ことりログ

日々のつぶやきをつらつらと

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

ベネッセ 高校生海外留学フェア2014

4

先日、「ベネッセ 高校生海外留学フェア2014」というものにアニーが行ってきました。
全然知りませんでしたが、2014ということはこれまでも毎年やっていた、ということですよね。


スポンサーリンク

というかさぁ~、今頃何なの?
ですよね。この時期になって進路変更?というか未だに進路が定まってない?か~ら~の、海外留学??

どういうつもりなのか、アニーの本当の気持ちは私にもわかりませんが、まぁ一つの選択肢として考えてみてもいいのかなと。
出来ればそういうことは昨年までに済ませておいて欲しかったですが。


この海外留学フェアでは、海外留学に関してわからないこと・素朴な疑問・不安などなど、相談にのってくれるブースがあったり、実際に留学した先輩たちの話を聞けるコーナーもあったりと盛りだくさん。

アニーもここでじっくり話を聞いてきたおかげで、海外留学の流れもよくわかり、不安はなくなった様子。
そして帰ってきて言った最初の言葉がこれ。


「お母さん、この家を売ってもらうことになるかも」



それは困りますけど(-_-;)
アニーだけの家ではないのでね、自分を主体に考えてもらっても困ります。


ま、何が言いたいのかと言えば、
「それだけ費用がかかるぞ」
ということなのでしょうね。

そういう意味ではわかりやすく脅してくれましたね(笑)


元々アニーは海外に興味があって、これまでも数回短期の留学をしてきました。
そのどれもがとても楽しくて仕方なかったそうで、「外に向いている性格」かもしれません。

トートはこの真逆で、来年ある短期留学に応募しろしろと言っているのに絶対に首を縦に振ろうとしません。絶対に行きたくないみたい。
同じように育てた兄弟でもいろいろですね。


一口に海外留学と言っても、きっと窓口や行き方はたくさんあると思いますが、アニーの場合だと「非常にお金がかかる留学」という感じがします。

ボンボンが行くような・・・?

そのあたり、アニーはうちの家計をよくわかっていない気もしますが、泣きつけばどこかから出てくると思っているのかしら。
打ち出の小槌?
あったらくれ。


今回の説明会はあくまでも「選択肢の中の一つ」ということである意味思い付きで行ったわけですが、まぁ行く行かないは別としても聞いて良かったのかもしれませんね。
アニーの霧がかかった頭の中に、遠くに一つ灯台の灯りがともった、という感じでしょうか。

何度も言いますが、そういうことはぜひとも昨年までに終わらせておいて欲しかったけど。


☆゜.+:。゜ 今日も読んでいただきありがとうございます ゜.+:。゜☆

にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

4 Comments

テツ子 says...""
とりあえず日本の大学受かりたまえ。(笑)
国立大学の多数が国費留学の募集枠を持ってるから。
しかもそれは大学や学部によっては
20年もののオヤジパンツのゴムみたいに
倍率も条件も緩くて受かりやすい試験だから。
一年間、国費で海外の大学に留学できて正規単位ももらえる。
私費負担は往復切符代にテキスト代と私生活費だけ。
家は売らなくとも、お母さんが一層節約すればなんとかなる。⬅

まず日本の大学に受かりましょう。(^^)v
2014.11.05 08:39 | URL | #- [edit]
うーさんママ says..."No title"
ボンボン仕様でなくても海外留学お高いわよ。
それこそ私立医学部並みな感じ。
うちはトートくん同様内に向いている子なので国内の大学しか考えていないのですが、海外の大学を目指すとなると結構大変。
TOEFLのスコアそれなりのをとっておかないといけないし、推薦文(英語)書いてもらわないといけないし、面接の準備やらなんやらであっという間に1年くらいかかってしまうそうです。
もし留学を目指すならTOEFL受験料ちょっとお高めですが何度か受けて必要なスコア獲得しておいたほうがいいと思います。
2014.11.05 13:06 | URL | #ihn3MyrQ [edit]
テツ子様 says...""
あ、テツ子さん、嬉しいw
本当は直接相談しようかどうか、迷っていたのだけど^^;

国費留学かぁ・・・
そういう手もあるのですね。

20年もののオヤジのパンツのゴム(爆

ツボ過ぎる(≧▽≦)

そこまでいっちゃえばゆるゆるなものもあるのね。
ただ・・・アニーがそこまで行けるかが問題。
本人はもう、
「どこにも行ける大学がない・・・」
とえらく気持ちが小さくなっているのです。
というか、ここにきてやっと現実が見えてきた、とでもいうのか?

だから今回の海外留学の件も、現実からの逃げっていう線が強いかなぁと。
オツムの弱さを家一軒で何とかしてもらおうとか(笑)

いずれにせよ、留学の話はきっとそのうち自然消滅するかな。
オットーなんて、パンフレットを置いておいたけど見ようともしませんでした^^;

きっとそれが普通の対応なのよね。
私はアニー可愛さに(笑)、見えなくなっている部分が多々あり(反省
2014.11.05 16:14 | URL | #- [edit]
うーさんママ様 says...""
海外留学なんて、想像もつかない世界です、私には。
だから行きたいのなら行かせてあげたい・・・と、想像がつかない分、思ってしまうのです

アニーは外に向かっている子ではありますが、今回の場合は前向きな外ではなく
逃げからの外向き、という感じなのです。

ここにきていろいろな現実が見えてきて、海外にでも逃げたくなったのでしょう。
・・・って、犯罪者扱いか^^;

一応準備は半年を見ておくようにと言われたそうですが、そうはいかないでしょうね、うーさんママさんのおっしゃる通り。

そろそろアニーにも、見たくない現実を見つめる覚悟が必要かも(*_*)
2014.11.05 16:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。