かも。
掃除嫌いだし、毛をどうしたいいのか、毛を・・・獣臭も気になる・・・

早くしないとアニーが出て行っちゃう(;´Д`)
2014.10.25 14:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。